ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • トリッキー

    2014-03-19 17:03

    大分遅れて実装されたトリッキーさん。
    筆者もいつになったら実装されるんだと心待ちにしてました。
    ヒーローの役割的には、はっきりとした位置づけは難しいですがganker、fighterかな?

    スキル解説


    Qスキル

    シャドウピアース
    投げナイフ。当たると1秒だけスタンする。
    このスキルを使った後3秒間、もう一度Qで今度は赤色のナイフを投げつける。こっちは大量出血状態にさせることができ、DOTダメージと鈍足を与え、トリッキーから受けるダメージが増加します。

    黒のナイフを敵Aに投げ、赤のナイフを敵Bに投げる、ということもできます。実用性は不明。
    うまく使えば敵2人を同時に捕まえることができるかも?

    赤のナイフが当たると敵に与えるダメージが増えるので、コンボの一番最初に使いたくなりますが、基本的に魔法耐性があると簡単に防がれてしまいます。耐性を引き出させてから投げる、敵の視界外から投げるなど工夫して使う必要があります。



    Wスキル

    ミラージュ
    要のスキル。敵に飛び込んで2秒間サクサク切りつける。
    切りつけてる間にWをもう一度使うことで、指定した方向に敵を蹴り飛ばし、転倒させることができる。このときトリッキーは蹴り飛ばした方向と逆に飛びのきます。
    これも魔法耐性で防ぐことができ、さらに食らった後に耐性を張ってもWWの蹴り飛ばしを無効化できてしまうので、魔法耐性がないことがわかっている相手に打つようにしましょう。

    このスキルが非常に強力で、攻めるにも逃げるにもとても重要です。
    結構ダメージが高く瀕死の敵にこれで飛びつけば、大体キルかリコールは奪えます。
    チェイスのときも、これが当たれば確実に捕まえられます。
    敵に囲まれても、敵集団の端にいるキャラに飛びついて、集団とは逆方向に飛びのけば一気に敵との距離を離せます。

    あとWWの蹴り飛ばしで敵を障害物にぶつけると、セドリックのタックルのように少し追加ダメージを与えることができます。覚えておくと瀕死をしとめきれるか怪しいときに使えるかも?

    マントのダメージも入ります。


    Eスキル

    スウィートドロップ
    爆弾を投げる。30秒持続して敵が入るとすぐ爆発する。
    設置型のスキル。長い持続時間を生かしてワープゲートの視界を取ったりするときに便利。
    とりあえずワープゲートを通ったらEを置いておこう。

    CTが短く、トリッキー唯一の範囲ダメージスキルなのでファームのときにも結構使うことになるスキル。
    設置してある爆弾に敵が突っ込んだ場合、申し訳程度に盲目が入る。
    まあ盲目時間が短すぎるので、これだけで逃げきったりするのは難しいですね。

    一応攻城にも70パーセントのダメージが入る。


    Rスキル

    ブラッドエッジ
    12秒間トリッキーがパワーアップする自己強化系スキル。
    RRで指定した対象に耐性貫通スタンを与えることができ、さらにRRRで煙幕を撒きながら後ろに飛びのくことができる。

    RRRはロザミアのWに近いスキルだと考えてもらえれば間違いありません。
    煙幕の中に味方が入った場合ステルス状態に、敵が入った場合盲目状態になります。

    これも攻め、逃げ両方に便利なスキル。
    RRは敵の後ろに回りこみながらスタンを与えるので、敵との位置関係をしっかり考えて使う必要があります。
    特に間違った立ち居地でRRスキル、RRRスキルと連打した場合、自分から敵集団に突っ込んでいくのか・・・(困惑)といったことになり、袋叩き不可避なので注意しましょう。

    効果時間12のCT60なので実質のCTが48秒ととても短く、逃げるためだけにもガンガン使っていって問題ないかと思います。



    私の場合スキル習得順序は
    EQWWWRQQEER
    ですかね。

    Wはスキルレベルを上げると射程が延びるので、できれば優先してあげたいかなと
    それ以外のスキルはあげても威力しか変わらないのでどっち優先しても特に問題ないかと思います。



    立ち回り解説

    レーンは大体BOTに行きます。タワーに近いほうの2分沸きは、あらかじめEの爆弾を2個置いておくことにより、一瞬で処理できるのでお勧め。
    レーン戦の強さは、Qのそこそこな射程とEのステルス設置のおかげでまあまあといったところ。
    レーンは特に強くも弱くもないと思います。
    ただMPの量が少ないので、レーンでスキル連発するとあっさりMP切れになります。注意しましょう。

    Rを覚えたら、1人ではじめの5分沸きを食べてる敵がいたらいきなりR使って倒しにかかって問題ないかと。

    基本的なコンボは、RRが耐性貫通なのを生かして
    R→RR→Q→QQ→W→WWかな
    Eスキルは挟めるところに挟めばいいかと
    RRRは温存しておくと生存率が上がります。

    ガンクを仕掛けるときは、レイチェルやロザミア、レクターなどと相性がよく、合わせてくれるととてもやりやすいです。敵1人を高速で倒した後に敵に寄られても、そのまま逃げ性能を生かしてすぐ離脱することができます。

    1対1や少人数での戦いなら問題ないのですが、難しいのが集団戦での立ち回り。
    耐久力に秀でたヒーローではないので、使うスキルや、突っ込むタイミングを間違えるとあっという間に範囲Rに巻き込まれて蒸発してしまいます。

    味方と挟み撃ちをするように当たると、大体うまくいくかなーといった感じ。敵の後衛のもろいキャラに張り付いて、サッと倒した後はRRRやWを使って離脱しましょう。
    RRRの煙幕をうまく敵集団の真ん中に置き逃げできると、相手からするとかなり邪魔になります。

    Wさえあれば最低でも2秒間延命はできるので、少しくらい無茶しても大丈夫だと思います。

    トリッキーはかなり逃げ手段が豊富なキャラなので、このキャラでデスを重ねすぎてしまうなら立ち回りを見直す必要があるかもしれません。



    ビルド解説


    開幕は大体で安定ですね。

    その後を一枚積んで、レーン戦で早い段階にMP回復つきのを積むとMP管理が非常に楽になります。

    そこからのビルドはとりあえずマントをに強化してから

    安定のマリモさんを2個つんで耐久を確保しておきます。

    ここから、敵にシルクやアルカラス、アリシアなどがいて魔法ダメージがとても痛い場合には
    を優先して積みます。

    特に敵の魔法ダメージが痛くない場合や、敵のスキルなんて全部避けれるぜ!ってときは
    グランオーガの腰帯を優先します。マント系はWに乗るので、Wのダメージが増加します。

    特にトリッキーはR中回避が20上がるので、回避が上がるグランオーガとの相性はなかなかいいかと。

    それから先はマリモをに強化するのもいいし、を目指すのもいいと思います。


    究極系を積むならになると思いますが、ここまで積む試合はほとんどないでしょう。



    私の最終的なビルドは



    これにグランオーガの腰帯ですね。(すいません腰帯の画像見つかりませんでした・・・)


    まとめ

    重要なのはWスキル。このスキルをうまく使えるようにしよう。
    RR、RRRは敵との位置関係をよく考えて使おう。RはCTが短いので出し惜しみしないように!デスを量産しすぎるようなら立ち回りを改めよう。





  • 広告
  • ストーンコールド

    2014-03-11 21:32


    初期ヒーローのうちの1人、ストーンコールド君。
    韓国ではそこそこな評価?のようだが日本では昔から微妙極まりないキャラとして認識されてると思われる。今回のアップデートで強化が行われたので、簡単に解説してみたいと思います。
    あまり使ったことがないのでおかしなことを書くかもしれませんがご容赦を・・・

    スキル解説


    Qスキル

    飛んでけっ!
    指定した地点に石の柱のようなものを練成して相手を打ち上げ、スタンさせる。射程が長くそこそこな範囲があり、気絶時間がスキルレベル3で1.75秒と普通のスキルより若干長い。

    強力なストーンコールドのメインウェポン。これをいかに当てれるかによって使い手のうまさがわかるといっても過言ではない。
    発動する前に土ぼこりが地面に発生するので相手が慣れていると耐性を張られてしまう。
    キャンセルすることによって土ぼこりだけ発生させることができるので、読み合いの一手に使えるかもしれない。


    Wスキル

    丈夫だよ!
    今回改変されたスキル。
    習得するとストーンコールドが少し大きくなり、パッシブで物理ダメージを少し軽減してくれる。
    しかし減少しても5以下にはならないので、無効化できるわけではない。
    よってポーションは消えてしまう。地味ながら小さな欠点と言えるだろうか。

    強化によって、アクティブスキルとして使用できるようになった。使用すると「ヌッ!」とマッスルポーズをとり、範囲400の敵に微量のダメージを与えて0.7秒間挑発する。
    挑発と書くとわかりにくいですが、ストーンコールドに向かって通常攻撃を強制する効果ですね。近接攻撃型のキャラなら吸い寄せる感じになります。

    一見ソールベンハイムのように吸い込めると思われがちですが、範囲がかなり狭く、発動するときに一瞬溜めるので相当距離が近くないと当たりません。
    基本的には、Qや味方のスタンからのつなぎで使うことになると思います。

    改変されたからと言って、いきなりBAN確定のOPヒーローになったかといわれるとそんなことはなく、ストンコで敵を止めておける時間が増えてタンクとしての役割がやりやすくなった、と考えるといいかと。


    Eスキル

    強いよ!
    習得するとパッシブでちょっと攻撃力が上がる。
    あと通常攻撃5回ごとに追加物理ダメージを与えるようになる。
    うまい人は通常攻撃4回でとどめておいてQ→E付き通常でキルとっていく模様。私はできません。
    ここで注意したいのが、追加ダメージは魔法ではなくて物理であるということ。
    後半になって敵の防御力が上がると、7割以上の物理ダメージが軽減されたりするので、最終盤などでは敵ヒーローにほとんどダメージを与えられなかったりします。
    反面、敵の建物に対しては、最後まで結構使えるスキルです。建物は防御力が上がったりすることはないので、バシバシしばくと結構なダメージを与えられます。


    Rスキル

    本当に怒ったよ!
    切れる。切れるとなぜかストンコの体から岩石が発射されるようになる。
    攻撃速度と防御が上がり、移動速度も上がるので敵のスローがあまり効かなくなる。
    注意したいのが、HPや魔法防御は上がらないので敵のスキル攻撃には強くならないことと、魔法耐性状態の敵には岩石が発射されないということ。
    R発動したからといって敵集団に突っ込んで無双しようとすると簡単に死んでしまう。
    発射される岩石は結構な威力と範囲を持つので、相手の魔法耐性はしっかり解除してダメージを与えていこう。

    攻城にも使え、ソロセンチも可能であるが、対人でも優秀なスキルなのでBDだけを狙うのは避けたいところ。


    私の場合、スキル習得順は

    QWEQQREEWWR
    ですかね。

    Wはあげても挑発時間変わらないので、レーンでは1あればいいかと。
    相手にアキロやアグニ、クロコダイリーなどがいて召喚の攻撃が痛いようであればWを優先してとるのもありだと思います。


    立ち回り解説
    レーンはTOPかBOTのどちらか。味方の面子を見て決めましょう。
    Qの射程のおかげでレーン戦での強さはそこそこ。
    相手がロザミアアキロとかじゃない限り、タワーの奥までレーン押し込まれて経験地すらとれない、なんてことにはならないかと思います。

    基本コンボはQ→E付き通常→Wかな
    Q→Wでもいいとは思うのですが、せっかくQのスタンが普通より少し長いので、通常攻撃を入れてからWを使いたいところですね。

    レーン戦が終わったら、全体を見渡して当たりそうな気配があったらRを用意して寄るのもよし、戦闘がぜんぜん起きなさそうならRを使って空いているタワーを折ってしまうのもありですね。
    序盤はE付き通常がかなりのダメージをたたき出すので積極的に狙いましょう。

    一応BDも狙える性能はあるのですが、基本的にはタンクなのでBDばかり狙うというのは考え物かと。
    Rは攻城をめぐる攻防では非常に優秀なので、ガンガン使っていきましょう。


    ビルド解説
    スタートは大体でやってることが多いです。
    ストンコ君は知能の伸びが悪く、MPが結構なくなりやすいので精霊の玉で補います。

    そこからのビルドですが、慣れるまではガチガチのタンクビルドで問題ないと思います。

    靴をにして大安定マリモ君をいっぱい積んでから、

    とかに強化していけばいいかと。

    味方にストーンコールドのほかにタンクがいて、攻城が弱い面子だった場合には
    攻城を意識してなどのアイテムを積むことがあります。

    ほかにもの骨セットとの相性もなかなかいいので、いいオプション付きのクラフトを持ってたら積んでみるのも面白いですね。

    あとソロセンチを狙ったり、味方がを持ってる数が少なかったら魔法書を持つのもいいですね。


    しかし、攻城いきまくるぞー!と
    これを積みまくって攻撃速度をひたすら上げるのはあまりお勧めできません。
    あくまでも「攻城がそこそこできるタンク」なので、攻城だけをするならほかにもっと適任のヒーローがいます。


    ビルドの完成系は
    ガチガチタンクの場合は



    こんな感じになることが多いですね。お金が余れば精霊石は不屈の鎧にします。

    攻城寄りにする場合は


    こんな感じですかね。
    どうしてもこの型だと、ガチタンクビルドよりは脆くなってしまうので立ち回りに気をつけましょう。


    まとめ

    強力なQをうまく当てよう。E付き通常は序盤かなりダメージが入るので狙っていこう。
    RをBDにばかり使うのは避けよう。攻城しかしないなら他のヒーローのほうが強い。
    Wが改変されたからといって、できなかったことができるようになったのではなく、今までできたことがちょっと強力になった、と考えるようにしよう。
  • 魔法書について

    2014-03-04 14:33



    CHOのアイテムの中でも屈指のコスパを持つ魔法書
    それについて簡単な解説を書いてみたいと思います


    魔法書Qは咆哮
    周りの味方の攻撃力を30パーセント上げる。味方兵士にも有効。
    普通に強いですね。
    これは特に攻撃力をあげるパッシブスキルを持ってるヒーローと相性がよく、魔法書Qだけで攻撃力がかなり上がったりします。
    建築破壊時にも、これがあるとないとではかなり速度に差がでるので、攻城時には確実にかけて行きたいですね。
    味方センチネルにも入ります。結構強くなるので、センチをめぐる攻防では重要かも?


    効果時間は1分でCTは1?秒



    魔法書Wは鈍化
    指定した敵の移動速度を40パーセント下げる。
    地味に攻撃速度も30パーセント下げることができる。
    これは遠距離CCなどに乏しいタンクなどが使うことが多いですね。
    敵を追う場面になっても射程700の強力なスローをかけられる。
    センチにもかけることができ、攻撃速度をかなり下げることができるので、センチネルを割るときは使っておきましょう。

    効果時間は5秒でCTも5秒



    魔法書Eは弱化
    指定した敵の防御力を4下げて、対象の周辺の視界を取ることができる。
    地味ながら私はこれがおそらく一番重要なスキルだと考えます。
    昔は「え?かけてもCCじゃないしこれかけるなら鈍化かけるだけでいいじゃん」とか思ってました。が、よく考えると非常に強力だということに気づきました。

    まず効果時間が30秒と鈍化に比べて非常に長い。さらに敵の視界を取ることができるので、相手は60G払って解除するか、視界を取られて行動を制限されたまま30秒すごさなければならないということになります。
    一見60Gと聞くと微妙ですが、5回かければ300Gにもなり、これはレーンクリープ2回分以上の損失になります。

    もちろん、視界を取られたまま迂闊な行動をする相手にはgankしてキルしていきましょう。

    この魔法書Eはブリンクもちヒーローやこいつと相性がいいです。

    「ミュータントなら看破買わなくていいか・・・」と看破を買わずに舐めてレーンファームしてる敵キャリーに潜りながら張り付いてEかけまくると楽しいです。
    ただし調子に乗ってやりすぎると敵に囲まれてひどい目にあうので注意
    ブリンク持ちヒーローなら、弱化かけてさっさとトンズラして遊びましょう。


    積極的に敵のキャリーに弱化かけていくことで、ファームの妨害とお金を消費させて装備を整えさせない金銭ハラスが同時にできるので、ぜひ使っていきましょう。

    もちろんこれもセンチネルに入ります。防御力4と思って侮るなかれ。かなり破壊のスピードが違います。

    効果時間は30秒で、CTは3秒。鈍化に比べて効果時間の長さとCTの短さのおかげでガンガンかけていきやすいです。
    とりあえず暇があったら相手にかけときましょう。射程も長いので比較的安全にかけ逃げすることができます。


    魔法書のスキルは、すべて魔法解除の杖で解除されてしまい、魔法耐性状態のヒーローにはかけられないので注意!
    敵が自軍のセンチネル割っているときは大体魔法書がかけられているので、しっかり解除しておきましょう。咆哮もかけておくとセンチ君がハッスルして敵を倒してくれるかもしれません。