ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【ポケモンORAS】シーズン11構築(シングルレート1900達成[最高1983])【スカーフゲッコウガ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケモンORAS】シーズン11構築(シングルレート1900達成[最高1983])【スカーフゲッコウガ】

2015-09-20 22:27
  • 2

あおばです。

ポケモンORASレーティングバトルシーズン11は、
最高レート1983でした(一応記録更新です)

↓パーティはこちら

またもや目標の2000には届きませんでしたが、
今シーズンは1900台の滞在時間が長かった為、
少しは進歩しているかなぁ、という感触はあります。

来シーズンこそは必ず・・・必ず・・・。


以下、詳細

■変えた/試した技・性格・持ち物

①受けループをどのポケモンで対策するか?
a. 滅びゲンガー
b. 両刀メガルカリオ(悪巧み、悪波搭載)
※ルカリオはミーアさんに頂きました。大感謝。

②火力を高めるか、催眠対策を厚くするか?
a. 珠ガルド
b. ラムガルド

③耐久を高めるか、腐りにくさを重視するか?
a. ゴツメカバ
b. ゴツメガブ

■構築プロセス

環境にリザXが多かったので、逆張りでリザYを採用。
相棒にタイプ相性や天候コントロールがしやすそうな
HBカバルドンを招集し、物理受け役に任命。
この2体ではボルト、ミトム、ライボ、ライコウ等の
特殊電気が辛いので、彼らを受けつつ毒殺する
穏やかHDサンダーを採用(悪巧みボルト無理)
リフスト+蛇にらみが鬱陶しいジャロにも強くなった。
この3体ではバシャやガブ、ランドなど、リザYより速い
物理ポケモンがカバ頼りになってしまってキツいので、
彼らを秒殺できる地雷枠スカーフゲッコウガをセット。
後は、特にフェアリー高火力にも安定して受け出し
ができて、対面の相手や後続を削れるギルガルドと、
受けループ対策に単体滅びゲンガーを呼んで終了。

■個別プチ解説

(1) カバルドン


特性:砂起こし
性格:腕白
努力値:H252 A4 B252

・基本的な役割は物理受け&ゴツメで削ること。
・ガルーラ、ガブ、カイリュー、バシャ、クチート等に後出し。
・両刀ガルーラと鉢巻ガブ/カイリューは受けられないので、
物理受けとしては環境的につらいかも。いや、超つらい。
・ジャローダ・ボルトロスも厳しいので息してないかも…。
・スキを見てステロをまき、リザYやゲッコウガをサポート。
・「なまける」があるとA振りランドロスくらいの火力の相手
なら回復が追い付き、安心して封じ込めることができる。
・役割対象がいないと腐りやすいし、あくびや吹き飛ばし
が無いと見るやいなや起点を与えてしまいかねないので、
早めに切ることや引くことも強めに意識すべきポケモン。

参考:
http://yakkun.com/xy/theory/n927

(2) メガリザードンY


特性:猛火→日照り
性格:控えめ
努力値:C252 D4 S252

・こちらは前シーズンも考察したので基本的には割愛。
・身代わりを入れたのは、ガッサとクチートを意識ですが、
積んできた後のキザンの不意打ちをスルーできるのも
気持ちがよかったです。(そんなに個体数いないけど)
・リザYの放射をガブで受けられて、鉢巻ガブの逆鱗で
カバが確2を取られて厳しい状況に…ということが何度も
あったので、ガルドを後投げしたり、カバが倒された後に
死に出しゲッコウガで安全に処理したり、ということを
考える必要があった。ドランで受けに来るのもつらい。
・要するに、火力すごいけど、弱点もハッキリしてるので、
 後続に盛り立てられてこそ輝くポケモンだと思います。

参考:特になし

(3) ゲッコウガ


特性:変幻自在
性格:うっかりや
努力値:A4 C252 S252

・地雷枠エース。選出率No.1。大活躍。大感謝。
・主な役割対象は、スカーフランド・スカーフガブおよび
ボーマンダ、対面からならバシャーモといった感じです。
・ゲッコウガ同士の初手対面もとんぼがえりでごっそり
削らせてもらえます。スカーフロトムやスカーフマンムーも
とりあえずとんぼで様子を見る(型次第では相手に
スカーフばれしますが)ことができて、便利でした。
・スカーフガブの個体数が少なかったのは残念ですが、
奇襲性能の高さと、事故の少なさが鬼強いです。
・それと、普通に動いているとあまりスカーフがバレず、
終盤にバシャーモが「あと一回守ったら抜けるのに」
というシーンで甘えてアタックしてきたところを波乗りで
ジャブジャブ処理していく、というラッキーもありました。
(Dに厚いバシャーモでなければほぼ一撃です。)
・初手マンムーは地震を打ってくるので、とんぼで削って
リザorサンダーに交代。そのあとはつららばりが多い為、
ゲッコウガに戻してつららばりを受け、波乗りで処理。
というような立ち回りが多かったです。ちょい苦しいね。

参考:
http://right-pokemon.blog.jp/archives/1016200493.html

(4) サンダー


特性:プレッシャー
性格:穏やか
努力値:H252 B28 C28 D164 S36

・穏やかサンダーなんだけど電磁波じゃなくて毒羽奴。
物理受けのイメージが強いけど、このサンダーは物理ポケ
には本当にボッコボコにされるので、注意が必要(当然)
・ゲンガーボルトスイクンジャローダロトムライボあたりに強い。
・耐久ポケモンを毒羽で封殺していく仕事もきっちりこなす。
でも聞きたいのは、なんでそんなに毒々外すんですか?
・耐久+悪だくみ型のボルトには負けるので、毒々を入れて、
10万のタイミングでカバを出し、砂ダメ毒ダメで削りながら
サンダーに戻してオボンで回復しつつ、またカバに戻して・・・
とか、どうしようもないドタバタ劇でごまかしていました。
・ギルガルドに対する重要な削り役だが、最近珠とかラムを持った
物理ギルガルドが増えている気がして、その辺に対しては微妙。
キンシがない個体も多いので、ブレードに熱風を入れて倒す。
・HDアローも基本はつらいけど、鬼火入れてくるターンで10万、
そのあと羽してくるからそのタイミングで毒、ラム発動で回復して、
その次のターンで挑発入れてくるので、そのタイミングでゲッコウガ
に交代して波乗りvsブレバみたいな感じで頑張っていた。

参考:
http://blog.livedoor.jp/entertaner/archives/1030225161.html

(5) ギルガルド


特性:バトルスイッチ
性格:意地っ張り
努力値:H220 A236 B4 D12 S36

・受けだして削るという作業を強いられた、ほこたてマシーン。
・剣の舞を入れず、シャドクロ・アイヘ・聖剣・影打ちという
フルアタ構成だった時期も長かった。剣の舞が強いので、
泣く泣くアイヘを削ったが、ノーマルを見なくてもよいなら聖剣
を切ってもよいと思う。フェアリーへの打点がほしい時もあるし。
・ヘラクロス対策でつばめがえしを入れていたこともあったが、
最近のヘラはあまり地震を持ってこないこともあって、ガルドで
ロクブラ等を受けられたら引いてくるので、あまり決まらなかった。
・途中までレパルダスやガッサ対策でラムを入れていましたが、
レパルダスは身代わり+イカサマで殺されるし、対策になって
なかった(バカ)。先制催眠は諦め、ガッサの胞子がメガ勢の
身代わりで何とかしてもらうことにしたら、それで十分だった。
・珠で火力upしたら削り役としての性能が非常に上がったので、
こういう役割で入れるなら珠でよいと思いました。

参考:
http://yakkun.com/xy/theory/n917
※ちょっと調整違うけど

(6) メガゲンガー


特性:浮遊→かげふみ
性格:臆病
努力値:H252 C4 S252

・主に受けループをどーにかする特命係長的ピン滅びマン。
・メガゲン対策で追い打ちバンギが入ってる受けループには
ご注意を。身代わりで追い打ちを受けて逃亡しましょう。
・受けループは行動パターンが決まっているので、相手の
行動を読みやすいです。交換読み交換を積極的に
仕掛けてゲンガーでラッキーとかをキャッチして、身代わり
からの滅びを仕掛けていくことが重要です。
・この子のおかげで、確か15戦くらい戦った対受けループ
は全勝したと思います。頼りになります。
・受けループじゃなくても、身代わりを想定せずに電磁波を
叩き込もうとしてくれる子たちが多いので、すかしてからの
滅びの歌で一匹持っていけるのは強かったです。
(1800超えたあたりからそういう甘えは少なくなりますが)
・シャドボを一応入れてますけれども、火力は微妙ですので、
期待するのはやめましょう。

参考:
http://yakkun.com/xy/theory/n683


■選出&立ち回り
基本:ゲッコウガ+サンダー+カバルドン

迷ったらこの3体を出します(あれ、メガ枠は・・・?)
初手は大体ゲッコウガ。

先発に出てきやすいポケモン別に立ち回りを書くと、

スカーフランド:スカーフ冷Bでドヤ!する
ボルトロス:100%電磁波なのでサンダーに引く
マンムー:地震なのでとんぼで襷をつぶして誰かに
ロトム系:とんぼで削ってサンダーに引いて毒入れる
バシャーモ:100%守るので、波乗り連打する
ガブリアス:90%襷で岩封なので、冷B連打する
スイクン:とんぼで持ち物判定してサンダーに引く
ガルーラ:猫だまし覚悟でとんぼからのカバ後投げ

なお、サンダーに引いた後の立ち回りですが、

マンムー:つららばりが来るのでゲッコウガに戻す
ロトム系:ガブ後投げを考慮して毒を入れる
ボルトロス:悪だくみを積まれるので殴るor毒入れる
スイクン:ミラコorガブ後投げ警戒で毒から入る

というような感じですね。

大体、初手ゲッコウガを出して、狩れる相手は狩る。
ただ、奇襲で倒せる場合は相手にスカーフバレするので、
後続ポケモンに積みの起点を与えることになります。
特に、水色のウサギに腹太鼓を積まれると終わるので、
積まれても何とかなる場合にしか奇襲で倒しません。



ウサギ「ボク、まだ絶滅してないんでよろしくね」

■辛い構築/ポケモン/技

ボルトロス:麻痺と引き換えにゲッコウガで倒すか、
      サンダーで毒を入れて苦しい立ち回りするか
バシャーモ:加速前にゲッコウガと対面させないと死ぬ
ガルーラ:冷凍ビームとかいう技を取り上げないと・・・


以上です。

今回は長いこと1900台を維持できたので、
2000以上を維持することは難しいかもしれませんが、
最高レートを2000に乗せることについては
何度も何度もチャンスがあったように思います。

ただ、2200に到達したり、2000以上を安定して
維持したりする人と、自分との違いを考えるに、
「相手から見た自分を正しく把握できるということ」と、
それに基づいた「相手の選出を予想できること」
2点について、自分は未熟すぎると思いました。

僕はポケモンに限らず、「強い仮説を持つチカラ」に
欠けています。常に、環境がどう変わろうと、ある程度
の成果を安定して出せるように行動しがちです。

ポケモンでも、後続を予想して行動することが少なく、
誰が来ても勝てるように立ち回った結果、思い切って
行動すべきところでゆるい行動を取ったりして負けます。
安定行動を洗練させていくことはこれからも大事だと
思いますが、これより上に行くには、安定行動という
安心できる選択肢をいつ捨てるか?についても、
考える必要があると思いました。

へたくそな自分を応援してくれた読者やフォロワー等
のみなさんに、本当に感謝したいし、謝りたいです。

レート2000は諦めずに、来シーズン達成します!

それでは、このあたりで。


【シリーズ:ポケリーマン語録】
No.36 『積みサイクル』
[意味] 次から次へと秘策を出して難局を突破すること
[文例]「今回の提案は積みサイクルでいくぞ!」
[解説] 積みサイクルは、ポケモンバトルの戦術の一つ。
  まず、剣の舞や蝶の舞といった、使ったポケモンの攻守
  の能力を高める技を一般的に積み技と言う。積むと、
  目の前のポケモンだけでなく、相手が出してくる後続の
  ポケモンにも勝てる可能性が高まるため、全抜きも
  見えてくる。積む、というのは強力な勝ち筋なのだ。
  積みサイクルは、積みリレーなどとも言われたりするが、
  積む→相手を倒す→次の相手に倒される→その相手
  に有利なポケモンを出して積むチャンスを作る→さらに
  別の相手に倒される→さらにさらに、その相手の有利な
  ポケモンで積んで相手を倒し切る、というような形で、
  積んで積んで、のリレーで勝ち切る戦法のことである。
  現実世界でも、あの手がだめならこの手を出して、
  出てきた相手にふむ、なるほど、そうきたか、を言わせて
  難局を乗り切るという戦法が効く場面も少なくない。
  人間は一発でよいものを出すよりも、工夫と改善の
  プロセスを経た成果物をより評価したい生き物なのだ。 


広告
×
あおばさん

いつも楽しく読ませて頂いております。
遅ればせながらシーズン11お疲れ様でした。
目標には届かずとのことですが毎シーズン自己記録を更新されているのはさすがです。

2000達成のご報告を楽しみにしつつ一読者として今後も貴ブログを応援させて頂きたいと思います。

仰る通り人間は一発でよいものを出すよりも、
工夫と改善のプロセスを経た成果物をより評価したい生き物...なのですが
工夫を6段階積み重ねて作成したexcelよりも、前任者が残しておいてくれたものを
流用しただけのPowerPointという一撃必殺が活躍することがままあるというのが
対戦環境の難しいというか儚いところですね。

肩甲骨
70ヶ月前
×
肩甲骨さん

ありがとうございます。
シーズン12はまだあまりきちんと取り組めておらず、
今シーズンはちょっと厳しいかもしれません…という
弱音は吐きつつ、一応2000目指して頑張ってみます。

肩甲骨さんとのフレ戦で鍛えらえる部分も大きいので、
ぜひまた胸を借りたく思っております。

前任者の資料はPPを使用せずに安定したダメージを
与えられることもあれば、一撃必殺になることもあり、
環境によって効果の変わる、難しい技になりますね。
しかし、定時で上がるには使いこなす必要のある強力
な技なので、しっかりとマスターしていきたいです。

シーズン12も共に頑張りましょう。
あと、いつ終わるか分からない社会人のシーズンnも…

あおば
70ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。