ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

パスポートをなくしました(解決済み)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

パスポートをなくしました(解決済み)

2020-03-06 01:46
  • 10
前回、前々回の記事。
コロナでもプーケットは平和だしおいでよ!という趣旨で書きたかったのですが、やっぱり今は来ないほうがいいという結論を出さざるを得ないようです。
公式には日本からの観光客も自宅(ホテル)待機(要請?)で間違いないみたいですし。
現実的にはどうなんだ?入国してしまえば事実上は自由なんじゃないの?というのはありますが、しかし仮にそうでもなにかの機会でそれがトラブルとなる可能性はあるでしょう。
残念。

プーケットに住んでる分には普段どおりに平和そのものです。コロナが意識されることもほとんどありません。あーテレビ見てたら違うかな。私はテレビほとんど見てないので。
あと観光客の激減という問題はありますが。超ありますが。
予約全然ない。
また宿泊料金下げなきゃ・・・
もうローシーズン料金。

さて。
本当は今日はバイクを購入したよ記事を書く予定だったのですが、昨日途中まですでに書いてたのですが、臨時ニュースが入りましたので予定を変更してお届けします。

パスポートなくしました。
あとワーキングパーミットと国際免許証とお金少々と。

昨晩食事そしてその後飲みに行った際にそれらの入った鞄をどこかでなくしてしまったのです。リュックや大きなビジネスバッグなどではなく手持ちの小さな鞄です。

まずは写真。本文と関係ないですけど。




比較的近所に新しく出来た(たぶん。もしかしたら今まで気づいてなかっただけかもしれないけど)バミー(タイラーメン)の屋台というか食堂です。
40B!
プーケットのパトンでこの値段はとても安いです。量が少し少なめかなとは思うけど。
味はそこそこ。

さてさて。
昨日私はお客さん(スイス人)と食事に出かけました。
そのお客さんは昔からプーケットに何度も来てるのですが、自分の知る限りプーケットでベストのイタリア料理屋さんを見つけた!と言って教えてくれたのが自分も知ってる、というかオーナーと一応顔見知りの店だったのです。
それで昨日また行くというので自分も一緒にとついていきました。

実はこの日昼間バイク(スクーター)の購入に出かけてました。そのときパスポートその他入ってる鞄にバイク購入のためのお金も入れてたのです。
一方、財布にはあまりお金が入ってませんでした。
そのためこのときバイク購入代金の残りが入ってる鞄も手にでかけたのですね。

んー、勝手ですがその店の紹介もしちゃおう。







Salute というパスタとピザ中心のお店です。サルーテはイタリア語で乾杯の意味らしいので、うちのゲストハウスと同じ意味の名前ってことになりますね。
実はイタリア人の旦那さんと日本人の美人な奥さんの夫婦がやってるお店です。
バングラ通りのだいたいど真ん中にあります。
ちょっとソイ(小道)には入るけども。
白人客(4割くらいがイタリア人客らしい)が多いですが日本人もけっこう見かけます。
奥さん常駐なのでもちろん日本語通じます。

こちらのご夫婦には小さなお子さんがいてそれが私の本名と同じなんですねこれがまた。
その元気でちょっとシャイなお子さんもよくお店にいることが多いのですが、というか今まで自分がここに来たときはいつもいたのですが今日は見当たらない。
コロナ感染の気をつけてるのかなと思って訊ねてみたところ、単に学校があるからとのこと。これまで自分が来たときいたのがたまたまだったようだ。

こちらの奥さんもコロナについてはあまり気にしてない、不安には思ってない感じ。
プーケットは平和です。
それよりやっぱりハイシーズンにも関わらずお客さんが少ない(といってもこちらの店は繁盛してるように見えましたが)話題に。今こっちで誰かと会うとまずそういう話になります。
プーケットは不穏です。

で、このときワインを二人でデキャンタ2つ飲んだのですね。あとグラッパ2杯ずつ。
ご一緒したお客さんは以前はビール飲んでたのですが太ってしまい、痩せるためにもうずっとビールは飲んでいないし飲まないとのことで。
それにせっかくなちゃんとイタリアンな店でかついつもみたいに一人じゃないし、普段はビールばっかりな自分ですけどワイン気分だったので。

この時点で少し気をつければ良かった。
私はワインは嫌いなわけではないのですが、微妙に合わない体質みたいなんですね。少し飲んだだけで体が熱持ったような感じになって、なんかふわふわしてしまう。
こう書くとそれって普通に酔ってるだけじゃんって感じですが、ワインだけなんか違うんです文章で表現したらただ酔ってるだけなんですが他のお酒とはちょっと違うんです。

ともあれ食事を楽しんだあと、少し飲んでいくことになりました。
お客さんは騒がしいのは好きじゃない、つまりバングラ通りはあまり好きではないとのことだったのですが、せっかくですしね。
やはりバングラで日本人がやってるバーに向かいます。
女の子がいるタイプのお店です。

そのお店での様子。




こちらの男性が昨晩ご一緒してたスイス人のお客さん、ではなくバーでたまたま一緒になった
シンガポール人。
私より少し年上な感じ。シンガポールとバンコクを往復する生活してるそうですが(仕事が何かは聞いてない。けどDJとかするっぽい)、日本人もそうだけどシンガポール人も今一度タイ出国しちゃうと再入国面倒なことになりかねないし?ってことでプーケットに来たそうです。

女の子もお店の子ではなくこのシンガポール人の彼女。たぶん。関係性聞いてないけど。
今はバンコク住んでるそうですがシンガポールにいたことがあってそこで知り合ったとのこと。たしか二十歳そこそこと言ってたような気がするので、彼氏彼女関係だとしたら年の差30くらいあるんじゃないか。

いかにもな今っぽい若い子だったので、バンコク在住と言えどもプーケットのローカルの遊び場事情に私よりは知ってるんじゃないかとプーケットにRCAみたいなところってないのか聞いてみたのですが、ないとのこと。残念。
というかRCAという単語を自分が出したら笑われた。面白がられた。
まあ笑われるのもわかるしかたない。ぶちゃいくおっさんだしな。
あ、RCAって何?というのはそのうち書くと思います。簡単に言うとバンコクのクラブ的な店が集まってる一帯です。

ここでそこそこ飲み、日本人オーナーとやっぱり不景気な話をし、ご一緒してたお客さんともここで別れ、さてどうしよう。
バングラ久しぶりなのでもう少し飲もう。

というか店を出て通りに戻る途中(店はソイのちょっと奥にあります)で白人(男性)に引っ張られ、なんか盛り上がってるようだしとそこで1杯注文。
オーナーと思われるカウンターの中にいた白人のおじさんに注文したのですが、スタッフの女の子に聞くと彼もまたただのお客さんらしい。おい。

もうこのあたりでけっこう判断力鈍ってきてます。完全に今日は飲むぞモードになってました。1杯だけ飲んで別の店に。

クラブ好きなので(歳は気にするな。というかプーケットのクラブだと年齢まったく気になりません中高年も少なくないので)バングラ来てもたいていはクラブ直行か、あるいはちょっと適当に飲んでクラブかなのですが、今日はなんかクラブではなく開拓したい気分。
とはいえ目当てがあるわけでもなく、とりあえずゴーゴー・・・とはプーケットでは言わないかもしれないな。まあ水着だか下着だか着た女の子が踊ってる系の店に。

バングラのど真ん中でそれ系の店では一番目立って大きく、かつオープンな感じ(通りから店の奥まで見える開放的な作り)で慣れない人でも入店しやすいお店です。
ゴーゴーバー的と言いましたが、比較的最近オーナーが変わってゴーゴー要素はだいぶ減少してます。女の子がいることには変わりがないのですが。
オーナーはフランス人で知り合い・・・とは言えないか。一度顔合わせしたことあるだけであっちは覚えてなさそう。

このお店はカナディアンウィスキーのファイアボールがあるのですが、ウイスキーと言ってもフレーバーウイスキーで一般的なウイスキーとはかなり違うのですが、これうちのホテル(ラウンジ)にも置いてます。気に入って真似しました。
ここ見てる方、いらっしゃったときはショット1杯くらいはサービスするですよ。たぶん。

オーナーはいないようで1杯飲んで他へ向かう。
バングラ通りには昔の歌舞伎町よろしくけっこう客引きがいますが、その中にロシア女性の客引きもいます。ロシアンバー?があるのです。

ただしロシアンバーはぼったくり店です。
と自分の中ではそう思ってたのですが、あれ?どうしてそう思ってるんだろう。誰かからそう聞いたんだっけかな。特に根拠なくそう思い込んでるだけかな。
なんかよく考えると本当にぼったくり店なのかどうかちょっと怪しくなってきましたが、自分の中ではバングラのロシアンバーはぼったくり店です。

というわけでロシア女性の客引きもスルーしたのですが、スルーしたあと何故かそのロシアンバーに無性に行ってみたくなった。
行ったことないし、ロシア人かわいいしって思い込みあるし。
でもぼったくり店(仮)だしなあ。

それで店の前に立ってる門番みたいなタイ人スタッフと話してみました。
飲み物200バーツくらい、女の子へのドリンク500バーツとのこと。バングラの相場の倍ですね。でもこれが本当だとしたらまあぼったくりというほどではないのかもしれない。
あんまりお金使いたくないんだよねえと言うと水注文すればお金かからないと言ってくる。
いや酒飲みたいし。

少し考えましたがやっぱりやめました。
また後日機会があれば行ってみようかと思います。でもぼったくりだったらやだなあ。
その後もう少しうろうろして結局バングラはずれにあるオープンバー?へ。









この店と同じような店がもう一軒ここにはあって、ちょっとした屋外クラブみたいになってます。客層は白人メイン。
看板にもビーチクラブとありますが、プールのないビーチクラブみたいなものです。プールもビーチもないのにビーチクラブなのか。

やはり少し前に比べても客がだいぶ少ないですね。
ローシーズンよりはいますが。
かわいい白人の女の子とちょっと知り合うきっかけとか起こったりしないかなと思ったりしてここで2杯ほど飲んで少し踊って過ごしましたが、もちろんそんな出来事はなかった。

そして帰宅。
プーケットタウンなどパトン外で飲むときは行き帰り自分のバイクなのですが、バングラで飲むときは私は酔っ払い運転を避けて自分のバイクではなくバイクタクシーを使ってます。
いやバングラ以外でもそうしろよって話なのですけど、現実的には厳しいというか、そんなことしてる人まずいないしというか。
おすすめはしませんよ!

それで帰りもバイクタクシー、ではなく歩いて帰りました。徒歩だと15分~20分ほどかかってしまいますが、昼間と違って汗だくにもならないし酔っ払ってるし。
途中でケバブを買って頬張りながら自分のゲストハウスに戻り、そのまま速攻で就寝。
たぶん3時半~4時くらいだったんじゃないかなと思います。

翌朝。つまり今朝。
ガバっと飛び起きる。鞄ある?
部屋を探すもない!ロビーその他も一応探すもない!
やっちまった?

不思議に起きてすぐ鞄を忘れてないかが気になったのですが、どこでなくしたかとかまったく覚えてないのですが、でもどこかでなくしたことを頭は記憶してたのでしょう。
覚えてないのに記憶してるって表現としておかしいですけど。

何度探してもない。
お金はたぶんもうたいして入ってなかったはず。だからそれはまあ良しとする。
しかしパスポートやワーキングパーミットが!
別になくして死ぬわけじゃないけど、それらをなくしたらすっごい面倒なことに!
やっちゃったー。

この日、昼間バイク購入時に書類書く際にデスクの上にその鞄を置いてたのですが、いろいろ記入して支払いして帰ろうというときに店員から鞄忘れちゃだめだよ。忘れたらお金とっちゃうからね。と言われてました。
また最初の飲み屋、日本人オーナーの店で飲んでたときもテーブルの上に鞄を置いてたので、オカマの店員に鞄忘れるなよと注意もされてました。
超フラグ立ってた。

はあ。

ふとスマホの着信履歴を見ると朝の5時半くらいに3件ほど同じ番号からの着信があります。1回自分は出てるようでしたが記憶にありません。
これはもしや鞄を忘れた店からの連絡では?
そう期待してその番号にかけてみます。

番号はうちのゲストハウスの客のものでした。
そうでした思い出しました。今朝5時半ころ電話があり、部屋空いてるか?(超空いてる)というもので、ショートの利用客で受付したした。
酔っ払って寝てたのにちゃんと起きて対応する私偉い。忘れてたけど。
本当は受付業務は私はやっちゃだめなんですけどね、法的に。深夜スタッフがいないのでやってるときがあります。内緒です。

なおショートというのは、はい、ラブホテル利用です。はい。
うちくらいのホテル・ゲストハウスはどこもそういう利用客受け入れてると思いますので、そういうものと思ってください。
特に雰囲気がそんな風になるみたいなのはありませぬ。

さらにスマホのショートメールを見ると、午前2時半頃にお金をいくらか下ろしている記録がありました。
タイの銀行は定期的、あるいはなにかしたときにその記録をショートメールで送ってきます。
たしかにそうだった。SMS見るまで忘れてたけど、お金下ろした記憶ちゃんとある。

でも何故下ろしたのかを考えると、そのときすでに鞄を持ってなかったから下ろしたのだろうか。財布にはお金入ってなかったから。
だとすると、ATM行く前の時点で鞄をなくした、どこかに置いてきたということだろうか。
しかしお金入ってなかったはずの財布にそこそこお金が入ってたのが謎だったのだけど、その理由はこれか。ひとつ解決。いやそんなことはどうでもいい。

どちらにしろ夜になったら昨日行った記憶のある店にそれぞれ出向いて忘れ物がないか確認してくるしかないな。
はあ。
焦りつつ落ち込みつつ、しかし今はなにもできないし(警察届けるとかは確認してから)とりあえずこのことは夜まで忘れとこう。
はあ。

実は20~25年前、バンコクに住んでいたときも同じようなことがありました。パスポートはたしか入ってなかったと思うのですが、パッポンで飲んだ際にゴーゴーバーにリュックを忘れてそのまま帰宅していたことがあります。
翌日お店に行くとちゃんと保管してあり事なきを得たのですが、今回もどっかの店で保管してくれてるだろうとそんなに不安には思ってませんでした。
なわけなく、かなり焦ったし少し落ち込みもした。

そして午後、鞄についてほんとに忘れてた時分に電話がかかってきました。
近所のセブンイレブンから、鞄を忘れてないか?と。
おおおお!あったあああああああああああ!!

記憶にはないのだけど、どうやら帰宅途中でコンビニで飲み物かタバコを買い、その際に鞄をレジに忘れたようです。
コンビニ寄った記憶はまったくないので、連絡なければ失くしたこと確定になるとこだった。
良かったああああああああああ。

パスポートもワーキングパーミットも国際免許証もちゃんとありました。
お金も少しありましたが、元々いくら残ってたのかまったく記憶にありません。
まあ盗られてたとしてもたいした被害額ではないはずです。
というか盗られて少ししかお金入ってなかったわけではないでしょう。
おそらく鞄のお金ももうなくなってたから昨晩ATMで下ろしたのでしょう。

4000か5000バーツくらいはあったはずだと思うのですが、観光客的に遊ぶとそのくらいは使いますしね。自分は飲むときは我慢しないというのもありますし。
普段飲むときはそんなに全然使わないのですけども。
少なくとも記憶にある限りでも3000バーツは使ったのは確実なので、いいでしょう。

今回で二度目となるタイにおける貴重品紛失ですが、2回ともしっかり出てきましたしやっぱりタイはとても安全安心な国です。
というわけではなく私はとてもラッキーだったのでしょう。
あらためて今後気をつけます、はい。

以上、臨時ニュースでした。

広告
×
件の問題は感染してても健康体ならちょっとだるいかな位で感染させまくるって事だから、うつされるよりうつさない為に行動するのが基本ですね。
感染が少ないからって押し寄せたらその国にも広がる。薬ができるまで渡航は不要不急でなければ控えましょう。
日本が大事にする心とはおもてなしなんかじゃなく「お互い様を基本理念としたおもいやり」ですから。
だからパスポートも出てきたのよ?
18ヶ月前
×
>>1
なんで上から目線なの?
18ヶ月前
×
>>2さん
この記事を見るであろう常識のある人達から、愚かな施策を行った人達へ続く伝播として記述したから。
18ヶ月前
×
>件の問題は感染してry
コロナは件の問題ではありません。

>だからパスポートも出てきたのよ?
何が、「だから」なのでしょうか。

>この記事を見るであろうry
浸りたいだけのコメントに、常識のある人達は揺り動かされません。
18ヶ月前
×
なんかアクセス多いなと思ったら。どこかにリンク貼られたのかな。
悪い意味合いでかもしれませんがありがとうございます。
18ヶ月前
×
コメントについて。おおむねコロナについてのようですね。

コロナについて私見は全体的な視点、個人的な視点と持っておりますがもちろん私は専門知識があるわけでもなんでもなく、それは異なる意見を否定するほど強く確実なものではありません。
というのはわざわざこう書かなくてもここを読む人には当然わかってるものと思います。
その上で私が見たプーケットの現状と私が思うことを書いております。
18ヶ月前
×
長々書くのもなあ。うーん。

異論ある方もいらっしゃるのは当然でしょうし、それをここに書き込むこともご自由に。
しかしここで議論などしたくないですし意味もあると思えませんので、それに対して返事することはないと思います。
よほど面白いなにかがそこにありましたら別ですが。

とりあえずこんなもんかな。以上です。
18ヶ月前
×
ニコ動で動画の上に表示される「話題の記事」になっていましたw
18ヶ月前
×
なぜに
18ヶ月前
×
わかりませぬw
18ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。