電子マネーpaypayのシステム上の欠陥とオワコンな理由~ドワンゴに関して~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

電子マネーpaypayのシステム上の欠陥とオワコンな理由~ドワンゴに関して~

2019-01-21 12:36
    paypayはソフトバンクとヤフーが出資して設立された合弁会社で、
    例の100億円ばらまきキャンペーンを行い、
    乞食を量産したことで知られている。


    最近では、そのキャンペーンで20%還元と謳われていたとおりのポイントが還元されず取り消されたとの事案が複数報告されている。


    そんなわたくしも例に漏れず、
    paypayのゴミシステムの被害者になってしまったのである!

    まず下記の画像を見ていただきたい。
    これは、ファミマで決済した際の画面スクショだが、
    二重に決済されてしまっていることがわかる。



    注文番号はそれぞれ別になっているが、残高上は454円×2が引き落とされてしまっている。
    原因は定かではないが、Wi-Fi回線に切り替えた際にアプリを起動したためにこのようなこと発生したように思われる。

    もちろん、ファミマの定員と揉めに揉めた。

    僕「あのー、二重決済になってしまってるんですが・・・」
    店員「へ? そんなこと言われましても、レジでは1回しか会計してないですよ」
    僕「ただ、この画面見てくださいよー、paypayでは二重に払ったことになってしまってまして」
    店員「レシートには1回分しか表示されてませんよね? どうしてほしいんですか?」
    僕「どうしてもこうしてもないんですが」

    と10分以上レジで揉め、後ろに列がつっかえてしまっていた。

    しょうがなく、店側が注文番号をメモして棚上げ状態になったのだが、
    アプリを起動しなおして更新すると、
    下記の通り正常に戻った。



    2回目の決済が取り消しになっているため、二重決済は回避できていた。

    レジで揉めた時間と労力を返してほしい・・・

    まあ、二重決済になってなくてよかった、
    と思ったのも束の間。
    今度は下記の画像スクショを見てほしい。




    ファミマで買い物をしたのが1月15日、454円分
    paypayは決済の都度0.5%(ここでは2円)のキャッシュバックがある。

    今回の件では、
    最初の決済が取り消され、2回目の決済が有効とされている。
    それに伴って、最初の架空の決済分の2円が取り消しされてしまっているのだ。

    つまり、本来は2円分のキャッシュバックがもらえるはずなのに、
    2円分の取り消しがそのまま反映されてしまっており、本来の2円分と合わせると0円のキャッシュバックということになってしまっているのだ!

    今回のような場合は、
    メールアドレス・件名・詳細を問い合わせすれば対応してくれるが、
    クレジットカード情報漏れ事件があったように、メールアドレスも駄々洩れになるだろうことが予想される+純粋に面倒くさいので、
    「2円」については泣くことにした。

    ここまでシステムがザルすぎると、
    早くポイントを使い切ってアンインストールして関わりたくないのが本音だ。

    paypayは流行らないのには異論がない。
    ・チャージできる金融機関が限定されている(メガバンの三菱UFJ銀行や地銀など対応していない金融機関がある)
    ・システムがザル
    ・今ではしょぼいキャッシュバックが唯一のメリットだが、ほかの電子マネーのほうがその他多くの点でメリットがある。


    ちなみに自分が使っている電子マネーは、交通系を除いて、
    ・楽天p
    ・ラインp
    ・dポイントなど
    である。

    これらには、ショッピングでの割引やポイント割り増しやキャンペーンが多いなどpaypayにはないメリットが充実している。
    特に、ポイントを自製できるというのが貧乏人にとって助かる点である。

    楽天pは、
    広告1アクセスにつき1ポイントがもらえたり、指定の場所(ローソンやマツキヨ)でアクセスすると、ポイントが1~10ポイントもらえたりコーヒーが無料でもらえたりする。
    ラインpは、
    アプリのダウンロードや広告視聴で1~300ポイントもらえることもある。

    そして、そのポイントは、
    マクドナルドやミスタードーナツやスターバックスコーヒーなどのファストフード店で使用できるのだ。
    これは貧乏人にとってありがたい!

    楽天pは、
    おおよそ1日あたり10以上ポイントたまる。
    10日で100ポイントとすると、1か月でマックのチキンクリスプ3個無料で食べられることになる。

    ラインなどは公共料金の決済手段にすることも可能である。

    ポイントの自製も可能で、なおかつ決済シーンが多く用意されているため、生活の一部として使うことにやぶさかではなくなるのだ。
    paypayのようにバラマキ広告しても、その他の点でユーザーにとって使い勝手が悪ければ、それをメインの決済ツールにしようと思わない。paypayはサブにもならない。



    話は変わるが、
    主導しているのはソフトバンクなのだが、こんなことをやっていて正直将来が不安である。
    ソフトバンクはほぼ投資会社でリアルビジネスをやっていないと批判されるゆえんがここにあると思われる。

    ドワンゴも、paypayと変わらないようなゴミサービスである。
    そして今、テクテクテクテク??のようなポケモンGoのパクリゲーをリリースしてそれに社運を賭けようとしている。
    動画や生放送サービスはYouTube等に押され、栗田CEOも動画・生放送は今後力を入れないと言ってしまった。
    たしかに、落ち目だったmixiはモンストというアプリで一気に株価上昇に転じた。
    既存のユーザーを一気に吹き飛ばすくらいの大人気アプリで市場を席捲できれば、過去の汚名を返上できるだろう。
    が、ドワンゴにはあまり期待できない・・・
    セグメントを見れば、ニコニコはオワコンなのは誰しもわかるし、他の分野もあたりはずれのあるコンテンツを抱えている。
    次にリリースするサービスは何なのかを戦々恐々と見守るしかない。


    ちなみに、この記事も書くまでに4回停止して書き直している。
    ひどいときは10回以上は停止してせっかく書いた記事が消えることがままある。


    ソフトバンクはまだまだ成長余力はあるだろうが、ドワンゴにあるとは思えない。。。
    以上
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。