ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 100アクセス突破とか

    2014-02-07 22:03
    ドーモ、コクドーです。

     もうすぐバレンタインデーとかいうイベントがあるので、それに合わせて曲をうpりたみがあるんですが、残念ながら今の所全く手を付けていないので、まにあわん模様です。これはとても哀しいことだ。私もイベントごとに乗っかりたい。

     さて、Project 7even公式サイトのアクセス数が、数日前に100を超えました。
     いやはや、毎日少しずつ見て下さってる方がいらっしゃるということですね。有難いことです。今後も200アクセス、300アクセス、777アクセス、7777アクセスと順調に伸びていってほしいものです。
     古の時代のホームページのように、100アクセス記念に何かやりたいので、もう少し待っててくださいね。

     それはそうと、通販で送り出したCD達、無事人の手に渡っていっているようです。感想を寄せて下さった方もいらっしゃって、私は大変嬉しいです。
     しかし心配もあります。満足してもらえたのだろうか? 何回も何回も繰り返し聴いてもらえるような作品になっただろうか? ただの一曲でも、お気に入りができただろうか? というか、言いたいこと伝わったかな?
     そういう意味で最も不安なのが、七曲目『はじまりのうた』です。
     この銀盤の最後を締めくくる楽曲なわけでありますけれども、簡単に言うと陰気くさいし意味分かんないんですよね。すごい重要なパーツなんですよアイツは……。
     うん。ちょっとここで、勝手に皆さんにお約束。もし銀盤が50枚世の中に出て行ったら、あの曲に関してもうちょっとお話したいと思います。いつになるか分からんのが悲しいところですけど、気長にお待ちください。

     それではそのうち、オススメニンジャエピソードオーとか軽い更新もしようかなって思ってます。その時まで、カラダニキヲツケテネ!
  • 広告
  • Maxi Project(仮)始動ッ!?

    2014-02-02 22:32
    ドーモ、コクドーです。

     早いもので、1st Project『シャッガイからの昆虫』が世に出てから、2週間の時が経過しております。いやはや、早いような短いような。
     コミックシティ福岡で頒布したり、通販してみたり。様々な方法で……ちゃんとは把握してないんですけど、20~30枚くらいの銀盤が、この2週間で世に出て行きました。でも、まだまだ70~80枚ほどの在庫があるので、もっと通販を通して皆さんに手に取ってほしいですね。
     Twitterで鬱陶しいほど宣伝し続けているのですが、改めて告知しておくと、1st Project 『シャッガイからの昆虫』はProject 7even 公式サイトから注文ができますので、気になる方は是非ご注文下さい。公式サイトから全曲試聴もできますよ!

     さてさて。
     完成した銀盤がどこへもらわれていくか気にするのももちろん大事なのですが、いつまでも過去の銀盤ばかり見ているわけにもいきません。Project 7evenは前に向かって進まねばならないのです。そう、2014年5月25日(日)に催される同人即売イベント、コミックシティ福岡35に向けて。
     とはいえですよ。コクドーは前銀盤で、現在抱えている強い怒りや哀しみといった感情をあらかたぶつけてしまったのです。私も100円入れれば曲がポンと出てくるマシンではないので、「もっと1st Projectみたいな曲を作ってくれよ!」と言われても、ちょっと今すぐ出せるかどうか難しいところです。
     私がそれ以外で曲を作るとしたら、何がいいかなぁ。また7曲とか作るのは大変かもしれないから、ちょっと休憩のつもりで3,4曲くらい作ろうかな。ニンジャスレイヤーの曲も作りたいし。むしろニンジャスレイヤーのCD作るか? いや、需要がニッチ過ぎるか……でも無理矢理作ってもモチベが上がらないだろうし、何か好きな曲を作りたいなぁ。
     私の好きなこと……うーん。そういえば私、サンホラとかラプソみたいな物語音楽が好きだなぁ。そういう曲を作ったらいいかもしれないなぁ。おっおっ、それいいんじゃない? Project 7evenの次回作は物語音楽CDかな?
     うーん、でもどんな物語にする? どんなお話が好きかなぁ、コクドーの好きな感じのお話……昔どんな物語の音楽作ったっけ……ひいろお……いやいやいやいやいや。あ、そういえば私おねショタとかレズものとか好きだな。
     ……あっ(察し)

     Project 7even 1st Maxi Project『タイトル未定(仮)』
     5/25(日)コミックシティ福岡35にて頒布予定……。


     乞うご期待。
     それでは、カラダニキヲツケテネ!
  • 通販始めました

    2014-01-25 10:27
    ドーモ、黒道Pです。

     よ~やく皆様にお知らせができるようになりました。
     Project 7evenは、1st Project『シャッガイからの昆虫』について、遂に、通販受け付けを開始しました!
     イベントで「今はちょっと資金が無いからやめとこうかな」となった方、試聴時は「別にいいかな」と思ったけど後から段々欲しくなってきたような気がする方、気になるけど福岡のイベントとか遠すぎて参加できんのじゃアホー! という方に朗報であります。
     封筒代とか送料とかがあるので、イベント頒布価格より高くなってしまいますけれども、冷静に考えるとわざわざ予定を空け福岡までやって来てコミックシティ福岡に一般参加し私の所へ直接会いに行く手間やお金を考えれば問題ないという暴論をぶちかましておきます。
     ご注文は簡単。Project 7evenの公式サイト http://project7even.net にアクセスし、左メニューの『通販』のページに書いてある指示に従えば良いのです。

     何? 1st Project『シャッガイからの昆虫』とは何か?
     そんな方はこの動画をご覧になると良いだろう……。



     これは、Project 7evenが先日の同人即売イベントで頒布したCD『シャッガイからの昆虫』のクロスフェード動画である。
     シャッガイからの昆虫といえば、惑星シャッガイよりやって来て人間の脳を乗っ取る鳩ほどの大きさもあるおぞましき怪物であり、無慈悲なる白痴の魔王アザトースを信仰していることで広く知られている。しかしこれはそんな昆虫達のための銀盤ではない。むしろ、彼らに従わない、もしくは従えないことによって苦しめられ、戦うこともできず、あるいはその力すらも持っていない者達のための銀盤だと言える。
     イラストレーションははるさんことharu_283(ゆめぐP)が担当しており、CDの持つ邪悪パワを、可愛くて美しく、また狂気的なアトモスフィアで表現してくれおり、凄い。

     そんな事を言われてもよく分からない?
     ならば、 http://project7even.net へアクセスしてみよう。
     まずは左側のメニューから、『銀盤』を選択。そして、「1st Project『シャッガイからの昆虫』」と説明書きのされた、はるさんによるイラストレーションをクリックするのだ。すると、なんということだろう、全曲試聴が可能なのである。もちろん曲の最初から最後まですべて聴けるわけではないが、一曲目『おわるせかい』二曲目『シャッガイからの昆虫』はフルで聴くことができる。なぜなら、ニコニコ動画に既にアップロードされた楽曲だからである。

     ここで「既に無料で聴ける楽曲に金を払うのは嫌だ」という声も聞こえてきそうである。しかしながら、この二曲はCD化に合わせ少し内容が変わっており、また違った楽しみ方ができる。それに、前後に別の楽曲が来ることにより、感じるアトモスフィアも異なるはずだ。あるいは楽曲をCD全体を構成するひとつのパーツとして捉えると、意味合いが大きく異なってくることすらあるのだ。

     また、これは何度でも告知が必要な事象なのだが、このCDには歌詞カードが付いていない。これは別売りによる暗黒メガコーポの搾取構造のなんかとかではなく、予算の都合でそこまでする余裕がなかったのである。
     では歌詞は聴き取るしかないのか? そうではない。CDを手に取ったあなたは、まずケースを開ける。そうしなければCDを聴くことはかなわないだろう。そして、ジャケットの裏側、クレジット部分を見る。ボーカロイドやはるさん、そして私の名前の下には……URL!
     そう、このURLを決断的にアドレスバー入力メントすることによって、アナタは歌詞をDLする権利を得るのだ。しかも歌詞は、全てノートに手書きしたものをスキャナで取り込んだものである。美しく整った歌詞カードが作れなかったコクドーは、せめてそのアトモスフィアを表現したいと考え、このような手法をとったのであった。

     さあ、聴く準備はすべて整った。素晴らしい出来だと思ったにせよ、聴くに値しないブルシットであったにせよ、アナタは何かしら感想を言いたくなるに違いない。アナタはツイッターをやっているだろうか? ならば、ハッシュタグ『#shaggai』で感想をツイートすると良いだろう。これは『シャッガイからの昆虫』の感想のために用意しされたタグである。一応調べたがクトゥルフ神話における『シャッガイからの昆虫』に関するツイートをこのタグで流している人は一人たりともいなかったので、多分使ってもOKだろう。
     これにより何が起こるか? まず、感想が私の手元に届く。称賛であればそれが私のモチベーションにつながり、次回作の誕生が早まる可能性がある。逆に酷評であったならば、コクドーは沈思黙考を始め、どのようにすればより気に入ってもらえるか、あるいは気に入られることと我を貫くことはどちらが大切か考え始めるだろう。いずれにせよ、私の創作に必要なパワが補充されるというわけである。
     また、あなたのフォロワーは、きっとアナタのツイートを見ているはずである。アナタが『シャッガイからの昆虫』について何かツイートすれば、フォロワーのうち何人かは気にするはずだ。「なんだこれは? クトゥルフ神話生物の名を冠したCDがあるぞ?」そういう人が次のリスナーにつながる……人の輪の温かみな……未来への飛翔……。

     ……何の話してましたっけ?
     そう、通販が始まったんでした。Project 7even 1st Project 『シャッガイからの昆虫』はの通販を受け付けています。多くの方に聴いていただけると嬉しいです。ご注文は http://project7even.net の『通販』のページから受け付けております。どうぞよろしくお願いします。
     今回は以上です。それでは、カラダニキヲツケテネ!