ポケモンシールド環境でのトーナメントに関する調査 第2回目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ポケモンシールド環境でのトーナメントに関する調査 第2回目

2020-06-18 19:02
    シュートシティのトーナメント出場時におけるデータを統計しはじめて約7か月。
    鎧の孤島もスタートしたことですし、今時点をもちまして一応の終了といたします。
    目標は1000件のデータ収集でしたが、残念ながら867件に留まりました。

    半年以上も期間があったのだし、もう少し集められたんじゃないのか?
    これは怠惰ではないのか?
    そんな声は聞こえてきても聞こえていないフリをする所存ではございますが、弁解させて頂きますと、このトーナメント周回、もんのすごい退屈だったんです。
    元々はドリームボール目当てのトーナメント周回だったわけですが、まぁこれが出ない出ない。
    やる気switchはとうにオフ状態でした。
    覚悟はしていたけれどここまで出ないものとは思わなかったのです。
    あと半分寝ながらボタン押してたり、よそ見プレイしてたりでデータを見逃してたりしますので、気持ちの上では1000件超えてるようなそんな感じです(見苦しく立ち回る)。

    ドリボ目当てということを上に書きましたが、先日、特別なバリヤードがふしぎなおくりものとして配布された際にドリボも一緒に配布されていたのですが、わたくしそれを見逃してまして。
    ドリボホシイドリボホシイとつぶやくばかりで、何らアンテナを立てずに過ごしていた結果、大事なものを取り逃していました。
    しかも気付いたのが配布期限日の夜でした。
    いっそ気付かなければよかった。
    手を伸ばせばすぐそこにドリボはあったというのに愚かなものですね。

    そんな傷心のプラリネによるトーナメント周回調査報告でございます。

    まずは対戦相手のデータから。

    愚かなプラリネはマリィちゃんが出ない状態のままトーナメントをしばらくこなしてしまった為、「それはいけない」とマリィちゃん登場後のデータ759件で統計をとっております。

    一回戦・二回戦・決勝における対戦相手トップ3もまとめてみました。
    前回はキバナ氏が三冠獲得という結果に「キバナ愛されてんな」と思ったものですが、トーナメント回数を重ねてから改めてまとめてみるとそうでもなかったですね。
    ホップ君が決勝戦でやたらと登場するのはやはりライバルだからでしょうか。
    正直、日によって対戦相手が偏っているような気もしたようなしなかったような……ですので、あまりアテにならないランキングだと思います。

    そして肝心の獲得アイテム集計。
    こちらはマリィちゃん登場前からの全データ(前回集計分も含む)867件から統計をとっております。

    ねがいのかたまりは毎日1回目は確定獲得なのですが、108という数字は私がドリボに執着する煩悩を表しているかのようで哀しみを感じます。

    表から一目瞭然ですが、ドリームボールは出ませんでした。
    おしゃれボール登場率は1.18%(毎日初回確定のねがいのかたまり108個を除く)という悲しい結果ですが、その中でも出てないボールと出るボールが分かれているのを見るにですよ、もしかして「シールド」ではドリームボールが出ない説?
    この程度のデータ数ではまだまだということでございましょうか。
    正直、あまりの出なさに「もうドリボなんて出ないんだ」と諦めながらポチポチボタン押してたのですが、隠しきれないドリボ欲求がセンサーに反応して出なかったのかもしれません。

    統計作業最終盤の頃ですが、かえんだまが三連続で出たりもありました。
    かえんだまはあまり出ない印象でしたが終わってみるとそこそこ出てましたね。
    モンボは7100個もらってますね。
    換金してタウリンとかの備蓄に回しました。

    そんなこんながありまして。
    もうちょっとやれたのではないか、そんな若干の悔いを残しつつ6月17日の夜をもちましてトーナメント周回作業を終えました。
    ドリボの出なさに哀しみを感じる結果ではございましたが、「俺達にはぼんぐりがあるじゃないか!!」という希望のもと、正直なところそんなにガッカリはしていませんでした。


    そして「鎧の孤島」をプレイ開始。
    序盤からぼんぐりはガンガン拾えるわ、製造マシーンも使えるわで「こりゃドリボ祭りだ! ウッホーイ」と沸いたものです。
    思えばこの時がテンションのピークだったのかもしれません。
    地面に落ちたももぼんぐりを眺めながら「きっとドリボはももぼんぐりをメインにして作るんだろう」とニコニコしていました。
    明日にはドリボ製造レシピも判明しているだろう(人任せ)、そう思いながら眠りについたのです。

    そして夜が明け、
    「さぁ、ぼんぐりレシピはいかほどに!」
    意気揚々と攻略まとめ的なページをスクロールするプラリネでしたが、そこにドリームボールの文字はありませんでした。


    (´・ω・`)
    (´・ω:;.:...
    (´:;....::;.:. :::;.. .....


    こ、これは、あくまでもガンテツボールのためのぼんぐり……なのでしょうか?
    この事実が確かならば世界のドリボ難民は救われません。
    いや、きっとあるはずだ。
    ドリボを作る為のレシピが!
    もしかして「冠の雪原」で登場するのかもしれない。
    決して希望を捨ててはいけない。

    ……ですが、拾い集めたももぼんぐりへの愛情はとうに消え失せ、そっと孤島に佇むプラリネの姿がそこにはありました。

    ああ……、やはり私の居場所はシュートシティのスタジアムだったんだ……


    <ももぼんぐりとの決別編・完>

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。