飯田線に313系1600番台、再び。(動画付き)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

飯田線に313系1600番台、再び。(動画付き)

2019-04-24 22:15
    約7ヶ月振りにやって来ました。

    2019.04.21 / 飯田線 / 三河大野駅 / 9421M / B104

     天竜峡駅開催のさわやかウォーキング向け臨時快速として、神領車両区の313系1600番台B104編成が飯田線へやって来ました。約7ヶ月前には(過去記事)全般検査明けのピカピカなB106編成が飯田線で初の営業運転を行いましたが、今回は1600番台のトップナンバーを含む編成がやって来ました。(クモハ313-1601+モハ313-1601+クハ312-403)
     下りの快速天竜峡行きは何処で撮影しようか迷いましたが、元神領車両区の313系3000番台(旧B300編成)との交換が見られるであろう、三河大野駅で撮影することにしました。

    2019.04.21 / 飯田線 / 三河大野〜本長篠 / 9422M / B104

     折り返しの上り快速豊橋行きは、ダブルパンタではない313系らしさを際立たせる?ために陸橋から俯瞰で撮影してみました。
     2012年ダイヤ改正で313系300番台の飯田線運用が無くなって以降、飯田線を定期で走る313系は全てダブルパンタの313系となったため(313系5300番台Z編成の213系運用代走も一時期はありましたが)、1600番台のようなパンタ1基の313系を飯田線で眺めることが出来たのは中々面白い。

     2018年秋のB106編成入線以降、飯田線さわやかウォーキング快速は313系3両で運転される傾向が強くなって来ているため、次回もB100か、またはB150かB200か……今後も飯田線臨時快速運用に入る313系から目が離せません。

    動 画 付 録

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。