• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

【無料】週刊NEWSポストセブンウォッチング(4月13日版)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【無料】週刊NEWSポストセブンウォッチング(4月13日版)

2013-04-13 17:00

    ニュースサイト『NEWSポストセブン』この1週間で話題になった記事をピックアップするとともに、「中の人」が分析します。

     おはこんばんちは♪ 今回も『NEWSポストセブンウォッチング』のコーナーを担当させていただきます、編集Mです。

     あんなことやこんなこともあったこの1週間(4月5日~4月11日)。いつものようにネットで話題となった『NEWSポストセブン』記事を、2ちゃんねるやブログ、twitterなどに書かれた主なコメントとともに紹介していきましょう!

    (」・ω・)」ウー!(/・ω・)/ニャー!

     * * *


    【ネット上の主なコメント】
    ・タダでやらせてくれるならいい女だ
    ・まさに宇宙企画
    ・春だな~
    ・結局俺が二次元のキャラと性行為したって言ってんのと一緒なんだろ?
    ・…という夢を見たんだ
    ・谷佳知がそんなこと言ってた

    【解説&感想】
     まずは『週刊ポスト』のカラー16Pにわたる大まじめ大特集「UFOとUMA研究所」に掲載された記事で、ここでは宇宙人と性交渉をした人たちの、さまざまな告白が紹介されています。
    Σ(゚Д゚) スゲェ!!

     UFOで土星付近へ連れて行かれ「胸が大きく全身ヒョウ柄の女性のなすがままだった」と告白する男性や、現在進行形で“クレセント”という宇宙人女性(?)と性交渉を重ねていると告白する男性、さらには宇宙人の子をお腹に宿したと語る女性なども紹介されています……。ちなみに2ちゃんのスレタイは、ストレートに「米国人男性『宇宙人と性行為した』」となっていました。

     まあ、ネットでもほとんどネタとして扱ってるだけなのですが、「こればっかりは米国人の病気というか、歴史のない国の怪談みたいなものなのか」「俺もそう思う、日本の怪談話や妖怪譚の代わりじゃないかな」などと、冷静な分析も。
    (o・。・o) ホォホォ

     あとは宇宙人にどこまで性別があるかよくわからないため、「ウホッ!」「アッー!」などと書き込まれるのであります。いやぁ、すっかり、春ですなぁ♪

     * * *


    【ネット上の主なコメント】
    ・なまぽ芸人の二の舞になるところだったなw
    ・河本は止めるどころか勧めた
    ・矢部は見た目以上に根性据わってる
    ・でもひとみちゃんと別れたんでしょ?
    ・芸人としてはつまらないが人間性は尊敬出来る
    ・矢部本人以外、家族全員経済的に独立できてないってのは…問題あるよな

    【解説&感想】
     こちらは『女性セブン』の記事です。元TBSの青木裕子アナと結婚したナイナイ矢部浩之。先日フジテレビの『めちゃ×2イケてるッ!』で生中継した“披露宴”の様子は瞬間最高視聴率22.9%を記録しましたが、結婚の裏にはなかなか苦労も多かったようです。

     なんでも、なかなか結婚に踏み切れなかった理由として、家族に“爆弾”を抱えていたというのです。矢部の幼少時代、父親が知人の保証人となり、多額の借金を抱え、極貧生活に陥りました。

     ただ、父親本人は「自分が作った借金じゃない」と、まったくの開き直りで、息子への“たかりグセ”がついてしまい、矢部自身「仕送りを断ったら、『勘当や!』と言われた」「矢部の銀行口座から毎月30万円を勝手に引き出し、愛人に貢いでいた」などのエピソードを披露しています。

     そして、仕送り増額の申し出を拒否された父親は、なんと生活保護を申請しようとしたため、さすがに矢部も慌てて、お金を送ってやめさせたそうなのですが、なんとも大変な父親ですなあ……。
    ヽ( ̄▽ ̄)ノ オテアゲ

     そんな父親との関係について、ネットでは「1000万くらいやって、縁切ればいいじゃん」との意見もありましたが、「甘いな。ゴネれば1000万貰えると覚えるだけだ」との反論も。たしかに、その可能性はけっこうありそうですね。

     とはいえ、こうした矢部の態度に、ネットでは称賛コメントの嵐。同じ吉本芸人でも「河本、梶原とは根本的に人間性が異なる」との意見多数で、思わぬところで株を上げたようです。
    m9(^Д^) プギャー

     * * *


    【ネット上の主なコメント】
    ・本当に美人じゃねーか
    ・これはノーチェンジ
    ・結婚してください
    ・どストライクだw
    ・即、入院します
    ・格差社会バンザイ!!

    【解説&感想】
     最後は『週刊ポスト』のグラビア記事です(もちろん画像あり)。モノクログラビアの好評連載「美人女医・秘密のカルテ」が連載300回を数えたのを記念して、これまで登場したなかから選りすぐりの美人女医として、産婦人科医・丸田佳奈先生(31)をカラー撮り下ろししました!
    (・∀・) イイネ!

     この先生、2007年に「ミス日本」に選ばれているだけあり、ほんとうに美人! 通常、「美人~」「美しすぎる~」などと紹介されると、ハードルが上がりすぎてしまい「そこまで美人じゃないだろ」「チェンジで」などと、書き込まれることが多いのですが、丸田先生については、ほとんどのネットユーザーが「ノーチェンジ」w

     とはいえ、逆に2ちゃん的には盛り上がりに欠けたようで、「申し分無い美人だと炎上しないもんだな。やっぱ賛否両論ないとな」「なんだふつうに美女じゃねーか。これじゃスレが盛り上がらないだろ」とのこと。なかなか難しいものですなあ。

     ちなみに、丸田先生は身長171cmのスレンダーボディ。それについて、「身長1.1hydeか」という書き込みも。アンサイクロペディアによりますと、「hyde」は身長などの長さの単位で、現時点では正確なhyde値が求まっていないため、近似値として1hyde=156cmが使われているそうです。
    φ(`д´)メモメモ...

     あとは、これだけの美人女医ですから、「恥ずかしい部分を診察されたい」「泌尿器科の先生になってほしい」の声多数。その他、注目の書き込みとして、「『では診察しましょう』というだけで、着ている服を全部脱ぎ始める患者。『はい、舌を出してください』というと、いきなり下を出す患者。おまいらワロスw」……でもその気持ち、ちょっとわかりますwww
    ヽ( ´ー`)ノ フッ

     * * *

     はい、そんなわけで次の1週間も話題てんこもりの『NEWSポストセブン』を楽しみにしていてください!
    ∩( ´∀`)∩ドウゾ (っ´∀`)っ))ヨロシク

     それでは、今回はこの辺で。
     (* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    NEWSポストセブンウォッチング
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。