かまいたちの夜×3 のプレイを終えて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

かまいたちの夜×3 のプレイを終えて

2017-04-15 23:40
    ※この記事にはネタバレが含まれていますというか雑なネタバレしかありません。
    「俺、ゼルダクリアしたらかまいたち3やるんだ……!」という人は見ちゃいけません。
    あと、記憶を頼りに記事にしていますが間違えているかもしれません。その時は許してください。

    ペンション「シュプール」を舞台に殺人事件の謎を解明する初代「かまいたちの夜」。
    その「かまいたちの夜」はあくまでもゲームでした! ということになり、
    「かまいたちの夜2」ではそのゲームに登場した面々が三日月島という所に招待され、
    ある復讐劇に巻き込まれました。
    ざっくりまとめますと、ゲーム「かまいたちの夜」がヒットし、
    その収益を元手に原作者である今日子さん(「シュプール」オーナーの妻)が
    三日月島を購入。
    自分の娘をひき逃げし結果的に死なせてしまったみどりさん(元「シュプール」従業員)
    への復讐を決行するという話です。
    最後は小林さん夫妻、村上さん(実は今日子さんの弟)が波に飲まれ死んでしまう。
    という結末でした。

    3は2の続編であり、透君や真理ちゃんが出る「かまいたちシリーズ」の最終作になります。
    2で妻の夏美さんを失ったことにより夢の中に夏美さんが出てくるようになり、
    助けてほしいと言う彼女の為に弔いを行おうとする香山さん。
    小林夫妻亡き後、真理ちゃんを手伝い「シュプール」の料理etcを担当している透君。
    みどりさんが轢き逃げの罪により刑務所に入り、離婚をつきつけられ、酒浸りになり、
    迷走する俊夫さん。
    なぜか啓子ちゃん。
    以上の四人が主人公となり、それぞれのシナリオを行き来しながら、
    謎を解くことになります。
    三日月島に再び集まった彼らは「2」の悲劇を払拭すべく、供養の時間を過ごすのですが、
    哀しいかな戦慄の時は訪れ、香山さんの死を皮切りに……。

    アレやコレやカンニングしたりしなかったりで色々と分岐した後、
    解決編に辿り着いた時に愕然としましたね。
    「また悪霊の話してる……(o ̄∇ ̄)o!!」
    三日月島の昔の持ち主である岸猿伊右衛門の悪霊が強すぎて、
    それに支配された村上さん(「2」で死んだと思っていたら実は隠れて生きていた)
    がなんやかんやと財宝欲しさに悪事を働くという。
    途中までは人力で何とかしているのですが、最後の最後で香山さんが
    臨兵闘者皆陳列在前!」と九字を切り、
    岸猿伊右衛門の悪霊を退治するという
    「ああ……」と思わずにはいられないものでした。
    そしてエピローグ、香山さんは生き返り、夏美さんは成仏し、特に犠牲はなく、
    みどりさんは俊夫さんの子供を身篭っていたり、透君と真理ちゃんはそれなりに仲良く、
    啓子ちゃんは名うてのグルメ記者となり、美樹本さんと可奈子ちゃんはどうだっけ?
    まぁいいか。
    みんなそれぞれハッピーエンドっぽく終わりました。
    三日月島自体が岸猿伊右衛門の怨念まみれなので、仕方ないことなのやもしれませんが
    悪霊ありきのストーリーになってしまったのは些か残念だったように思います。

    メインストーリーを終え、ピンクのしおりを経て、最後に紺のしおりへと。
    こちらでは、実は啓子ちゃんが裏で画策しており、
    悪霊パワーを得て最強と思われた村上さんさえも仕留め、
    自分の目的の為に他の人全てをあっさりと犠牲にするというものでした。
    「まさか啓子ちゃんがこんなことを思っていたなんて……!」
    「ああ、あれはこういうことだったのか」
    っていうことがあって一番興味深いシナリオだったことは間違いないかと。
    啓子ちゃんの抱いていた恋慕は美樹本さんへ向けたものではなく、
    実は可奈子ちゃんに対するものだと分かった時も結構な衝撃でした。
    ピンクのしおりの美樹本さんも……いや、もう忘れよう……。
    女性ながら圧倒的パワーで他をねじ伏せる(本編の弱弱しさがもはや白々しい)様は
    すさまじいものがあります。
    紺のしおり終了後のエンドタイトルが「あたしの可奈子」という、ね。(((( ;゚д゚)))アワワワワ
    オカルトのないシナリオだからこその恐怖がここにはあったと思います。
    紺のしおりを見る為にこの「×3」やっていたんだと言っても過言ではないかもしれません。
    ただお菓子を食べながら透君や俊夫さんをディスるだけの存在ではなかったんだ。

    エンディングは全然回収していませんでしたが、
    これにて「かまいたちの夜」シリーズとはおさらばえでございます。
    ご視聴ありがとうございました!
    興味のある方は私の代わりに全クリを……どうか……グフ!



    | `Д´|ノ さあ、早く「晦-つきこもり」をひたすら進める作業に戻るんだ!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。