• このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊NEWSポストセブンウォッチング(11月24日版)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

週刊NEWSポストセブンウォッチング(11月24日版)

2012-11-24 17:00

    ニュースサイト『NEWSポストセブン』この1週間で話題になった記事をピックアップするとともに、「中の人」が分析します。

     おはこんばんちは♪ 今回も『NEWSポストセブンウォッチング』のコーナーを担当させていただきます、編集Mです。

     あんなことや、こんなこともあったこの1週間。ネットで話題となった『NEWSポストセブン』記事(11月16日~11月22日)を、2ちゃんねるやブログ、twitterなどに書かれた主なコメントとともに紹介していきましょう!

    (」・ω・)」ウー!(/・ω・)/ニャー!

     * * *


    【ネット上の主なコメント】
    ・申し訳ないけどワロタ
    ・苛められた本人には悪いがネーミングセンスは素晴らしいw
    ・不倫の子じゃないところに優しさを感じる
    ・当然11月3日は嫌いな日だったんだろうな
    ・「文化の子」山崎豊子原作って感じだな
    ・一瞬誉め言葉に聞こえるところがミソだな

    【解説&感想】
    『女性セブン』の記事です。それぞれ母親の違う3人の子どもを持つ石田純一。ここでは、そのうちのひとり、長女すみれさんのエピソードが紹介されています。

     石田純一といえば、いまや懐かしの「不倫は文化だ」発言。1996年に長谷川理恵との不倫交際が発覚したときに、こういった趣旨の発言をしたということで、大いに話題になりました。が、その余波が、われわれのあずかり知らぬところに出ていました。記事の中では、すみれさんについて、「石田さんの娘ということで同級生から“文化の子”などといじめられたそうです」という証言が紹介されています。

     いやそれにしても、「文化の子」って……w ネットでは、不謹慎ながらもこのネーミングセンスを称賛する声が多数あがりました。たしかにストレートに「不倫の子」って言わないところに若干の優しさ(?)や工夫を感じますよね。このネーミングが「文化の日」を想起させることから、「祭日みたいな名前だなw」「勤労感謝の子」などとの書き込みも。

     子どもの考えるあだ名は、ストレートに相手を傷つけるものもありますが、なかにはくすりと笑ってしまう良センスなものも少なくありません。後で笑って振り返られるようなあだ名は、なかなかいいですよね。

     言われてみれば、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「中学時代イケてない芸人特集」で紹介されてたあだ名も、なかなか秀逸でした。

    ・サバンナの高橋→リュックびちゃ男
    ・麒麟の川島→マスカット
    ・オリエンタルラジオの中田→滝廉太郎
    ・ロバートの山本→与謝蕪村
    ・博多華丸大吉の大吉→捕虜
    ……。

     由来が知りたい人は、それぞれで調べてみてくださいm(__)m 記事を受けて、ネットでは「自分は家がカメラ屋でフラッシュって呼ばれていたけどな」などと自身のあだ名をカミングアウトする人もいて、「フラッシュかっけー!」と羨望の書き込みもありました。
    (*^o^*)/
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。