• このエントリーをはてなブックマークに追加
中川淳一郎のネット事件簿(12月21日版) ひろゆき送検とキリンとローマ法王の巻
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

中川淳一郎のネット事件簿(12月21日版) ひろゆき送検とキリンとローマ法王の巻

2012-12-21 17:00

    『NEWSポストセブン』の総監修者でもあるネット編集者の中川淳一郎が、ネット上で起きた事件を解説します。

    【1】元2ch管理人・西村博之氏が書類送検。う~ん、ちょっとなぁ…

     20日、元2ちゃんねる管理人の西村博之氏が書類送検されました。内容は朝日新聞デジタルによると以下の通りです。

    “インターネット掲示板「2ちゃんねる」上の違法な情報を放置したとして、警視庁は20日、2ちゃんねるの創設者の西村博之・元管理人(36)を麻薬特例法違反(あおり、唆し)幇助(ほうじょ)の疑いで書類送検した。”

     要するに、違法薬物に関する情報交換が2ちゃんねるで行われていたものの、それらの反社会的書き込みを削除しなかった、ということで書類送検されてしまったわけです。しかしながら、私が思うのはサイトの管理者にすべての情報を開示させる、というよりも、警察がもっとサイバー捜査の能力高めろよ、と思うのですよ。

     別に西村氏は自分が違法薬物を使ったわけでもないでしょ? そもそも、こういった場合、「書き込みをするバカ」が最も悪いわけで、そいつを特定することこそが警察の役割なんじゃねぇの、と思うわけですよ。

    “ウェブはバカと暇人のもの”なんだから、大元のバカをキチンと取り締まれ、と思う次第でございます。警察は最近でも遠隔操作ウイルスの件で失態を演じているわけで、誰だかが分かる時だけ見せしめ的に逮捕するのは肝が据わってねぇなぁ…なんて思う次第であります。

    ※参考ページ
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。