• 2017年のポケモン活動 ~今年もありがとう~

    2017-12-29 23:40
    皆さんご無沙汰してます、あおばです。

    少し前の話ですが、昨年(2016年)は【ポケモン20周年】で、
    ポケモンGOのリリースやサン・ムーンの発売がありましたよね。

    だから、その反動、というわけではありませんが、
    今年(2017年)はわりと静かな年になるんじゃないかと思いきや、
    20周年映画やGOイベント、金銀VC、ウルトラサン・ムーンなど
    色んなことがあって、結局ポケモン漬けの一年だった気がします。


    <ポケリーマンあおば2017年ポケモン活動>

    1)サン・ムーンはそれなりにプレイ(700時間くらい)
    ⇒時間カンストしてないし超やり込んだわけではありませんが、
     仕事と折り合いを付けつつ、自分なりにやった感触はあります

    ・シングルレート2040(瞬間最高66位)
    ・フェスサークルはレベル170くらいで、本ROMサブROMともに
     ふしぎキッチン★5複数体制なので、レベル100育成環境は充実
    ・努力値ダウン木の実は全種類常時999個で振り直し体制も充実
    ・ポケモン図鑑100%

    参考画像)今作最強の神ショップ



    2)ポケモンGOは断続的にプレイし、そこそこの進み具合
    ⇒これは正直、恥ずかしくてガチ勢とは到底言えませんが…、
     会社で聞かれたときに恥ずかしくない程度にはやってますw

    ・トレーナーレベル37
    ・最高CP3447(バンギラス)
    ・個体値厳選もある程度は
    ・ミュウツー含め、第二世代までのポケモンほぼ捕獲

    参考画像)ルギアレイドで大活躍マン




    3)各種リアルイベントにお出かけ
    ⇒今年もなんだかんだ色んなイベントがあり、極力行きました

    ・ピカチュウ大量発生チュウ
    ・ポケモンGOスタジアム(ミュウツー捕獲)
    ・ジャックオーランド(ハロウィンイベント)
    ・伊勢丹コラボのポケモンカフェ
    ・何度かポケモンセンター/ポケモンストア

    参考画像)ワクワクする一枚絵につられて行きました


    ----------

    平日はわりと遅くまで働いているので、これでも精一杯です。笑
    でも、目標のレート2100到達はできていないので、ダメですね!
    応援してくださってる(少数の)方に顔向けができないので、
    来年はポケモンバトルにも改めて本腰を入れ直して頑張ります。

    あとあと、最近やっていること一つだけ。

    【昔のポケモンカートリッジをプレイする】

    例えばこれです、大昔にハマった人も多いかと思いますが・・・
    ゲームボーイアドバンスです!中古で買いました!



    第三世代(ルビーサファイアエメラルドファイアレッドリーフグリーン)
    は対応ハードがアドバンスでしたよねぇ。

    ルビサファは3年前(2014年11月)にリメイク版も発売されましたが、
    昔のソフトをそのまんまやり直す、ということもやってみたいなーと思い、
    ルビー、ファイアレッド、ダイヤモンド、ハートゴールドを買いました。
    (第2世代まではVCプレイ済み、第5世代はわりと最近やったので)

    当時の懐かしい話や苦労話がある方は、ぜひとも教えてくださいw


    ということで、今回の記事はこのあたりで。
    皆さん、本当に今年もありがとうございました。お世話になりました。

    記事やツイートなど発信が滞ることがあって申し訳ありませんが、
    ポケモン自体をやめることは絶対にありませんので、引き続きご愛顧を!

    次回は、年明けにまたポケモンへの想いを語らせてください。
    良いお年を!
    あおば


  • 広告
  • 【ポケモンSM】シーズン4構築(シングルレート2000達成)【最高レート2040/瞬間最高66位】

    2017-07-20 21:272

    あおばです。ご無沙汰してすみません。
    仕事を言い訳にしばらく休養していましたが、
    ブログを再開します!

    皆さん、改めてよろしくお願いします。


    さて、サンムーンでもレートを続けており、
    シーズン2と4でレート2000を達成しました



    以下、パーティの詳細です。


    ■パーティ構築の考え方

    今回の構築テーマは「行動保証」と「奇襲」です。

    1)行動保証
    相手のミミッキュ・積みポケ・瞬間超火力を考慮すると、
    現環境では「行動保証」が最も重要であると悟りました。

    特に、私のように一般市民レベルのトレーナーは、
    相手に少しでもスキを見せたり、Zワザが読めなかったりすると、
    その一点で致命的なケガを負ってしまうことが多いためです。

    行動保証①スカーフゲッコウガ(速い)
    行動保証②メガバシャーモ(速い)
    行動保証③襷ギルガルド(襷)
    行動保証④ミミッキュ(特性ばけのかわ)

    先発で出落ちしない、ステロを撒かれても誰か動ける、
    こういう状態を作ることをかなり強めに意識しました。

    2)奇襲
    逆に、動けると思っている相手を潰す策も考えました。

    奇襲①スカーフゲッコウガ(スカーフ等で抜けると思われる)
    奇襲②めざ氷メガバシャ(メガった時点で読まれにくい)
    奇襲③襷&めざ氷ガルド(型的にそもそも読まれにくい)

    奇襲性は低いですが、めざ氷ボルトとめざ炎バナがいるので、
    6体中4体がめざめているパーティとなりました。


    ■ポケモンの個別解説

    1.ゲッコウガ

    ・ORAS時代から使っている準速スカーフゲッコウガ
    ・霊獣ランドのスカーフ率が減ってきて終盤は微妙になってきた
    ・Sぶっぱだが、+1準速メガマンダが抜けるS244振りでOK
    ・+1最速メガマンダ抜きを捨ててCに上昇補正をかける理由は、
     1)D特化カバルドン(オボン)を2発で落とせる確率が上がる
     2)無振りメガゲンガーが悪の波動で超高乱数1発となる
     3)あまりをHに振ったメガバシャが波乗りで大抵確1となる
     あたりですが、パーティと相談。無邪気もアリです。
    ・先発ミミッキュにとんぼ返りしてメガバナに繋ぐ動きが多め

    2.ギルガルド

    ・「択」製造機に行動保証があると相手のスキを作れて強い
    ・シャドボ+影打ちで大抵のカプ・コケコを落とせるのがイケメン
    ・ガブは確定1発なので相手の持ち物が何であろうとめざ氷
    ・Hに振ってないとマンダの飛行技+地震は耐えない。
     めざ氷+影打ちを耐えてくる慎重HDとかは基本的にきつい。
    ・メガゲンガーやグライオンが身代わりで様子見してくるのに対し、
     シャドボやめざ氷を安心して連打できるのはストレスフリー。

    3.ミミッキュ

    ・フォロワーのしとらす君がくれた色違いの神個体(THANKS!)
    ・普通のミミッキュ。Zはフェアリーとゴーストを変えながら運用。
     ガルガブマンダ等を意識するならフェアリーに変えてください。
    ・最強の特性ですが、耐久無振りは化けの皮剥がれると紙。
    ・Zワザを警戒されるので、Zを消費させる立ち回りに注意!
     (剣舞後、Zワザのタイミングでポリ系やガルーラが出てくる)
    ・リザXが鬼火でミミッキュを見るケースが多くなってきて辛かった

    4.霊獣ボルトロス


    ・A特化メガマンダの+1捨て身を耐える(はずの)H振りボルト。
    ・耐久はごまかし程度であり、あまり信じてはいけない。わりと脆い。
    ・悪巧みを積むのはドヒドイデ対面くらいかな。あまり積む隙がない。
     vs受けループでは積極的に積んでいく。
    ・カクトウZはメジャーなので読まれる。霊ポケへの交換に注意。
    ・バシャ非選出時、ガルやポリ2の突破手段がカクトウZに依存する
     のは正直あまり強くない。さほど数が多くないのが救いである。
    ・メガマンダにはめざ氷+羽休め読みカクトウZで高乱数で落ちる。

    5.メガフシギバナ

    ・地味に強い・・・のだが、調整をサボってXY時代の流用個体…
     A特化ガブの逆鱗を2耐えし、ギガドレで確3で落とせるやつです
    ・D方面は、C特化リザYのオバヒは無理だったはず。
    ・相手からするとメガバナをスッキリ落とせるヤツが限られているので、
     メガマンダを筆頭とする危険な奴を倒せば詰みを狙える点が強い。
    ・このポケモンのPPは全てMAXにしておくべき。
     スイクンやカグヤ、羽休めリザXなど、長く打ち合うシーンが多い。

    6.メガバシャーモ

    ・意外と刺さっているのでは?と思われためざ氷メガバシャ
    ・マンダやランドで物理技を受けてきそうなパーティに刺さる
     大体確1にはならないけど、フレドラ+めざ氷で落とせるイメージ
    ・ギャラやレヒレでメガバシャを見てくる相手には選出しない
     (メガ枠をバナにしたほうがひじょーに安定する)
    ・ガルやポリ2の前で安易に膝を打つとお化けが出てきて膝を割る。
     満タンのあいつらをメガバシャで落とさないと負ける試合は作らない。


    ■選出&立ち回り

    (難しいこと分かんないから)
    ①+②+③から1匹ずつ選ぶ

    ①先発荒らし枠(ゲッコor襷ガルド)
    ②Z枠(ミミッキュorボルト)
    ③メガ枠(バナorバシャ)

    ①:1800帯くらいまではゲッコウガ、それ以降ではガルド多め
    ②:相手に合わせて。ミミッキュのメタられ度合いで変えたり
    ③:バナの選出率高め。バナを倒せる相手の数で決めたり

    ■パーティの強み

    ・脆そうに見えるが行動保証がある為、対面で勝ちやすい
    ・積まれても後ろで何とかなることが多い(メガギャラはキツめ)
    ・メガバナ対策の甘いパーティにはそこそこの勝率を確保できる
    ・カプ系にめっぽう強い


    「なんか動きづらいなー」

    ■パーティの弱み

    ・メガマンダに有利対面を作られると劣勢になりやすい
     ⇒バナはマンダ交換読みヘドロ爆弾を打ちまくっていた
    ・リザードンのXY判定を間違えるとつらい目に遭う
     ⇒そもそもリザードンに厚くないのでどちらもキツイ。
     ⇒先発のリザに襷ガルドを合わせてごまかしてた…

    「今、俺らに弱いとかナメてるのかな?」


    シーズン5はいったんお休みするので、
    ウルトラサンムーン発売前最後のシーズン6でまた潜ります。

    引き続き2100を目指して頑張ります。では!


    ※末尾の【ポケリーマン語録】は相方のなべキムチ君の
     連載回から再開します。(無言のプレッシャー)


  • ポケモンバトルの大会で注意したこと

    2016-02-14 00:022
    あおばです。

    間が空いてしまって申し訳ありません。

    昨シーズンはレートにあまり力を入れず、
    内輪の大会準備に時間を割いていました。

    その結果、3連覇達成です。

    わーわー、ほめてー!なんかゆってー!(黙れ

    その大会は10パートナーズ制()だったんですが、
    メガシンカ枠で使えるポケモンはくじびきで選ぶという
    少し変則的なルールの大会でした。

    ※10パートナーズ制とは?
    メインで使用する10体のポケモンを事前に発表し、
    お互いに対策した上で試合本番に臨むルールのこと。
    見せ合い6体のうち何体を10パートナーズから
    選ぶ必要があるかについては大会によって変わるが、
    今回の大会では4体を選ぶというルールだった。
    つまり、残り2体は自由に選んで良いフリー枠。

    僕が引いたメガポケは「サーナイト」「ミミロップ」で、
    元々サーナイトはレートであまり使っていなかったけど
    好きなポケモンだったので、個人的には"当たり"でした。


    「私は思考停止CSぶっぱでも仕事するわよ」

    大会環境にメガガル、メガバシャ、メガマンダ等、
    超火力物理ポケモンがいなかったので、わかりやすい
    物理受けポケモン(カバ、ポリ2等)を用意して、
    きちんと受けつつこちらの火力を押し付けるという
    ポケモンXY時代みたいな戦い方を愚直にやりました。

    基本パーティは次のような感じです。


    予選リーグも決勝トーナメントも「2戦先取」でしたが、
    パーティを変えても良いという変則的なマッチ戦(
    だったので、微妙に型を変えたポケモンを用意してちょっと
    不意を突くという"ちょいズル作戦"で臨んでいました。

    ※マッチ戦とは?
    同じ相手と同じパーティで複数回戦い、複数回先取したほうが勝利
    というバトル形式のこと。ポケモンバトル世界大会でも原則として
    同じパーティで2戦先取だ(つまり最大3試合やる)と聞いています。


    最後に、今大会で気を付けていたことを振り返ります。
    大会やレートに挑戦する際のヒントになれば幸いです。

    1)つぶやいて言葉にして、自分の行動を確認する

    ⇒選出も、立ち回りも、考えをつぶやいて頭を整理していました。
     ハタから見ると怪しい人になってしまいますが、人間って意外と
     考えているつもりで考えられていないシーンも多いので、言葉に
     して自分の思考プロセスを整理するのは、丁寧に戦うべき試合
     では非常に効いてくると思います。(実況者さんが良い例)

    2)使用ポケモンを絞り、立ち回りの習熟度を上げる
    ⇒10パートナーズ制でフリー枠も使って良い大会では、
     ついつい色んなポケモンに手を出してしまいがちです。
     でも、あれも強そうこれも強そうと思ってフラフラしていると、
     結局どのポケモンにおいても立ち回りのレベルが上がりません。
     準備に時間がない時ほど、使用ポケモンは絞るべきですね。

    3)勝った後負けた後に、キモチを一回リセットする

    ⇒ポケモンは機械が確率を計算してくれるゲームなので、1試合
     ごとに確率を冷静に考えて行動していくべきであり、前の試合
     の勝敗はあまり関係がないはず。でも、運が悪くて負けた後、
     「こんどは混乱自傷しないだろう」とか、根拠のない予測を
     してしまいがちですよね。そうやって、自分の頭の中で勝手に
     バランスを取るのは危険なので、リセットを心がけていました。
    (レートを溶かすメカニズムもこの点がかなり関係してそう)


    ・・・全体的に、技術論でなくて申し訳ないですけれども、
    結構ふだんのレートとかでも意識するとポカミスや思い込みで
    落としてた試合をいくつか拾えるんじゃないかなーと思って、
    自戒の念も込めて振り返りました。

    今シーズンはあと1ヶ月。運が悪くても頑張りましょうね。

    たとえ、

    麻痺した相手のドランがマグストを急所に当ててきても!

    よくありますね。

    威張るボルトに対して4連続混乱自傷で3タテされても!

    これくらい可愛いもんですね。

    悪波を切ったゲッコウガに凍らされてクレセが突破されても

    おいおい、調子に乗るなよ(^^)/

    ボルトの気合玉が5発打っても一度も当たらなかっ・・・

    ・・・・・(真顔&無言)・・・

    なめとんのか!ゴルァ!!!

    ふぅ、レート疲れで取り乱しました。
    それでは、また次回に!

    【シリーズ:ポケリーマン語録】

    No.46 『ガッサ』
    [意味] 部に一人は欲しい、器用で頼れる人材のこと
    [文例] 「今度異動してきたアイツは、ガッサ並みに使える戦力だな…」
    [解説] 由来は、キノガッサというポケモンの略称「ガッサ」から。
       ガッサはポイヒガッサとテクニガッサという複数の型があること、
       命中100%の催眠技であるキノコのほうしが強力であること、
       マッハパンチや岩石封じといった使い勝手の良い技を高い火力で
       繰り出すことができること、タネマシンガンで身代わりやタスキ
       を貫くことができること、タスキを持たせて積みポケモンの
       完璧なストッパーとして活躍させられること、相手の宿り木や
       胞子などの一貫を切ることができることなど、採用理由が多く、
       パーティに一匹は欲しい強力なポケモンです。現実社会にも、
       技術があるうえに周りと上手くやるコミュニケーション能力や、
       ソツの無さがあって、是非とも自分の部に一人…!というような
       人材がいるわけで、そのような人のことを今日から「ガッサ」と
       敬意をこめて呼んであげてください。