やったね!【MS合作図解】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

やったね!【MS合作図解】

2018-12-03 18:30
    グッモーーーニン。山田です


    前回は僕が野々原茜感染するまでをお話ししました

    今回はその感染体が作り出した具体的な内容についてお話しします




    まずメドレー版との違いについてですが、

    最も大きな違いは尺が30秒ほど長くなっているところでしょう
    メドレーでは省略されていたイントロサビ前などを改めて追加しました
    各箇所のお話は後ほど

    もう一つは細かいところですが、全体の色味を気持ち明るくしました
    合作の方を見返しているとなんか色が暗いな~という印象が拭えなかったので…
    僕の色彩感覚がガバガバだっただけですね。色数ももう少し増やして良かった(言い訳)
    そんな感じでところどころ気になっていた箇所も弄っています




    ・イントロ

    デッデデデッデッ


    この部分はメドレー音源を頂いた段階でほぼ固まってました

    試聴動画を巡回していた時点で感じていましたが、
    MS曲の中でもとにかく「AIKANE?」は突出しています。色んな意味で

    視聴者の間でも強く印象に残っているであろうことは想像に難くありません
    開幕で「きたあああああ」コメントを誘発できなければ負けです

    そこでもらったメドレー音源では「To...」から急激に流れを変える配置になっていました

    つまりご所望は……


    「"出オチ"…だね…?」


    僕の中に植え付けられた茜ちゃんの統一意思がニヤリと笑いました


    この「一体何が来るのか見当もつかない怪しげなシルエット」はいわば予告状のサインです
    この後も背景などで大活躍します






    うわあああああああああああ


    ここはサビ以上にやかましくするつもりでやりました
    本当の出オチはこっちですね
    茜ちゃん人形という野々原茜究極の手札のおかげで実現できました


    前回の記事で「制作は驚くほどスムーズだった」というような事を言いましたが、
    実はこの辺りだけはちょっと苦戦しました

    僕はバカ正直に曲の頭から順に作るスタイルなのでまだエンジンが温まっていなかったのと、
    身も蓋もないことをいえばこの辺りはひたすら「ちゃちゃちゃ」と言ってるだけなので、
    動きの表現などはほぼイチから考えなくてはならなかったというのが大きかったですね

    ただまぁ、ここさえちゃんとうるさくできたらもう勝ち確みたいなものだし
    目立ちたかったら最初は肝心だよね~




    ここはYO-KAI Discoの音MADで定番ネタとなっている
    「kawaiiiiiiiiii」
    が元ネタです

    おそらく初出はこれ







    追加パートその1
    ここも最初ほどではなくてもそこそこやかましくするつもりでやりました
    使いたかったけど使いきれなかった立ち絵を存分に叩き込んでます

    流れてる文字は
    「THE IDOLM@STER」
    「MILLIONLIVE!」
    「M@STER SPARKLE 04」
    です
    その解説いらないとおもう




    Me ke aloha mai AKANE.

    ハワイ語で「アカネより愛を込めて」的な一文です(Google翻訳)
    曲名になっている「AIKANE」「友人」という意味のハワイ語らしいのでそれに合わせて




    この楽曲が「AKANE」「AIKANE」をかけた曲名であることは明白です
    AKの間を人形ちゃんに空けてもらって、たまたま近くに居たi(I)が割り込んでくる演出です

    I
    が割り込んでくるところまでは事前の構想どおりだったのですが、
    その後の思いつきでハワイ語文にしてみたら偶然となりに"i"が来て小躍りしました
    運も才能の内ってね

    間違いがないようにちょっとだけハワイ語を調べたりしたところ、
    なんだかこの文盛大に間違ってそうだったんですが読める人そんなに居ないだろうし演出を優先しました……







    ロゴのような何かです
    ロゴデザインは今までも何度か挑戦しては難しくて挫折していたので今回も苦戦しました

    7回ぐらいリテイクしました。危うく天才じゃなくなるところだった
    最終的にはゲームのロゴデザインをまとめているサイトのお世話になりました

    GLaim ゲームロゴのデザインギャラリー

    文字自体はチェックポイントフォントをいい感じに並べて全体をメッシュ変形しただけです
    ただ派手さ可読性の両立が非常に難しかった




    ・そのつぎ

    かわいい

    この辺はシンプルですね
    右下の円形の色々はこの辺聞いてたら自然と浮かびました
    なので語ろうとしても無理です
    センスだよ、センス




    ヤッホー!

    素材集めしながらどこかで入れたいと思っていた茜ちゃん多重影分身
    合いの手的にここがベストという判断になりました
    左の方に見慣れた下半身が…




    ・あかねちゃん速報


    本作の目玉ですね
    自らを天才野々原茜であると確信したのはこのパートを作ったときです

    実は担当パートの希望を取る前に試聴を聞いた時点で思い浮かんでたネタでした
    なので具体的な脳内プロットが出来たのはここが一番最初です

    ・ラップ部分をニューステロップに見立てる
    ・ラッシュ感を茜ちゃんメーカーで表現
    茜ちゃん人形の暴走を思わせる映像のブレイクで次の低速(?)パートにつなぐ

    というやりたい事やるべき事
    そして求められているであろう事が奇跡的にマッチした表現が一瞬で脳内に組み上がりました
    最高に気持ちよかったですね
    もっと褒めてくれてもいいんだよ


    ちなみに茜ちゃんメーカー部分はプレイ画面の録画ではなく、
    分解した画像素材を組み直してパーティクルなどを駆使して再現したものです
    一番手間かけたかもしれない







    モン・サン=ミッシェルです




    ・ウシロ


    野々原茜の醍醐味の一つである背景芸です
    これも是非取り入れたかったネタです
    特にスクショの雪だるま破壊は一番好きな絵なので絶対に入れたかった

    シンデレラガールズ劇場などでもよくある背景でモブみたいになってる子が死ぬほど好きなので、これが僕が野々原茜に惹かれる一番大きな要因かもしれませんね
    若干納得いかないけど




    ぜんぜんわからない

    これもかなり早い段階で決まってたネタです
    あかねちゃん速報とほぼ同時だったかもしれない

    元ネタは「俺たち株の初心者!」「インベスターZ」のコラボ漫画の一コマですね
    一時期Twitterに溢れかえっていたネタなので知ってる方も多いかと思います
    パロディなんだから伝わる前提でやってるでしょ普通

    【株の知識ゼロ】バカが考えた株の漫画

    しかしあの絶妙な無の表情は僕の画力では再現しきれませんでした…
    トレスも考えましたが、合作の趣旨的にパロディ色が強くなりすぎるのもイマイチかなと思ったのとカワイイ成分が足りなくなりそうだったので普通に描きました

    セリフが途中でぶった切られてるのは仕様です


    全文はこちらです
    律子さんに怒られたときとかに使うといいよ



    ちなみに…




    どうにも顔のバランスが悪いなと思っていた部分なので、メドレー版から多少修正しています
    やはり画力が足りない
    見比べればよく分かるかと思いますが、左がメドレー版右が単品版です
    さらにかわいくなったでしょ

    ついでに背景芸茜ちゃんもそれぞれ切り抜いて少し目立つように編集してあります




    Sabi dayo…

    静止画メインだとどうしても現行タイトルであるミリシタの要素が少なくなるので、
    ロード画面ネタを入れるのも割と早い段階で決まってました
    目に入れても痛くないけどほんとに入るとやっぱり痛いよ




    ・やりたいこと

    まだまだやりたいことあるもん

    追加パートその2
    サビ前のこのフレーズ、実は試聴の時にここが一番楽しそうだなと思ってた部分でした
    なのでメドレーの音源ではカットされていたのがちょっと残念でした
    尺やテンポ感などを加味すれば妥当なカットだと十分理解してはいますが…

    単品上げるときは絶対ここを追加してやるぞという気持ちだったので、
    ここで追加作業するなら他のフレーズ追加修正の類もやっとこうかと思った次第です

    正座茜ちゃんの差分はもちろん自分で描きました
    主に髪が難しかった。大事なチャームポイントだからね





    ここもイントロの追加部分と同じく使えなかった立ち絵を存分に突っ込んでいます
    こっちはどちらかというと「使い所が難しかった」立ち絵が中心ですね
    立ち絵ラッシュの最後3つは周年ライブイベのものです





    わいさ





    ・ここがサビ


    お待ちかねのサビタイムです
    考えるな、感じろを全力でやってるので語れることはあんまない気がします
    この辺がある意味で一番いつもどおりのヤマダリオンP作品だと思います




    人生





    友情出演の双海真美さんです
    おつかれ




    うたえ!

    この顔使わないわけには行かないでしょ





    ミリシタダンスシンクロパートです
    僕はこういったMADを作る際のダンス素材は自前で用意するポリシーなので、
    これも現在5年目に突入した愛用のiPhone 5sでのキャプチャーです

    一応60fpsで録ってはあるんですが、如何せんマシンスペック等環境の問題でどうしてもフレーム飛びが目立ったのでフレームをズラしていくつか動画を重ねています
    ややぼかしがかって見えるのはそのためです
    スクショでも頭のあたりに1フレーム前のバックショットの右腕が見えてます
    (あんまりひどいので自前はやめようかとも思ったんだけどニコ動上には目当てのが上がってなかった)

    ダンス自体はBPMを合わせた『恋のLesson初級編』の垂れ流しです





    ここの「なんだか」指差しが欲しかったので、
    それっぽいフリのある曲をいくつか吟味した結果これになりました

    指差しのタイミングを合わせたら全体的にいい感じになったのでそのまま弄ってません
    手を抜いちゃダメだよプロちゃん



    コメントでもツッコミがありましたが、茜ちゃん以外の人選は天然サンド+亜美真美です



    ほとんど映ってないやん







    笑えてきたでしょ

    制作中にSSR実装すんのやめて欲しい
    入れるしかないじゃんそんなの
    最高だったでしょ?


    このMADも1年半ほど前から続いていた
    「ヤマダリオンがニコマスの企画で採用しているアイドルに公式で何か動きがある」
    というジンクスの餌食になりました
    勘弁してほしい
    たぶんこないだのSHUZO M@STERで一段落したと思うからもう大丈夫だと思うけど





    ・おわり

    追加パートその3
    つっても1,2秒程度ですけども
    フルで聞いてからはここがないと物足りなくなってしまったので…

    ちなみに冒頭のハワイ語文と同じフォントです
    Gill Sans Ultra Bold Condensedっていうらしいです

    ついでに歌詞とかの日本語フォントは大体ふみゴシックです





    「一体何が来るのか見当もつかない怪しげなシルエット」ふたたび
    どうも近頃最初と最後に同じ演出を仕込むのが好きみたいです




    You are welcome.

    ここもメドレー版から2倍の長さになっています
    次に続くパートが無いので余韻を足した形です

    先述のように立ち絵カードイラストメインの静止画MADをやる以上、
    ミリシタよりはサービス終了してしまったグリー版の方にある程度イメージが寄って行きます
    それでも一部で特異点と言われる野々原茜だからこそ敢行できたわけです

    そんな野々原茜の内包する特異点たる所以であり、
    世界の境界とも言える茜ちゃんメーカー宇宙で〆るのはある意味必然でした

    このブラックホールは一つの確かな終焉でもあり、
    その意志を継いで続いていく新しい未来へのゲートでもあります


    追加した真ん中の文章は…まぁ、なんというか
    茜ちゃんならお礼を言われるより先に「どういたしまして!」って言いそうだなって
    担当P各位からは「茜ちゃんはそんなこと言わない」等異論があるかもしれませんが…


    2つのユニバースをつなぐ野々原茜が、双方向に放った素直な感情です
    という解釈です
    解釈違いは許してほしい









    ここと最初の「ちゃ」地帯のポップコーン人形で使っているのは、
    エルシャダイ物理演算界隈でお馴染みの「AviPhysics2D」です



    ユーザースクリプトの常としてブラーなどの重い処理をプレビューした後だと挙動がおかしくなったりとかバグはありましたが、
    イージングで擬似的に作った動きよりずっと自然でいい感じになりました

    作者の微熱氏には感謝ですね
    ソービスター合作めっちゃ好き。何回も見てる


    内容の具体的なお話はこんなところでしょうか
    例によって制作時の記憶を頼りに…と言った感じなので抜けは確実にあります
    「ここはどうなん?」とかございましたら直接どうぞ




    ・楽しかった

    あかねちゃん速報を始めとしたネタや展開の数々、
    近頃スランプ気味だったというのに本当に驚くほどスムーズに浮かんできて、
    まるで自分じゃないかのようでした

    言うなれば野々原茜のやりたいことがわかる」って感じでした
    「俺は野々原茜だった…?」という錯乱の第一段階ですね


    そんな訳で、茜ちゃんと僕の感性に近いものがあるのではと感じたのは事実です
    にわかのくせに生意気なとか思われるかもしれませんが、全く同感です。なんでしょうねホント

    とはいえ非常に楽しく作れたので、見る方々にもそれが伝わっていれば幸いです



    あ、最後に一つだけ小ネタを
    動画中にはたくさんのカードイラスト(立ち絵)が使われていますが、
    基本的に同じ絵は2回使わないようにしています

    序盤とサビで出ているバニラHNのようにシルエットでの使用は別にカウントしていますが、
    実は1つだけ、シルエットではなく普通の表示で2回使用しているイラストがあります

    気になったら是非探してみてください(もしかしたら見落としてるだけで1つじゃないかもしれないけど)





    それでは

    いつかまた会おう!



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。