ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【歌詞】あなたと共に/一番列車/夜更の天使たち
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【歌詞】あなたと共に/一番列車/夜更の天使たち

2021-02-26 18:00


    あなたと共に

    作詞:Владимир Терешков

    作曲:Владимир Терешков


    今も覚えている
    初めてこの街へ来た日のことを

    今も覚えている
    心の中心で熱くなる夢と鼓動を

    幼く見えたあなたは
    もう大人らしくなった

    これからも 共に

    さあ行こう さあ行こう
    金色に光る線路の上を
    さあ行こう さあ行こう
    駆け出したあの日の夢を強く抱いて

    今も覚えている
    行手を阻まれて立ち尽くした日
    今も覚えている
    それでも終わりにはならないと助けられたと

    あたたかな愛はいつも
    どんな時もそばにある

    果てしなく そっと

    さあ行こう さあ行こう
    木漏れ日が差し込む線路の上を
    さあ行こう さあ行こう
    軽やかに何処までも行こう あなたと共に



    一番列車

    作詞:Владимир Терешков
    作曲:Владимир Терешков

    時を越えて伝えられた
    線路に眠る記憶

    想い描く 北と南
    一つに繋がった

    その日 街は沸き立ち
    両手 高く挙げ手を振った

    汽笛高く 夏空へ
    幾多の試練を飛び越えて
    喜びを詰め込み
    駆け出す 未来へ

    時は流れ 百年後の
    今でもここにある

    駅で列車待つとき
    そよぐ風もまた 変わらない

    汽笛響く 山間へ
    静寂の森を突き抜けて
    あの日の喜びは
    線路に生きている


    その日 街は沸き立ち
    両手 高く挙げ手を振った

    汽笛高く 夏空へ
    幾多の試練を飛び越えて

    さあ汽笛響け 山間へ
    静寂の森を突き抜けて
    あの日の喜びは
    線路に生きている

    夜更の天使たち

    作詞:Владимир Терешков
    作曲:Владимир Терешков


    23時 月明かりも
    ビルの陰に消えて行く

    明かり灯し浮かび上がる
    闇夜をゆく黄色い車両

    この街から次の街を
    過ぎる頃は新たな日付

    誰にも気が付かれない間に
    夜更けの冷えた空気を切り裂いて
    痛んだ軌道を診て行く 余す所も無く
    その姿 眩い天使のよう

    そして今宵 ここへ集う
    闇夜を行く職人たちよ

    最終後の軌道歩き
    ミリ単位の世界へ挑む

    誰にも気が付かれない間に
    吹き荒ぶ夜風と戦いながら
    痛んだ軌道を新たに蘇らせて行く
    その姿 眩い天使のよう

    夜が明けるその頃には
    いつもどおり始発が走る

    誰にも気が付かれない間に 
    夜更けの冷えた空気を切り裂いて
    痛んだ軌道を新たに蘇らせて行く
    その姿 眩い天使のよう




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。