• このエントリーをはてなブックマークに追加
中川淳一郎が選ぶ「2012年ネット界ベストナイン」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

中川淳一郎が選ぶ「2012年ネット界ベストナイン」

2012-12-10 15:00

     今年も実にインターネットがアツい1年間でしたね。「2012年ネット10大ニュース」は2013年1月24日阿佐ヶ谷ロフトAで山本一郎さんと一緒に発表しますので、ここでは「2012年ネット界ベストナイン」を発表いたします。

     別に野球みたくポジションとかはないのですが、とりあえずは9人の大活躍された方々を紹介いたします。今年は女性が強い年だったと言えそうです。

    【1】片山さつき
     言わずと知れた「爆釣り女王」。とにかく自称・愛国者のネットユーザーからのタレコミ情報は何でも信じてしまい、ニセ情報であろうが何だろうがツイッター等で拡散。その都度、彼らからは「オレたちの片山さん、拡散ありがとう!」と感謝されています。「片山さん、釣られてますよ!」と指摘をされても、どこ吹く風で次の新たなデマ拡散や珍発言をすることにより、過去のニセ情報の拡散は「なかったこと」にするわけです。

     国会で「韓国歌手がNHKの音楽番組に出過ぎ! 36%よ!」みたいなことを言うも、11%だったとか、千原せいじから夫の会社をつぶすと恫喝された、と泣いたり、アフィサイトの『ハムスター速報』に対し「みんな、ハム速を守ろう!」と言うなど、もはや税金を払うのがもったいないくらいのニセ情報拡散器となっております。

     最近もこりゃ怪しいな、と思っているのが「築後40年超経過して自民党政権時代は事故前に廃炉予定だった福島第一1号基」というツイートです。要するに、自民党は2011年よりも前に福島第一原発の一号基を廃炉にするはずだったのに、民主が維持したからこんなことになったのよ! と仰りたいのですね。しかし、なかなかこのソースは見つからず、一つコレかな、と思うのが、ここに貼られた写真(鳩山元首相 「引退する」 http://news.harikonotora.net/r/25290/ )です。もし、本当にこれがソースなのだとしたら、彼女の側近はちゃんとネットの作法を教えてあげてください。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。