幻想水滸伝Ⅲ プレイ感想〈8〉
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

幻想水滸伝Ⅲ プレイ感想〈8〉

2019-08-31 23:18
    今回もプレイ後の薄い記録を残しておきます。

    ヒューゴ編第四章に突入いたしました。
    四章終わってからとも思ったのですが、章が長くなるかもしれませんので、ここいらで一旦記事にしておくことにいたしました。



    ヒューゴ、クリス、ゲド。
    主人公三名が遂に集合しました。



    サナさんの回想シーンが始まり、そしてサナさんの若かりし頃が映された瞬間、テンションが上がりました。
    もんげー美人さんだった…。
    キャラ設定担当の人、サナさんのビジュアルに力入れてる説。
    そしてプラリネが面食い英雄であったことが判明してしまった。





    真の炎の紋章、継承者にはヒューゴ君を選びました。



    顔バレ対策の為に炎多めで。
    ドラゴンを倒し、無事に紋章をゲット!
    しっかしこの紋章、とてつもなく使いづらいので困惑しています。
    一度試しに使ったら味方を巻き込み二人ほど倒してしまいました! ヤッチャイマシタ!



    紋章継承後に現れる悪そうな人々。
    アタック25のパネルを奪うがごとく気軽に紋章を奪いに来るスタイル。



    このゲーム、「くっ・・・」っていうシーン多くないですか?



    ヒューゴ君は主人公! って感じがします。



    チシャの村でエミリーちゃんに出会いました。
    とてもかわいいので仲間にしたいですね。
    幻想水滸伝の女子力(物理)キャラって魅力的すぎます。



    いがみあうゼクセン騎士団とシックスクランを説得しようとするサロメさん。
    残念ながらなかなかまとまらないわけですが。
    優しくて理知的、サロメさんはこのゲームの良心だと思います。





    バラバラなまま戦い、ハルモニア軍に案の定敗戦した面々ですが、それでも団結しないのはまぁ仕方ないような気もします。
    皮肉が飛び交う飛び交う。
    色々ありましたものね。
    そしてバッラバラなまま再びハルモニアとの闘いへ。



    ダッククランのマークかわいい!



    ダック戦士たち、かわいすぎるだろ……。



    ここにも出てきたフランツ君!
    圧倒的優位な状態で、こそっと手柄を立てて、地位を高くしようとしている!
    若干せこい気がしますが、これが戦であり、ルビークの為ですし仕方ないことだとも思います。
    そう……フランツ君はこれでいいのだ……。
    我ながらフランツ君に対して辛辣なことを書き連ねてきておりますが、フランツ君のこと結構好きなんです。



    なんやかんやで勝利!
    大変ギリギリ状態での勝ち星でした。
    セラちゃん強いス。
    真の火の紋章がもう少し使いやすかったら……そう思わざるを得ません。





    ブラス城へ。
    勝利はしたものの、ハルモニア軍の圧倒的な力を目の当たりにした騎士団やクランの戦士たち。
    誰もが無気力に、もう無理だと口にする。
    彼らの士気を取り戻させることが出来るのは英雄を継いだヒューゴだけだと言うシーザー。







    ヒューゴに発破をかける軍曹。
    軍曹は名兄貴キャラすぎてかっこよすぎますぞ。
    気付けば軍曹ばかり画像切り抜きをしてしまう自分がいます。
    幻想水滸伝Ⅲ、その九割は軍曹で出来ているといっても過言ではないのです。
    シナリオ担当の方、軍曹愛すごくないですか。最高です。





    立ち上がるヒューゴ。
    ヒューゴの力強い言葉を受け、弱っていた戦士達も士気を取り戻しました。
    プラリネの名を引き継がせるのはやめておきました。
    面食い英雄の名は継がせるわけにはいかない。



    何度目かの戦争イベントに突入。
    思い返せば大体勝ってなくて、どうにか持ちこたえてるだけのような。
    この戦いもギリギリ何とかなりました。
    シーザーが「準備はできたか?」的なことを尋ねてくるたびに「ああ、またあの戦いか」とほんのり憂鬱になっているのですが、まだまだありそうですかねこれ。

    衝撃の事実、シーザーとアルベルトが兄弟であることが判明しました。
    二人ともレオン・シルバーバーグの孫なのね。
    今まさに盛大な兄弟ケンカが勃発しています。
    仲良くして!( ̄▽ ̄)



    シャーベット→フルーツヨーグルト→あんみつの変遷。
    彼にはあんみつおじさんの称号を与えたいと思います。
    次は何の甘味を欲するのか、期待してしまう自分がいます。
    甘党おじさん、レオ氏。


    個人的に気になるのはアイラちゃんの心境でしょうか。
    今時点では騎士団とクランは団結しておりますが、アイラちゃんも受け入れているのかなぁと。

    ではでは今回はこれにて。
    次回に続きます。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。