• 久しぶりの遠出(リベンジ)

    2019-11-08 03:16
    頻繁に更新したいと言いながら無理だった
    いろいろあるんですよ。ほんと書きたいこといっぱい起こるんですよ。でもそういう出来事書こうとするとかなり時間かかっちゃうんですよ。
    書きかけの記事もあったりするんですよ。でも時間ないんですよ。

    嘘です。時間あります。すごくあります。
    だってお客さん来ないから。
    いやそろそろまずいなと焦ってます。

    これまでのお客さんはほとんど近所の人の紹介など。
    食堂のおばちゃんとかクリーニング屋のおばちゃんとかがお客さんを連れてきてくれます。
    別になにも積極的に近所付き合いしてるわけじゃないのにそのへんタイです。
    あ、近所の宿のオーナーはほぼ外国人だけどもみんなタイ語あまりしゃべらない、でも自分はタイ語使ってるのでそれがいいのかも。

    ありがたい。
    が、全然稼働率足りませんやばいです。
    いやスタートしたばかりで稼働率が低いのはしかたない、想定してはいたんですけど、予約が入らない!
    booking.comなどもちろん登録済なのですが、このへんもまたいろいろあったので書きたいと思ってるのですがいつ書けるだろう。あ、うん。
    予約サイトからの予約が入らない!
    レビューがほとんどないのが一因だと思うのですが、お客さんが来てくれないとレビューも書かれない。うーん。
    そして少ないながらも入った予約はこれまで全部キャンセルorノーショー(ぶっち)。
    うーんやばいです焦ります。

    というようなことを書きたいのではなくて。
    お客さんが来ないのでロビーラウンジにいちゃうんですよ。そこでなにができるというわけでもないのだけども。道行く観光客にハローと声かけたりとか。
    宿泊客は最初は仕方ないとしてラウンジバーにも客を呼びたいし。
    がらがらだと人が入りにくいだろうから自分がいたほうがいいだろうと思ったりとか。
    バーにもこれまで客入ってきてくれてないんです。なにかしらツテのある人が来てくれてるだけで、そのへん歩いてる観光客が入ってきてくれない。

    いやそういう愚痴を言いたいのではなくて。
    そんな状態でだいたいラウンジフロアにいてしまうので、部屋でブロマガ書いてる時間がないのです。
    なのでいろいろあることを書いてる余裕がないけど更新もしたいので、特になんでもないことをさくっと!
    ってさくっとしてねえ既にたらたらつらつら!

    とりあえず適当に画像。



    さて本題。もう一昨日ですが久々にちょっとバイクで遠出してきました。
    プーケットタウンに用事があり、どうせタウンにまで出てきたのだからと用事が済んだあとそのまま北に向かいました。
    以前バイクでこけて中断したことがありますが、そのリベンジです。

    ここがその目的地。




    空港のすぐ北にあるマイカオビーチです。
    ところでこの写真で気づかれたかもしれませんが!
    おもっくそ加工してますね。
    はい。最近インスタ始めました。もちろん宿の宣伝のためですが、どう考えても今のところ宣伝にはなってないのですが、ちょっとはまってます。
    写真加工楽しい!
    ニコマスでもそういう加工大好きだったしね!
    しかしおかげでブロマガ更新にさらに時間がかかってしまうことに。写真の加工で。







    さてマイカオビーチは多少屋台も出てますけども、ビーチチェアもない素朴なビーチです。
    きれいですねえ。空が。
    もちろん写真加工したから!
    空をきれいに加工するのに意識がいって海がなんとなく日本海になってしまった。

    この素朴なビーチに来た目的はですね。










    はい。飛行機の撮影に来たのです。
    ビーチすれすれに飛行機が着陸するため間近でビーチからその姿を見ることができる場所としてセントマーチン島が有名ですが、プーケットのマイカオビーチも同様の場所なのですね。
    が。
    思ったより飛行機遠い・・・
    しかも意外と離陸まで音がなく、突然飛行機が現れる感じで撮影難しい。

    着陸時はもっとずっと間近に飛行機が来るらしいのですが、2時間半ねばっても着陸する飛行機はなかった。
    フライトレーダー見てみると反対側から着陸していた。

    ネットで飛行機の離着陸時間はわかっても、どういうルートで着陸するかまではわからない。
    調べると10:00から14:00くらいがいいとのことだけども。
    なお自分がここに来た時刻は14:30くらいでした。

    ただ。
    最後にもう帰ろうとバイクにまたがったときに、離陸する大型機がわりと低い高度で現れました。写真撮れませんでしたがくそう。
    大型機だと滑走距離も伸びて離陸時でも比較的間近で見ることができそうです。

    さて夕方となりガソリンスタンド探して無駄に遠回り&時間くらって日ももう暮れるという時分に。プーケット島の真ん中?を突っ切るような幹線道路で帰ったほうが時間的には早いのですが、海沿いを走って帰ろうとナイトンビーチに抜ける山(丘)を越えようというところにバーレストランがありました。

    きれいな夕日が見られるのが売りっぽい場所で、ちょっと通り過ぎたあとやっぱ寄ってみようと戻ってそのレストランに入りビールとつまみを注文。
    飲酒運転?
    はい。







    入ってみて当たりでした!
    こんな感じで森の間から見える海に沈む夕日がとても良かったです。
    嘘です。写真は超加工してます。
    でも良かったです。

    店の客は外国人観光客はおらずタイ人ばかりでした。それはいいとして、男しかいませんでした。そういう店じゃねえよな・・・




    こんな感じの店で、寝そべることの出来る席もありました。たぶん席料別途かかるけど。
    バイクなど足がないとちょっと厳しいかもしれない場所かもしれないですけど、わりとおすすめできます。

    まあでもうちの近所にもこの手の小高い山(丘)から海およびパトンの街を見下ろす店はあるんですけどね。

    ところで話は前後しますが、この日のタウンの用事というのは税務署とイミグレーションに出向いたのでした。
    税務署へはもちろん税金の支払い。自己申告で大嘘言ってます。
    弁護士に言っても申告する額は適当でいい半分とかでいいとか言うし。
    ただあまり売上が少ないとフェイクとみなされて会社の存続が出来なくなるとも聞くのですが、この点弁護士に聞いてもマジで?どこにそんなこと書いてあるの?聞いたことないよ?とか言うしなんだかなあ。
    あまりこういうの嫌なんですが、これとは別件でもちゃんとやろうとするとスタッフにそんな馬鹿正直にやる奴がいるかそんなんじゃ商売にならないと喧嘩になったりで、なんだかなあ。

    イミグレにはゲストハウスの登録です。
    タイの宿は宿泊客の情報をイミグレに送る義務があり、そのための登録です。中国人経営の宿なんかはやってないとこも多そうですけど。

    その手続を受け付ける部署がイミグレの留置所のすぐ隣にありました。
    その留置所ですが思いっきり牢屋、檻です。イメージされる途上国の刑務所そのままです。
    うわーと思いながら横目で見てましたが、警察ではなくイミグレなので不法滞在系でしょう。
    昔バンコクに住んでたころ知人がなにかしら忘れたけどやらかして留置所一泊となりその迎えに行ったことがあり、そのとき留置所の様子は見てるのですが、バンコクの(どこの署だったか忘れた。たしかパホンヨーティンのほうだった気はする)留置所よりずっと牢屋って感じでした。

    で、手続きが終わり担当の役人と少し雑談してると、今留置所に日本人がいると言い出しました。ほえー。
    聞くと、ワーパミ(労働許可証)は持ってるけどもそれで許可されてる業務以外の仕事をしていたので捕らえられたとのこと。

    本来よろしくはないことですが、タイ周辺からの出稼ぎ労働者と先進国からタイに来てる者とでは警察・イミグレの対応にも差があり、上記のようなケースでも罰金払えばとりあえず見逃されると思うのですが、罰金(なお法で定められた罰金とは限らない)が用意できるまで拘束されてるのかなあ。
    いずれにせよタイもいろいろ厳しくなってます。

    そして私も現在まだワーキングパーミットを持ってません。
    そのへん、ビザ絡みなど記事に書きかけがあるのですけど、ビザ関係についてまた後日うpろうと思ってます。

    タウンのイミグレはまた面白いもの?がありました。
    タイに住む外国人は3ヶ月ごとに住所をイミグレに報告しなければなりません。他にも外国人に求められるありがちな手続きがあります。
    そうした手続きが、タウンのイミグレではドライブスルーで出来るのです。マックみたいに!

    面白かったので写真に取りたかったのですが、写真禁止って張り紙などは見当たらなかったのですけど余計なことして面倒なことになるのも面倒だと写真は撮ってません。すみません。
    しかし役所の手続きがドライブスルーで出来るとか、タイ以外でもあるのだろうか。

    ってな感じで唐突におしまい!





  • 広告
  • パーティーしたよ

    2019-10-22 23:13
    昨日のブログで告知した通りオープニングパーティーを開きました。
    その様子を書きたいと思います。

    実は今日になってビザ・労働許可証関係でちょっと問題が起こりそのことなんかも今日は書きたいのですが、まずは明るい話から!
    いやしかしほんとわかってはいたけどタイにいるといろいろあって、いろいろ起こってブロマガに全部書ききれない。書いてないこといっぱいある。それらを知りたい人はプーケットまで来てね!

    さてパーティーです。
    まずは料理。無料で提供。




    奥に見える(あと手前の)BBQする串類はスタッフが用意。
    で、他のチキンやフライドポテト、カオパット(チャーハン)、ヤム(タイサラダ)は近所の食堂に頼みました。
    というか近所の食堂(屋台)のおばちゃんが前日に売り込みに来たんですね。かなり強力に。
    もともと半分をスタッフが用意、半分をどっかに注文するつもりでいたのでお願いすることにしました。
    が、当日料理を持ってきたのが白人。
    え?なんで?と思ってたのですが、その食堂のおばちゃんの彼氏がイタリア人でたまたま今プーケットにいる(普段はイタリアにいる)ので手伝ってるらしいです。
    料理のいくつかは彼かもしれない。

    他に近所のスーパーで買った刺し身を一部の人に提供。またスタッフの作るおにぎり(教えた)も出す予定でご飯を炊いてたのですが、忙しくてこれは結局出せなかった。

    そんなに人は来ないだろうと思ってたのですが、思ってた以上に人が来てくれてほとんど完食され、っていうか食べてない人も少なからずいたと思う。足りなかったです。
    ちょっと失敗したー。



    さてまずは近所のゲストハウス・ホテルオーナーの中国人およびシンガポール人が来てくれました。18:00スタートでしたがその前に。
    写真には写ってませんがあと一人、女性が来てました。
    2時間ほどして彼らはいったん去り、夜も更けたころとなってまた大勢の中国人を連れてきました。みな在プーケットとのこと。

    しかし同じ中華系でもシンガポール人と中国人とはまたけっこう違いますね。
    そのへんはこの場ではとりあえず置いとこう。

    彼らはタイ語をあまりしゃべれないので私との会話は英語になります。
    が、中国人は英語もそこまでしゃべれないので、もっぱら会話の相手はシンガポール人となってしまいます。




    料理を作ってくれたタイ人とイタリア人のカップルです。
    タイ人のおばちゃんはタイ人のおばちゃんらしくとてもおしゃべり。一方彼氏のイタリア人はだいぶ大人しい性格のようです。
    そんなにしゃべったわけではないのですが、今日おばちゃんが来て(というかちょくちょくやって来る)彼がとても自分を?気に入ってた、元々あまり飲んだりしない人だけどまた来ると言ってたと伝えられました。良かったです。
    彼もタイ語不可。

    奥は弁護士事務所のタイ人です。彼は弁護士ではないけど。






    これはスタッフの彼氏のフランス人の友人とそのガールフレンド。たぶん。
    フランス人組は最終的に8人くらいは来てくれたのかな?たぶん。
    フランス人の英語ってどうも自分は苦手で、というか単純に自分に英語力がないからですけど、それであまりしゃべれませんでした。
    何人かはとてもわかりやすい英語だったのでその人らとはそこそこしゃべったけども。
    っていうかタイ語しゃべってくれたらいいのに。

    楽しんでもらえたのかはちょっと不安なところはなくもないですけど、けっこう遅くまでいてくれたので楽しんでもらえたんだと思うことにします。




    女性陣。先程のフランス人のガールフレンドらと隣のマッサージ屋さん(たぶんちょっとえっちなマッサージ屋さん)のお姉さんたち。
    彼女たちはもちろんタイ語OK。

    そして載せていいのか許可とってないので画像なしですが、バングラでバーのマスターをやってる日本の方。仕事があるので飲んではいかれませんでしたが、焼酎の差し入れいただきました。
    で。
    自分も刺し身を用意してましたが(ちょっとだけだった)、焼酎や刺し身など日本のものが用意されてると便利ですね。それを使って話かけてしゃべることができますから。
    あまり声かけてしゃべるのが得意なほうではないので、今後はこの手でいこう。
    学びました。

    焼酎好評でした。たぶんここは見ないと思いますが、ありがとうございます。
    近いうちにまた飲みに行きます。




    ピースサインしてるのは上で少し触れた近くのホテルのオーナーやってる中国人女性。
    実は、事前に他のシンガポール人、中国人オーナーがどうも彼女を好んでない様子があったのでかち合ったらまずいかなあ等など気を揉んでたのですが、普通に仲良く同席して会話してました。
    なんだよー無駄に悩んだじゃないか。
    まあ中国人も裏表がかなりあるってことか。




    左がフランス人軍団、真ん中が中国人グループ、右が(スタッフの親戚などの)タイ人集団。
    それぞれほぼ交わった様子はありませんでしたがw







    9時か10時くらいだったのかなあ。パフォーマーというかマジシャンがやってきました。
    バングラにはよくいるのですが、ナナイ通りでパフォーマーを見るのは初めてです。
    自分は来てくれた人の対応しててほとんど見ることができませんでしたが、鳩を出したりとか、その後フランス人のリクエストでカードマジックをしばらく披露してました。

    こういう人がやって来てくれるのもとてもありがたい。
    うちが呼んだわけでもなく費用は発生してません。チップは渡しましたけど。




    料理もあまりなくなったころに、数少ない私のプーケットでの日本人の知人も来てくれました。ネットに顔載せるのは・・・ってことで、水を飲んでる腕だけ。
    まだ二十代の若い方です。家庭の事情であまり飲まずに帰られましたが、今度はタウンのローカルのバーに行きましょうね。

    奥のラガーマンみたいな人はラオス人らしいです。フランス人の知り合いらしいです。
    ラオス人ってタイ語わかるだろうと思ってたのだけど、なんとタイ語があまりわからないらしい。えー?

    他に写真を撮らなかった人では、えーとバングラでバーをやってるハーレー乗りのタイ人、向かいのレゲエバーのタイ人、スタッフの親戚(ちょっとは写ってる)とかかな。
    全部でどのくらい来てくれたんだろう。数えてみよう。

    ・中国人(含むシンガポール人) 顔見知りの3人と彼らが連れてきた見知らぬ中国人5人くらい
    ・イタリア人とタイ人のカップル
    ・フランス人 たぶん8人くらいとそのガールフレンドのタイ人3人
    ・隣のマッサージやのお姉ちゃん3人
    ・スタッフの親戚?関係者6人くらい
    ・ラオス人とタイ人のカップル2組+その連れらしい白人1人(しゃべることができずどこの国の人か不明)
    ・数少ない自分の知人の日本人2人
    ・自分の知り合いのタイ人3人

    40人くらい来てくれたのかな。
    ありがとうございます。

    日本人オーナーなのに日本人少な!(友達いないから)
    中国人男性とシンガポール人男性のゲストハウスオーナーは自分がここに開業したことで日本人客(女性)がナナイに来ることをとても期待してる様子なのですが、ごめんなさい期待には答えられそうにありません。

    今回はみな住んでる人で旅行者はほとんどいませんでしたが(たぶん)、そのうち旅行者でもこのように盛り上がるようになったらなって思います。
    パーティーは0時前くらいにお開きとなり、スタッフと一部のゲストはその後バングラに飲みに行きました。
    私も後で合流する予定でしたが、軽く片付けして少し部屋で休むつもりがぐっすり寝てしまいました。

    スタッフの一人は深夜3時か4時ころ戻ってきてゲロゲロ吐いてたそうです。
    ってのを食堂(屋台)のおばちゃんがしっかりと見ていて(朝かなり早くにオープンする)今日、ゲラゲラ笑われてました。

    さて。
    ビザ、ワーパミ関係で生じた問題についても今日書きたいのですが、いったん区切り。
    いったん別の仕事。
    うーんやっぱ今日書くのは無理かなあ。
    ではでは。





  • パーティーするよ

    2019-10-20 22:45
    仮オープンというかなんとなくオープンして10日以上立ちました。
    ようやく内装というか設備についても終わり(実はミスなどあってまだ終わってないとこあるけどまあ支障はなし)お客様もまだ数人ではあるもののの受け入れ、らしくなってきた気がします。

    というわけでオープニングパーティーやります。日時は21日の月曜日、つまり明日です!月曜日?明日?
    ぜひ来てください!(来れない)
    フードは無料で提供しますのでがんがん飲んでね!(来れない)
    いやーここで告知してもしかたないですけど、しかも明日とか。ま一応ね。

    とりあえずなんか画像を。




    猫も待ってるよ!

    やー、自分はパーティーとかするつもりあまりなかったんですけど、友達ほとんどいないし。
    でもスタッフがやるっていうので、それに近所の人もやる前提でいつやるんだって聞いてくるんで、一応やります。
    でもスタッフもやるって言いながら友達少ないとか言ってるので、あんまし人は来そうにないなw。夕方、17時くらいから特に始まりも終わりもないタイスタイルでやります。
    適当に顔だして適当に帰ってくれてオーケーです(来れない)。

    えー、さて。
    先日のスタッフ爆弾の後日談とか、ビザを取りにいくのだけど20年前の感覚がまだ抜けておらずのほほんとしてたらわりとやばいかもしれないことなど書きたいことはあるのですが、いろいろ忙しいので今日は告知のみでこのへんで。

    あ。場所ですね。あれ?これブロマガにはまだ書いてなかったっけかな?
    こちらのFacebookにマップなどありますので。
    https://www.facebook.com/kanpaihotel/
    一応メルアドも。
    kanpaihotel@gmail.com

    はやくサイト作れって話ですが。それこそ自分の仕事なのですが。
    そういうのこそオープン前にも進めとけただろう、それで告知もできただろうって話なのですが。そういうつもりだったはずじゃないかって話なのですが、タイにいるとビールがおいしいね。
    またbooking.comでの予約も始まってます。他の予約サイトは申請はしてあるのだけど現在どういう状態なのかよくわからん。
    直接予約してもらえるのが一番嬉しいんですけどね。

    では、待ってます!(来れない)