増結シミュレーション(ウソ電)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

増結シミュレーション(ウソ電)

2019-03-27 00:12
    ここ数日Photoshopを使って列車を増結して遊ぶのにハマっていて、作ったのが色々と溜まって来たので記事にして整理してみます。Photoshopによる画像加工スキルはまだまだ未熟者なのでお察し下さい。

    313系1700番台の9両編成飯田線 切石〜飯田

     現在では最長3両編成しか走らない飯田線北部(天竜峡〜辰野)に長編成の列車を走らせたらどんな感じになるのかを見てみたくて、試しに合成したのがこの写真。
     以前投稿した動画(sm34827191)からコマ送りして3枚の画像を抜き出し、重ね合わせて9両編成へ合成。動画からの切り出しなので解像度は粗めな上に、数十年振りに操作したPhotoshopなので拡大すると雑な感じが見え隠れ……

    313系3000番台の8両編成 / 飯田線 東上〜野田城

     朝の水窪始発豊橋行き512Mを撮影した動画から合成した、オール先頭車の8両編成。こんな合成することを全く考えてないで撮影したものなので、予想通りに最後尾はフレームアウト。
     過去に団体列車として165系8両が豊橋〜新城で運転された記録があるので必見です……と書いてしまいましたが、その写真が掲載された書籍の名前をド忘れしてしまったので、後日再調査して掲載します。

    4両編成へ増結された天竜峡行き511M / 飯田線 東上〜野田城

     下り定期列車としては夜間時間帯に中部天竜行き553Mで走っている213系4両編成。2013年改正以降、明るい時間帯には走らなくなってしまったのがちょっと残念。
     ということで、明るい時間帯に下りの213系4両編成を合成写真の中で走らせてみました。土休日の511M、特に青春18きっぷ期間中や沿線でさわやかウォーキングが開催されたときの511M車内は混雑するので是非とも増結して頂きたい列車。

    213系6両編成 / 飯田線 鳥居〜長篠城

     4両よりもやっぱり6両。懐かしの神領車両区時代を思い出す213系の6両編成を、過去に投稿した動画(sm34120659)から再現。
     JR東海エリアではもう見られませんが、JR西日本の本四備讃線や宇野線へ行けば213系の2+2+2編成の6両を見ることができるハズ。もちろん、この色ではありません。
     
    6両編成へ増結された飯田線全線走破列車544M / 飯田線 長篠城〜本長篠

     こちらも過去の動画から合成(sm34120659)。よっぽどのイベントが沿線で無い限りは空気輸送確定。飯田線で3+3の6両編成は過去に165系さわやかウォーキング号でやっていたので、どことなく見覚えのあるような雰囲気。

    313系5000番台の12両編成 / 三河三谷〜三河大塚

     東海道線名古屋地区ユーザーなら一度は夢見る?快速系統の10両編成、もしくは12両編成。実際に12両編成を走らせてみたら、きっとこんな感じ。
     国鉄時代に開業した主要駅なら10両〜12両ぐらいはホームに収まるかと思われますが、JR東海発足後に開業した駅は8両や10両で建設してしまっているので、確実にハミ出てしまいます(三河塩津駅と尾頭橋駅は8両ホーム)。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。