• 313系3000番台 in 東海道線 〜Collection Vol.05〜(動画付き)

    2019-10-17 22:10
    前パン下げな日々

    2019.10.01 / 東海道線 / 西小坂井駅 / 103F / R103+Y9→ ※所定R100+J→

     2019年7月〜10月にかけて、大垣車両区では313系3000番台4本(R103, R108, R109, R116)の霜取り用パンタグラフを降ろした状態での運用が始まりました。飯田線や東海道線での本格定期運用開始以来オールシーズン全パンタグラフ上昇の状態だったので、いざパンタグラフ1基になると不思議な感じ。
     また、神領車両区の313系1300番台や、静岡車両区所属の313系3000番台でも大垣車同様に一部編成で霜取り用パンタグラフを降ろした状態で運用入りしている目撃情報がありました。

    2019.10.13 / 東海道線 / 蒲郡駅 / 5113F / Y111+R109

     飯田線南部ループ運用の一部となっている土休日の特別快速大垣行き(5113F)に入った前パン下げなR109。クハ側先頭で撮影すると313系300番台と見間違うほど。特にこの写真ではワンマン運転用ミラーが光の反射で隠れてしまったので、余計に3000番台らしさが無くなってしまいました。

    2019.10.13 / 東海道線 / 新居町〜弁天島 / 5955M / Y115+R115 ※所定Y100+Y30/Z

     3000番台全編成の霜取り用パンタグラフを降ろさなかったのは謎ですが、写真のように長らく313系300番台の代走運用に入っているR115は全パンタグラフ上昇。
     来年の2020年の夏季は一体どの編成がパンタグラフ1基で運用されるのかが地味に楽しみです。

    動 画 付 録

  • 広告
  • 313系5000番台 Y102編成 復帰初日 〜957日振りの営業運転〜

    2019-10-15 22:00
    2017年3月2日に東海道線 西岡崎〜安城間にて、ポリスメンアタック線路内へ侵入した自動車と衝突し脱線事故を起こし、長らく名古屋工場で放置されていた313系5000番台Y102編成。
     2019年夏頃に日本車輌にて米原方2両(クハ312-5102+モハ313-5402)を新製し、既存車4両と連結。数日間の試運転を経て、2019年10月15日、大垣発米原行き(201F)にて営業運転へ復帰しました。

    2019.10.15 / 東海道線 / 三河大塚駅 / 2326F / Y102+Y45
     
     全般検査明けと同じように全てが綺麗に磨かれたY102編成。お久しぶりです。編成記号番号を目立たせたかった?ので三河大塚駅で撮影してみましたが、前面が思ったよりも暗くなってしまったのが少し残念。この時期の朝なら明るかったかも。

    2019.10.15 / 東海道線 / 三河三谷〜三河大塚 / 2321F / Y102+Y45

     駅からちょっと歩いて順光の場所へ移動。既存車のステンレスも輝き方が新車さながら。全検明けの313系5000番台も撮影できるタイミングが中々ないので、個人的に嬉しい一枚。

    2019.10.15 / 東海道線 / 幸田〜三ケ根 / 2532F / Y102+Y45

     大垣駅で折り返しY102編成が先頭となる快速豊橋行きを撮影。奥のススキが伸びて後ろの方が隠れているのがちょっと気になるところですが、秋なので仕方ない。

    2019.10.15 / 東海道線 / 西岡崎〜岡崎 / 2539F / Y102+Y45

     前々から気になっていた撮影ポイントを目指し、西岡崎駅からダッシュ。何とかギリギリ間に合って撮影できた一枚。幸田駅で快速に乗れていたら余裕を持ってセッティングできていましたが、何かも慌てて撮影したので微妙なアングル。

     つい先日も西岡崎〜安城で人身事故が発生し、魔の区間という変なジンクスも出来つつあるところですが、見事復活を果たしたY102編成。末長く走り続けて頂きたいです。

    313系5000番台 Y102編成 営業運転復帰初日の運用行路
    大垣-201F-米原-2308F-豊橋-2117F-大垣-2326F-豊橋-2321F-大垣-2532F-豊橋-2539F-大垣-2110F-豊橋-2343F-米原-244F-大垣

    動 画 付 録

  • 東海道線 ラグビーW杯 臨時運用 〜373系 普通列車代走〜(動画付き)

    2019-10-12 17:00
    2019年10月11日(金)、ラグビーW杯向けの臨時運用が東海道線静岡地区(豊橋〜熱海)で組まれ、定期列車の延長運転や増結、臨時列車の設定が行われました。
    先日(ar1816946)は浜松〜静岡間での様子を撮影してきましたが、今回は豊橋〜浜松間での運用変更を撮影しました。
    2019.10.11 / 東海道線 / 鷲津〜新居町 / 956M / LL1+LL20→ ※所定311系

     大規模な運用変更により豊橋発熱海行きが発生しました。956M(豊橋14:07→浜松14:42)+832M(浜松14:52→静岡16:01)+1460M(静岡16:03→熱海17:27)の3本の列車を1本に統合され、211系6両で運転されました。1460Mが所定LL+SS(211系6両)の運用なので、1460Mの編成をそのまま豊橋まで持ってきたようです。
     現行、豊橋発熱海行きは朝の918Mの1本しか設定がありませんが、臨時ダイヤにより1日2本に増えました。

    2019.10.11 / 東海道線 / 鷲津駅 / 958M / F11 ※所定LL

     所定211系LL編成で豊橋〜浜松間を1往復する列車が373系で代走されました。所定運用の間合いで設定され、以下の太文字部分で書いた部分が今回の臨時代走だと思われます。

    ……特急伊那路2号(飯田9:58→豊橋12:31)→回1900M(豊橋??:??→浜松??:??)949M(浜松13:39→豊橋14:14)→958M(豊橋14:24→浜松14:59)→浜松留置→ホームライナー静岡6号……

     豊橋〜浜松間では朝と夜に373系で運転される普通列車が定期で存在しますが、データイムでの設定は現時点で無いので貴重なシーンとなりました。

    2019.10.11 / 東海道線 / 新居町〜弁天島 / 959M / T9+LL4→ ※所定T

     所定313系T編成単独で運転される興津発浜松行き列車も6両へ増結され、浜松駅での解放もなく豊橋まで運転されました。

     静止画では撮影できませんでしたが、J2+Z2の臨時列車も運転されました。

    動 画 付 録