• 【最高/最終R2100】カバマンダガルドコケコゲッコゴーリ【USMシーズン9使用構築】

    2018-05-15 18:492


    やまひろと申します。
    今季初めてレート2100に到達することが出来ましたので構築記事として残そうと思います。
    目新しいものとなるかはわかりませんが、最後までお付き合いいただけると嬉しいです。


    ◆PT構成経緯

    SM,USMシーズンで安定的な結果を残している『カバルドン+ボーマンダ』の並びにフォーカスが当たっていたため、メタグロス以外に舞マンダのストッパーに採用されやすいスカーフゲッコウガや高耐久鋼や高耐久氷技持ちなどを起点にできる『マンダ+ゴーリ』に注目して、それなら技構成や持ち物に自由度が高い『カバマンダガルドコケコゲッコウガ』を改良して使用することにした。



    ◆PT紹介/型紹介
     
     
    カバルドン@ゴツゴツメット
    性格:腕白
    実数値:215-117-187-×-93-67
    努力値:252-0-252-×-4-0
    技構成:地震
        氷の牙
        欠伸
        怠ける
    物理受けのカバルドン。終了一週間前まではステロ欠伸の起点カバルドンを使っていたが、あまりにも定着しすぎて初手起点カバ読みの行動をされることが多かったことと、この並びだと高火力水に対して受けだせるポケモンがいなかったため、HBゴツメに変更した。
    選出率6位



      

    メガボーマンダ@メガストーン
    性格:意地っ張り
    実数値:197-189-151-×-130-151
    努力値:212-52-4-×-156-84
    技構成:恩返し
        竜の舞
        身代わり
        羽休め
    ◆A-八つ当たりで131-100ミミッキュを最低乱数以外一発(93.7%~)
    ◆HD-c126ポリゴン2のアナライズ*冷凍ビームを乱数二つ切り耐え
    ◆S-準速ミミッキュ抜き
    意地耐久マンダ。この並びで使用するならこれが一番強いかな、と感じた。
    地震が無かったため鋼に対してかなり出しづらかったが、鋼はゴーリで起点にするつもりでいたので、ガルマンダやブルドヒ、ランドスイクンみたいな並びに一体で圧を掛けれる身代わり採用にした。
    最速も魅力を感じたので、今度使いたい。
    選出率4位


     
    ギルガルド@弱点保険
    性格:呑気
    実数値:167-71-220-72-171-72
    努力値:252-4-236-12-4-0
    技構成:シャドーボール
        影うち
        キングシールド
        せいなるつるぎ
    (シールドフォルム時)
    ◆HB-無補正A252メガメタグロスの地震 40.7%~49.1%(68~82)
       -A特化メガバシャのフレドラ  86.2%~101.7%(144~170) 乱数1発 12.5%
       -無補正A252メガミミロップのとび膝蹴り 75.4%~89.8%(126~150)
       -無補正A252リザXのフレドラ 87.4%〜104.1%(146〜174) 乱数1発 25%
       -A特化ミミッキュのシャドクロZ 68.2%~80.2%(114~134)
       -A特化霊獣ランドロスの地震 68.2%~80.2%(114~134)
    (ブレードフォルム時)
    ◆HB-A4振りグライオンの地震 71.8%~86.2%(120~144)
       -A無振りカバルドンの地震 80.2%〜97%(134〜162)
    本構築のMVP。HBにほぼ振り切ってとにかく対面性能を高めたギルガルド。
    物理であれば一致弱点でも平気で耐えられるのでめちゃくちゃ強かった。
    コケコを見て初手に来やすいグライオンにも突っ張れるのは偉かった。
    選出率1位



     
    カプ・コケコ@デンキZ
    性格:臆病
    実数値:145-×-106-147-95-200
    努力値:0-×-4-252-0-252
    技構成:10万ボルト
        電磁波
        自然の怒り
        挑発
    地面打点を完全に切って電磁波を採用したカプ・コケコ。
    地面に何もすることないが地面はゴーリやマンダで起点にするため、そこまで問題なかった。
    それよりも電気Zで火力も保証しつつ、火力が落ちた後でも上から挑発や電磁波を当てられるのはかなり偉かった。
    選出率5位



     
    ゲッコウガ@気合の襷
    性格:むじゃき
    実数値:147-116-87-155-81-191
    努力値:0-4-0-252-0-252
    技構成:ダストシュート
        悪の波動
        岩石封じ
        冷凍ビーム
    襷を持ってストッパー性能の高いゲッコウガ。
    削れたギルガルドをリザの起点にされることが多かったため岩石封じを採用したが、岩石封じのおかげでオニゴーリのサポートにもなるのでとても出しやすかった。
    水手裏剣を切ったことでゲッコウガミラーの勝率はめちゃくちゃ悪かったが他に切れる技が無かったため致し方なかった。
    選出率2位



     
    オニゴーリ@たべのこし
    性格:せっかち
    実数値:161-111-90-116-101-145
    努力値:44-84-0-124-4-252
    技構成:守る
        身代わり
        フリーズドライ
        地震
    ◆A-H236B12メガゲンガーを+2地震で99.3%〜117.5%(164〜194) 乱数1発  93.8%
    本構築のMVPその2。環境に氷技の通りが良く感じ零度採用に魅力を感じなかったため、零度よりも鋼の処理速度が上がる地震を採用した。
    オニゴーリを滅びゲンガーで見る選出をしている人や、フリドラ零度だと処理が長引くギルガルドやルカリオグロスに対しての処理速度が格段に上がったため、かなりの魅力を感じた。
    ただ地震でもバンジウルガには相当運が良くないと起点になってしまうため、運も必要。
    バンジウルガ積みに対しての勝率は良くなかった。
    選出率3位


    ◆選出パターン
    基本選出は+or+
    or+or+のような感じでした。
    どのポケモンも性能は高いので、割と自由な選出が出来たことにも魅力を感じました。
    ドヒドイデ入りには毒菱採用も一定数いたため初手オニゴーリを出したりもします。


    以上になります。
    S9はガルランドスイクンジャラランガや砂などで19辺りをうろうろしてる期間が多く、最終的に落ち着いたのはこの並びでした。
    最終日前数日で2000,2100と乗れたのはとても嬉しく、諦めなくて良かったと素直な気持ちでいっぱいです。
    来シーズンも出来るだけ結果を残せるよう尽力したいと思います!
    最後まで見てくださってありがとうございました!

    TN:やまひろ
    最高/最終R2100 最終119位
    総対戦数319戦-187勝-132敗



  • 広告
  • 【最高/最終R2000】カバサンゲンギャラガッサ【USMシーズン8使用構築】

    2018-03-11 23:43





    初めましての方は初めまして。やまひろと申します。
    今季も含め、シーズン4,5,6,7,8と5期連続レート2000を達成することが出来ましたので記事として残そうと思います。
    目新しいものとなるかはわかりませんが、最後までお付き合いいただけると嬉しいです。




    ◆PT構成経緯

    S6で使用したカバドリゲンガー(http://ch.nicovideo.jp/pokemon_yamahiro/blomaga/ar1360410)の並びが気に入ったので、そこを軸に構成した。カバドリゲンガーで微不利なバシャーモや重たいリザX.Yへの切り返し枠としてギャラドス、ここまで重たいギャラドスへのストッパーとしてキノガッサ、途中まで残り一枠をボーマンダで使用していたが、PT全体がボーマンダに薄かったためボーマンダに強く、静電気がゲンガーと相性の良いサンダーに落ち着いた。




    ◆PT紹介/型紹介
     
     
    カバルドン@さらさらいわ
    性格:わんぱく
    実数値:215-117-187-×-93-67
    努力値:252-0-252-×-4-0
    技構成:じしん
        ステルスロック
        ふきとばし
        なまける
    S6と同じ物理に硬いカバルドン。バシャの膝の乱数を変えないためにHB特化採用。
    さら岩を持っていてもカバルドンのピン性能は半端なかった。
    S6と同じく相手のポケモンを全員ゲンガーの圏内に入れる役割もあるため、相手PT全体に削りを入れられるステロ+吹き飛ばし型を採用。



      
    ドリュウズ@ハガネZ
    性格:いじっぱり
    実数値:185-205-80-×-86-140
    努力値:0-252-0-×-4-252
    技構成:じしん
        アイアンヘッド
        いわなだれ
        つるぎのまい
    メジャーな型。
    S6と違う点は持ち物がハガネZに変わっていること。
    あんまり使ったことなかったので今回試験的に使ってみたがPT全体で重いマンダやグライオンに対抗できるのが非常に強かった。




    サンダー@イアのみ
    性格:おだやか
    特性:せいでんき
    実数値:193-×-116-146-132-136
    努力値:220-×-84-4-76-124
    技構成:ほうでん
        めざめるパワー氷
        みがわり
        はねやすめ
    おだやか静電気サンダー。
    静電気がゲンガーのたたりめと相性が良かったのでそれだけでもとても強かった。
    また身代わりがカバグライナットカグヤに刺さるのでとても強かった。
    おだやか採用の理由は環境にゲッコウガが多かったため。



     
    ゲンガー@ゲンガナイト
    性格:おくびょう
    実数値:137-×-100-221-115-200
    努力値:12-×-0-244-0-252
    技構成:たたりめ
        ヘドロばくだん
        こごえるかぜ
        おにび
    お掃除役ゲンガー。こご風は舐めたマンダの龍舞を許さないあたりやアーゴヨンへの打点として優秀だった。
    またギャラドスとゲンガーの偶発対面に対して鬼火→ギャラドスorキノガッサで起点にする動きが強かったりした。
    本当はHSで採用したかったがこご風をランドロスに耐えられるケースが多かったためCSにしたところ、耐えられるケースは少なくなった。



     
    ギャラドス@ヒコウZ
    性格:陽気
    実数値:171-177-99-×-120-146
    努力値:4-252-0-×-0-252
    技構成:たきのぼり
        とびはねる
        ちょうはつ
        りゅうのまい
    オーソドックスなヒコウZギャラドス。
    この枠はスイクンなども試したが『浮いてる』+『バシャに強い』点からギャラドスに落ち着いた。
    型はバレルバンギやナットレイ@1などの補完サイクルに崩しを入れられるヒコウZでの採用。
    ただ型が認知されているため、ヒコウZを撃つ時に択が発生するのが困りもの。



     
    キノガッサ@きあいのタスキ
    性格:いじっぱり
    実数値:135-200-101-×-80-122
    努力値:0-252-4-×-0-252
    技構成:キノコのほうし
        つるぎのまい
        マッハパンチ
        タネマシンガン
    ギャラドスのストッパー兼ここまでで崩す方法が乏しい受けループやグライオン入りのサイクルに強引な崩しを入れられる剣舞ガッサ。
    催眠ターン次第ではメタグロスやゲンガーなんかも突破してくれるのがとても強かった。
    ただ催眠ターン次第という運要素なので過度な信用は禁物。




    ◆このパーティで重いポケモン
    1,メガフーディン
    盲点だった。勝つ方法がガッサのタスキを残しておくしかない。
    テテフが絡んできたらもう終わる。さようなら。

    2,ミミッキュ
    環境トップのポケモンに明確な対策がないのは良くなかった。
    ただ気が付いたら何とかなっていたケースが多かったのでなんとも言えない。

    3,カバリザ
    ゴリ押される。ギャラで舞ってなんとかしましょう。


    以上になります。
    今シーズンは終盤、私用で時間が無かったため、20でストップという形になりました。
    でも時間が無い中でもしっかり結果を残すことが出来て僕は満足でした!
    来シーズンはしっかり序盤から頑張っていきたいと思います!
    最後まで見てくださってありがとうございました!

    最高レート2000




  • 【最高2051】他選出カバドリリザゲン【SM最終シーズン6使用構築】

    2017-11-10 17:02


    初めましての方は初めまして。やまひろと申します。
    皆さんシーズン6お疲れ様でした!シーズン4,5,6と3期連続レート2000を達成することが出来ましたので記事として残そうと思います。
    最高2051に乗った後は落とされてかなり悔しい結果となりましたが、最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

    ◆PT選出パターン

    PTの選出パターンとしましては砂で重い水とカバルドン、テッカグヤをリザYで見るリザカバドリ。
    カバのステロ+ドリで削って相手のポケモンを4Wゲンガーの圏内に入れるカバドリゲンガー。
    範囲を取ったカバリザ@1。重い電気をカバドリの並びで選出を抑制(できたらいいな)するカバゲンカグヤの4パターンです。
    ただしカバゲンカグヤで回すには型が不向きな型だったのでほとんど選出しませんでした。
    レヒレはヒードラン見るお仕事だけです。


    ◆PT紹介/型紹介
     
     
    カバルドン@カバルドンナイト(※さらさらいわ)
    性格:わんぱく
    実数値:215-117-187-×-93-67
    努力値:252-0-252-×-4-0
    技構成:じしん
        ステルスロック
        ふきとばし
        なまける
    物理に硬いカバルドン。バシャの膝の乱数を変えないためにHB特化採用。
    さら岩を持っていてもカバルドンのピン性能は半端なかった。
    前述したように相手PT全体に削りを入れるためにもステロ+吹き飛ばし型を採用。
    カバルドンにイカサマが欲しい今日この頃。

      
    ドリュウズ@ジメンZ
    性格:いじっぱり
    実数値:185-205-80-×-86-140
    努力値:0-252-0-×-4-252
    技構成:じしん
        アイアンヘッド
        いわなだれ
        つるぎのまい
    メジャーな型。
    前述したカバドリゲンガー選出の場合は削りを入れるのが目的なので割と雑に扱います。
    ゲッコウガの水手裏剣の当たり所が悪くて何回も♰死んでしまった♰
    怯みと外しは隣り合わせ。


    リザードン@リザードンナイトY
    性格:臆病
    実数値:153-×-98-211-136-167
    努力値:4-×-0-252-0-252
    技構成:だいもんじ
        めざめるパワー氷
        ソーラービーム
        エアスラッシュ
    普段ならボーマンダの枠だが全人類カバリザだったためそこに強そうな型のエアスラリザYを採用した。(実際は打点が大文字しかないリザYに対面で負けたりして頭がはてなマーク製造機になった)
    PTでキノガッサ、マンムーが重いのでエアスラッシュで怯ませます(?)
    結局シーズン終わるまでだいもんじのPP増やすのを忘れていた。
    あたしってほんと♰カバルドン♰

      
    カプ・レヒレ@オボンのみ
    性格:控えめ
    実数値:177-×-135-159-150-108
    努力値:252-×-0-236-0-20
    技構成:なみのり
        ムーンフォース
        めいそう
        リフレクター
    カグヤレヒレとして組ませてみたもののレヒレへの信頼が無くて選出率がほぼ0だった。
    ヒードラン入りやほんとに刺さってるときは出します。
    型はもっとテッカグヤに厚い型にした方が強いと思いました。

     
    ゲンガー@ゲンガナイト
    性格:臆病
    実数値:137-×-100-221-115-200
    努力値:12-×-0-244-0-252
    技構成:シャドーボール
        ヘドロばくだん
        きあいだま
        こごえるかぜ
    環境が催眠で溢れる中、今は亡き4Wフルアタゲンガー。
    ラストのお掃除役として優秀だったり舐めたマンダの龍舞を許さないあたり強かった。
    PTでテッカグヤが重かったので催眠採用もアリ。
    催眠ゲンガーは勝てるものが勝てなくなったり、逆に勝てないものが勝てるようになるのでこのPTに組み込むかどうかは諸説ポケ。

     
    テッカグヤ@ヒコウZ
    性格:臆病
    実数値:173-×-123-159-121-124
    努力値:4-×-0-252-0-252
    技構成:エアスラッシュ
        やどりぎのたね
        みがわり
        ボディパージ
    隙をみて積むアタッカーなやつ。
    見せポケとして組み込んだつもりだったが予想以上に選出機会が多かった。
    グライオン入りなどに積極的に出して怯みを狙います。
    せめてガッサよりも早くないと最速で採用する意味はそこまで無いなぁ、と思ったシーズンでした。


    以上になります。
    最高レートは2051、最終は18台という不甲斐ない結果に終わってしまいました。
    ただSM最後のシーズンとしては別構築にはなりますが瞬間2位を取れたり、あきらめかけていた時に20に届いたりとそれなりに楽しめていたのかな、とは思います!
    USMではマッチングシステムの見直しをして欲しいですね(切実)

    最後まで見てくださってありがとうございました!
    SMも皆さまお疲れ様でした!
    またUSMでお会いできることを楽しみにしています!

    最高レート2051



    序盤瞬間2位 最高1988
    【瞬間最高2位・2ROM7.8位】さよなランドロス【SMシーズン6序盤使用構築】
    http://ch.nicovideo.jp/pokemon_yamahiro/blomaga/ar1333376 】



    序盤2ROM7位8位