ミルクティー同盟 ~ タイ・中国ネット戦争
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ミルクティー同盟 ~ タイ・中国ネット戦争

2020-04-15 08:01
  • 1
いろいろ書こうとしてたことあったのだけど旬の話題を。

の前に、24時間外出禁止について。
現実としてはこれまでと変化ありません。
厳密には、スーパーなどへの生活必需品の買い出しと病院・薬局関係以外の外出は控えるようにとの要請が出ています。要請であって命令ではありません。ということらしいです。

ジョギングしている人もこれまで通りいますし、パトンの奥の丘のビューポイントも人が集まってます(せいぜい一度に数人ですが)。
が、今後どうなるかはそこはわかりません。厳しくなるかもしれない。

また全家庭?に検査を行うという通知も出てるようで、タウンにはその案内がいってるようなのですが、うちには来てません。
宿泊客の検査も来なかったし、実行はせいぜい一部でしかないんじゃないかなあ。
あくまでそう思うってだけですが。

あーん新しい写真は撮ってないので以前の写真を適当に。




プーケットに多くあるナイトマーケットのひとつ、チルバマーケットです。
タウンにあり特に若者に人気。規模はわりと小さいので廻りやすいです。
若者に人気なだけあっておしゃれな雑貨とか見つかるかも・・・と言いたいけども個人的にはどうだろう他とそんな違うか?って気はしなくもないけど女性が見るとまた違うかも。
ちょっとした食堂が多くちょっとだけ洒落たバー的な店もあるのも特徴。
お寿司の屋台とかも人気です。


さて、記事タイトル。ミルクティー同盟ってなんだ?
今この記事を書いてる現在、タイのトレンドで・・・あれ?今確認したらタイのトレンドがない。エラー?仕様?操作?
えーと。つい先ほどまでタイのトレンド1位となってたのが「#ชานมข้นกว่าเลือด(チャーノム・クン・クワー・ルアット)」、日本語に訳するとミルクティーは血よりも濃い、でした。
このタグはいったいなんなのか。

ことは数日前に遡ります。
そしていきなり少し脱線ですが、最近タイのBLドラマがアジア全域で流行ってるんですね。私もつい先日気づいた。
今人気のBLドラマもYoutubeにあるので貼ろうかと思ったけど、まあそれはいいか。
日本語でもタイBLドラマについての解説がネットで見つかります。

なぜ。
よくわかりませんが知らない間にタイはオカマ大国に加えてBL大国ともなってました。

さて。そのアジアで大人気のタイのBLドラマ。
中国本土からもVPNで違法視聴されてるそうです。
ついでにいうと日本でも放映されてないようなのですが、有志が日本語訳しててネットのどこかでこっそり見られるみたい。

そのドラマに出ている俳優の彼女。彼女もモデルらしいのですが、インスタかな?なにかで中国と台湾を区別するような発言をしたのですね。
自分は直接確認できてませんが、アップした写真に「中国風ですね。かわいい」「いえ、これは台湾スタイルよ」みたいなやりとりだったみたい。
これに中国大陸の愛国者さんたちが気づきました。

彼らは「台湾は中国の一部だ」「謝罪しろ」と要求し、さらに彼女に対して罵詈雑言を浴びせたようです。
これに今度はタイのネットユーザーが反発。台湾は中国から独立している!などと中国攻撃を開始。そして中国人愛国者らはターゲットを彼女からタイの国自体とし、タイに対して侮辱を言葉を浴びせるというネット戦争状態に。

ついでに香港についても言及され、なぜかタイ人が台湾や香港の独立を中国に対して主張するようなことになってました。
これに台湾や香港のネットユーザーが感激?して乗っかる。
いや感激というのは大げさですが。

ただし、微妙にガチの喧嘩とは趣きが少し異なる展開を示します。
ここで写真追加。




先程のチルバマーケットを上から見た写真です。
このころは平和だったなあ。

はい、続きです。
罵倒合戦が始まったのですが、中国人の罵倒に対するタイ人の返しが面白いとmeme化していくという展開に。
台湾や香港のネットユーザーが、なんだこいつら面白えなと変な親近感を持つように。

たとえば、自分が把握してるものでは、タイ人はまあ例によって中国の国家主席習近平氏をプーさんプーさんと馬鹿にしてたのですが。これに中国人が反撃します。

中国人「おまえのとこの国王ほんと糞だろ」
これに対するタイ人の返答。
タイ人「おう、わかってくれるか?もっと言ってやってくれ

以前の記事にも書いたと思いますが、今の国王はタイ人に非常に評判が悪いのです。

こんな感じのネット上の争いが勃発したのが数日前。
他にもなんか細かいいろいろあったみたいですが。たとえばなんか中国のダムがメコン川に悪影響を及ぼしてるようで、それについてとか。

で、本日これになぜかタイの中国大使館がFacebookにて参戦してきました。
なんでだよw
「中国とタイはひとつの家族であり、タイおよびタイ人は1つの中国をサポートしてきた。タイのネットユーザーの発言を懸念する」
要約するとこんな感じの発言を大使館が行います。

これに対してタイ人が反発したのが今日の騒動です。
「いやおまえらの家族になった覚えねえから」
「1つの中国なんて認めてなんていねえよ」
と。

そして「血は水よりも濃い」これはご存知の通り血縁は他人よりもずっと強い絆があるという言い回しですが、これを改変して「ミルクティーは血よりも濃い」というタグが生まれました。
なぜミルクティーなのかはよくわかりませんが、(中国の言う)家族よりもタイと台湾・香港との絆は深い、という意味を持っています。
英語のタグだと#MilkTeaAlliance。ミルクティー同盟。

このタグのもとにタイ・台湾・香港のネットユーザーが中国批判を展開。
・・・いや、なんとなくほとんどタイ人ばかりが騒いでるような気がしなくもないですが。
あ、これがタイ国内でのタイ人と中華系の対立になるみたいなことはまずないと思います。
見る限り基本的に反発してる相手は中国政府であって、中国人、中国系ってわけではなさそうです。
台湾、香港だって政体は違っても中国人ですしね。

この騒動とコロナとの関わりは・・・んーなにかしらあんのかなあ?
以上でした。

#追記
すでにロイターの記事となってました。
https://www.reuters.com/article/us-thailand-china-internet/insta-star-wars-china-tensions-in-southeast-asia-flare-online-idUSKCN21W11P
ちっ遅れたか。
出来事の発端が私が把握したのとは少し異なりますね。そしてこのようなネット上の炎上みたいなものにもほんと詳しく調べて書いてます。
さすがだ。

広告
×
台湾人は中国人ではありません。血縁的に関わりがあっても、国籍は別です。血縁や文化に少しでも関わりがあれば中国人呼ばわりするのは、中国人のやり口です。
10ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。