ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ポケモンバトルの大会で注意したこと

2016-02-14 00:02
  • 2
あおばです。

間が空いてしまって申し訳ありません。

昨シーズンはレートにあまり力を入れず、
内輪の大会準備に時間を割いていました。

その結果、3連覇達成です。

わーわー、ほめてー!なんかゆってー!(黙れ

その大会は10パートナーズ制()だったんですが、
メガシンカ枠で使えるポケモンはくじびきで選ぶという
少し変則的なルールの大会でした。

※10パートナーズ制とは?
メインで使用する10体のポケモンを事前に発表し、
お互いに対策した上で試合本番に臨むルールのこと。
見せ合い6体のうち何体を10パートナーズから
選ぶ必要があるかについては大会によって変わるが、
今回の大会では4体を選ぶというルールだった。
つまり、残り2体は自由に選んで良いフリー枠。

僕が引いたメガポケは「サーナイト」「ミミロップ」で、
元々サーナイトはレートであまり使っていなかったけど
好きなポケモンだったので、個人的には"当たり"でした。


「私は思考停止CSぶっぱでも仕事するわよ」

大会環境にメガガル、メガバシャ、メガマンダ等、
超火力物理ポケモンがいなかったので、わかりやすい
物理受けポケモン(カバ、ポリ2等)を用意して、
きちんと受けつつこちらの火力を押し付けるという
ポケモンXY時代みたいな戦い方を愚直にやりました。

基本パーティは次のような感じです。


予選リーグも決勝トーナメントも「2戦先取」でしたが、
パーティを変えても良いという変則的なマッチ戦(
だったので、微妙に型を変えたポケモンを用意してちょっと
不意を突くという"ちょいズル作戦"で臨んでいました。

※マッチ戦とは?
同じ相手と同じパーティで複数回戦い、複数回先取したほうが勝利
というバトル形式のこと。ポケモンバトル世界大会でも原則として
同じパーティで2戦先取だ(つまり最大3試合やる)と聞いています。


最後に、今大会で気を付けていたことを振り返ります。
大会やレートに挑戦する際のヒントになれば幸いです。

1)つぶやいて言葉にして、自分の行動を確認する

⇒選出も、立ち回りも、考えをつぶやいて頭を整理していました。
 ハタから見ると怪しい人になってしまいますが、人間って意外と
 考えているつもりで考えられていないシーンも多いので、言葉に
 して自分の思考プロセスを整理するのは、丁寧に戦うべき試合
 では非常に効いてくると思います。(実況者さんが良い例)

2)使用ポケモンを絞り、立ち回りの習熟度を上げる
⇒10パートナーズ制でフリー枠も使って良い大会では、
 ついつい色んなポケモンに手を出してしまいがちです。
 でも、あれも強そうこれも強そうと思ってフラフラしていると、
 結局どのポケモンにおいても立ち回りのレベルが上がりません。
 準備に時間がない時ほど、使用ポケモンは絞るべきですね。

3)勝った後負けた後に、キモチを一回リセットする

⇒ポケモンは機械が確率を計算してくれるゲームなので、1試合
 ごとに確率を冷静に考えて行動していくべきであり、前の試合
 の勝敗はあまり関係がないはず。でも、運が悪くて負けた後、
 「こんどは混乱自傷しないだろう」とか、根拠のない予測を
 してしまいがちですよね。そうやって、自分の頭の中で勝手に
 バランスを取るのは危険なので、リセットを心がけていました。
(レートを溶かすメカニズムもこの点がかなり関係してそう)


・・・全体的に、技術論でなくて申し訳ないですけれども、
結構ふだんのレートとかでも意識するとポカミスや思い込みで
落としてた試合をいくつか拾えるんじゃないかなーと思って、
自戒の念も込めて振り返りました。

今シーズンはあと1ヶ月。運が悪くても頑張りましょうね。

たとえ、

麻痺した相手のドランがマグストを急所に当ててきても!

よくありますね。

威張るボルトに対して4連続混乱自傷で3タテされても!

これくらい可愛いもんですね。

悪波を切ったゲッコウガに凍らされてクレセが突破されても

おいおい、調子に乗るなよ(^^)/

ボルトの気合玉が5発打っても一度も当たらなかっ・・・

・・・・・(真顔&無言)・・・

なめとんのか!ゴルァ!!!

ふぅ、レート疲れで取り乱しました。
それでは、また次回に!

【シリーズ:ポケリーマン語録】

No.46 『ガッサ』
[意味] 部に一人は欲しい、器用で頼れる人材のこと
[文例] 「今度異動してきたアイツは、ガッサ並みに使える戦力だな…」
[解説] 由来は、キノガッサというポケモンの略称「ガッサ」から。
   ガッサはポイヒガッサとテクニガッサという複数の型があること、
   命中100%の催眠技であるキノコのほうしが強力であること、
   マッハパンチや岩石封じといった使い勝手の良い技を高い火力で
   繰り出すことができること、タネマシンガンで身代わりやタスキ
   を貫くことができること、タスキを持たせて積みポケモンの
   完璧なストッパーとして活躍させられること、相手の宿り木や
   胞子などの一貫を切ることができることなど、採用理由が多く、
   パーティに一匹は欲しい強力なポケモンです。現実社会にも、
   技術があるうえに周りと上手くやるコミュニケーション能力や、
   ソツの無さがあって、是非とも自分の部に一人…!というような
   人材がいるわけで、そのような人のことを今日から「ガッサ」と
   敬意をこめて呼んであげてください。


広告
×
あおばさん

お疲れ様です。
大会3連覇おめでとうございます。

最遅ガルドや図太いポリ2、3ウェポンサーナイト等は最近数を減らしてますが偶に遭遇すると苦戦している気がします。
XY環境を見直していると新たな発見があるやもしれませんね。

正社員、派遣を問わず部に1人ガッサが入るだけで立ち回りにはだいぶ余裕が生まれますよね、頼もしい限りです。
ただ、ルール無用のガルーラ部長の前では彼の襷ですら意味を成しません。ゴーストタイプの幽霊社員になってお互いにノーダメージで収めたいところです。

コメントの間が空いてしまいましたが変わらず愛読・応援しております。
今後ともよろしくお願いいたします。

肩甲骨
65ヶ月前
×
肩甲骨さん

ありがとうございます。
レートとは少し環境が違ったので、XYを思い出しながらやっていました。
とはいえORASレートでも環境が少しずつ変わっていく中で、
メタにメタを重ねて一周したらXYみたいになった!的なことも
あるかもしれませんよね。

ガルーラ部長は子どもを職場に連れて来ている時点で、
かなり肝っ玉なところがあるので、結構つらいですよね・・・
ふいうち、噛み砕く両搭載の部長もいると聞きました。
スカーフガッサの馬鹿力で吹っ飛ばせるという話も
聞きましたが、H調整次第な気もしますね・・・辛い・・・

今後も引き続きよろしくおねがいします。

あおば
65ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。