【パワプロアプリ】選手ランクを上げるのに一番強い金特はどれなのか検証【野手編】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【パワプロアプリ】選手ランクを上げるのに一番強い金特はどれなのか検証【野手編】

2019-07-13 01:29

    【パワプロアプリ】選手ランクを上げるのに一番強い金特はどれなのか検証【野手編】

    2019/09/09アップデート対応

    はじめに

    デッキに入れるキャラを選択する上で、何の金特を取れるかというのは重要な判断基準になります。最近では金特を選択できるキャラも増えてきているので、どちらの金特を取ったほうが良いか迷う場面もあるのではないでしょうか。

    そこで、一番強い金特はどれなのか、査定値と査定効率の両方に着目して検証してみました。

    強い金特とはどんな金特なのか?

    金特にはそれぞれ査定値が設定されています。取得に必要な経験点が同じでも、査定値が同じとは限りません。査定値が高い金特は必要経験点も多く、査定値が低い金特は必要経験点も少ない傾向にありますが、そうではない金特もあります。

    強い金特を見つける目安として、査定効率(査定値/必要経験点)というものを用いるのも一つの方法です。しかし、査定効率だけでは金特の強さを正しく計ることができない場合もあります

    基本的には、査定効率が高ければ高いほど強いと考えて問題ないのですが、獲得経験点が多くなってくると、査定値自体の重要性が増してきます

    青特を取るときは、査定効率が高いものから順に取るのが一般的です。このような取り方をするとき、獲得経験点が多くなればなるほど、最後の方に取る青特は査定効率が低くなります。そうなると、たくさん経験点を消費して青特を取っても、あまり査定値を積み上げることができません。

    「金特+青特」vs「金特」の査定値

    査定効率が高い金特は、必要経験点が少ないので、余った経験点を他の青特などに回せるというメリットがあります。しかし、余った経験点で取れる青特の査定効率が低い場合は、このメリットがあまり活きてきません。

    逆に、査定効率が低くても査定値が高ければ、弱い青特を取るよりも有効に経験点を使えるという場合もあります

    つまり、「査定効率が高い金特+青特」と「査定効率が低い金特」の必要経験点が同じとき、どちらの合計査定値が高くなるかというのが、強い金特を決める上で大切だということです。

    例えば、恐怖の満塁男と牛若丸を比較する場合を考えてみます。査定効率は恐怖の満塁男の方がかなり高いので、普通に考えると恐怖の満塁男の方が強いと思うかもしれません。(コツLv.1の査定効率:恐怖の満塁男0.59、牛若丸0.20)

    ところが、恐怖の満塁男と牛若丸の必要経験点の差(コツLv.1:496-86=410)を青特の取得に当ててみると、青特の査定効率によっては、最終的な査定値でも牛若丸が勝つこともあります。

    合計査定を計算した結果を模式的に表した上記のグラフを見ると、査定効率が高い青特(固め打ち[査定効率0.12]など)をいくつか取ることができれば、牛若丸を取るより合計査定で上回ることができるということが分かります。

    しかし、査定効率が低い青特(いぶし銀[査定効率0.10]など)しか残っていない場合、余った経験点で青特を取っても、牛若丸の査定値を超えることができません。

    概算では、凡才のとき総経験点17000、センス◯のとき総経験点14000を超える経験点を獲得した場合、査定効率が低い青特しか残らない状況になります。この場合、恐怖の満塁男より牛若丸を選んだ方が査定を高くすることができるということです。

    このようなことを踏まえて、「一番強い金特」=「消費経験点が同じとき、金特+青特の合計査定が一番高い金特」はどれなのか検証してみました。

    一番強い金特はどれなのか検証結果

    【前提条件】センス◯、総経験点14000~17000

    上記の条件において、必要経験点が一番多い金特を基準として、必要経験点の差を査定効率0.10の青特取得に当てたとき、合計査定の高い順にならべたものがこちら。


    ・一部の金特は下位特能の査定値と必要経験点を含む(例:球界の頭脳にはキャッチャー◎を含ませている)
    ・虹特は下位金特の必要経験点と査定をそれぞれ加えその半分として計算
    ・2019/09/09アップデート対応

    至高シリーズが一番査定を高く出来る金特になりました。球界の頭脳の査定が見直されたことで、球界の頭脳と真球界の頭脳も強い金特に生まれ変わりました。

    ちなみに、総経験点6000~10000くらいのときも、走力バーストが最強の金特という結果になりました。このときは、気迫ヘッドや重戦車といった査定効率の高い金特が、走力バーストに次ぐ強さとなります。

    おわりに

    最近は、テーブルの特徴ゆえに弱いと考えられていたキャラにも、活躍の場が生まれてきています。今まで弱いと考えられていたコツテは、支良州やあかつきでは非常に強いテーブルですし、ノンケテも北斗では強いテーブルとなります。

    見方をかえると、いろいろなテーブルに活躍の場がでてきたことで、テーブルの強さとキャラの強さはあまり関係がなくなってきたとも言えます。今後のシナリオ次第では、ほとんどのテーブルにチャンスがあるということです。

    得意練習に関しても、得意練習を揃えた方が良いシナリオと、バラけさせた方が良いシナリオがあるため、得意練習によってキャラの優劣をつけることも難しくなっています。

    また、今までは上限持ちが少なかったので、強い選手を作るときデッキ選択の自由がほとんどありませんでしたが、最近では上限持ちが増えてきたので、いろいろな選択肢が生まれてきました。(テンプレデッキにこだわらなくても強い選手が作れるようになってきた)

    シナリオごとに最適なデッキが違ってくるので、現在強いと言われているキャラでも、シナリオが変われば使われなくなる可能性があります。

    このような状況で、シナリオの特徴にかかわらずキャラの強さに関わる要素となるのは、金特と上限だけになってきたのではないでしょうか。

    今回検証した内容は、金特を選択できる場合にどちらを選べばいいかだけでなく、デッキにセットするキャラ決める際の参考にもなると思います。今まで見向きもされなかったキャラも、よく見ると良い金特を持っていて、使ってみると実はかなり強いということがあるかもしれません。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。