• FPS視点で、よりリアルなルカさんとの生活シーンを ~静止画編~

    2020-06-15 23:02
    初めての技術的(?)な備忘録です。
    2D、3D関係ない形でやっていきます。
    静止画編と題していますが、動画編はいつ作るかはわからないので念の為←

    ここ1,2年、筆者はマスター視点での巡音ルカの静止画ってのを作ってます。
    文字通り、マスターの目線で見たルカさんのイラストですね。
    要は、見た人にマスターになったつもりで見てもらおうと♪
    これにより、よりリアルにルカさんと対面してる効果を出そうと言うわけです。

    そもそもこの形で描こうと思ったきっかけは、
    レインボシックスシージ(以下R6S)とバイオ7なんですね。
    ゲームの詳細は割愛しますが、両方のゲームの特徴として
    FPS視点であることが挙げられます。
    つまり、主人公の目の位置がカメラ視点となっていて、
    よりゲームへの没入感を出そうと。

    で、これを応用すれば、よりリアルにルカさんと交流してる感じが出ると笑


    では実際に具体例を挙げていきましょう♪
    やはりこれで効果が出やすいシーンの1つと言えばデートシーンですね笑
    それを踏まえて最初に作った静止画がこちらです。




    アイコンの元になったイラストです。
    カフェでのデートを想定しています♪
    マスターはルカさんの正面ではなく、90度の位置で座っている設定です。
    これによって、ルカさんとのそれなりの距離の近さも表現できるわけですね♪
    コーヒーカップなどがないのは、注文したばかりってことでご愛嬌←


    個人的にこれはこれで成功ですが、
    単純にこの方法だけではルカさんが毎回中央の構図になってしまい、
    色々と制約も少なくないですし、ややもするとありきたりになってしまいがちです。
    動画なら作中で主人公は動くため、いまどこにいてどんなシーンかまで
    別々に表現できますが、静止画では1枚ですべてを見せねばなりません。

    ちょっと話は変わりますが、そもそもFPS視点とはなにかという話。
    大抵のイメージだと顔の向いてる方向の景色ですかね?
    しかし人間ってのは瞳自体を動かすこともできます。
    するとFPS視点てのは、主人公はずっと瞳の位置は固定...?

    話を戻しまして。
    では、誰かと横並びの位置で会話をしているシーンを考えてみましょう。
    この時、隣の人と会話する時は目線だけ隣の人を見て話すときと
    顔を確り向けて話す時があるわけです。
    そこで前者の、目線だけを合わせていると言うシーンを利用します。




    今回はセレさんの静画から。
    マスターの顔は画像の向きで、瞳だけセレさんに向いていると言う設定です。
    故にセレさんは前画像と違い、左側に寄った構図となっています。
    これによって、今2人がどこにいるかと言うのを表現しながら
    2人のやり取りも表現できるわけです(^o^)


    最後にもう一つ、FPS視点を最大限に活かせる作例をご紹介♪




    ポッキーゲームです笑
    FPS視点にすることで、距離の近さ、ポッキーの近さ、そして頬に添えられた手も
    よりリアルに捉えることができます。

    是非皆さんも試してみてください笑



    【2枚目の画像のお借りした素材】
    蒼髪P様
    ・私服パーカーセレA
    ula様
    ・底辺508式『鏡音レン』
    げん様
    ・つみ式改変緋惺ver袖ひちて
    おかだ様
    ・VRoid_青年_Tシャツ
    金子卵黄様
    ・キオ式CUL振袖
    キャベツ鉢様
    ・夏の和菓子セットver1.0
    ・和菓子セットver2.0
    ムムム様
    ・清水風

  • 広告
  • リスナー活動 ~マイリス等編~

    2020-06-09 21:51
    さあ、3日位空いてしまいましたが笑
    今回は前回の記事の続きみたいなものです。
    前回の記事を読まないとよくわからないこともあるかもしれません。
    リンク貼っておきますので、「しゃーない。読んだるわ。」と言う
    心優しい方は是非読んでみてください(^-^)

    リスナー活動 ~視聴記録編~
    https://ch.nicovideo.jp/projectlukanescence/blomaga/ar1908542

    さて、今回のテーマのマイリスですが、
    前回書き記した視聴記録と密接な関わりがあります。
    筆者の視聴スタイルは、記録を取ったと同時に
    マイリスを付けていく形ですからね♪
    これはマイリスだけではなく、静画のクリップないしは
    他動画・イラストサイトの再生リストやブクマも同じです。
    イラスト関連だけリストの付け方が時系列ではないですが、
    基本的な使い方に対する考え方は変わりません。

    視聴記録だけ取っていけばいいかもしれませんが、
    やはり再生リストなどでダイレクトに視聴したかを確認できたほうが便利です。
    メモ帳ではどうしても、曲タイトルコピって検索フォームに突っ込まなければ
    視聴したか分かりませんからね(^_^A
    但し、どこのサイトにもマイリスとかブクマ機能があるとは限りません。
    極端な話、CDもそうですね。その点でも、別途メモ帳に記す事は有効と考えてます。

    尚、マイリスを付け始めたのは、視聴活動を始めて大分経ってからになります。
    活動始めた時はあまりマイリスを付けることを意識してなかったのと、
    当時はまだ一般会員だったので、マイリスできる曲数も限られてたのです。

    そしてそこからがちょっと大変です。その日聴いた曲と2012年からの視聴曲の
    マイリス登録をほぼ同時進行でやるわけですからね。こんがらがる可能性もあると笑
    工夫して無事に付けることはできましたが、そんな経緯があって、
    マイリス開始月のあるフォルダはメモ帳とちょっと順番が違ってたり...(^_^A

    視聴記録にしてもマイリスにしても見返してみると、
    「ああ、あの時にこの曲聴いたんだな」と、何だか感慨深いものがあります笑
  • リスナー活動 ~視聴記録編~

    2020-06-05 21:57
    今回の記事は前回の続きではなく、
    筆者のリスナーとしての活動について綴っていこうと思います♪

    ルカ歴その2(仮)でも書く予定ですが、2012年開始早々から
    ルカ曲を本格的に聴き始めることになりました。
    ところが、2週間位経った後にあることに気づきます。

    何かにメモってないと後で聴いたかどうかわからなくなってしまう

    知っての通り、ヴォカロというのは全世界にプロデューサーがいるようなもの。
    つまり発表された曲数は天文学的数値となり、
    あとで「この曲聴いたっけ?」となる可能性がある。
    記録を付けてれば、「あ、この曲はこの時聴いたのか」と思い起こせますね♪

    そこで最初はmi◯iの日記に聴いた曲をメモし始めます。
    メモ帳にもバックアップも兼ねて付けていました。
    なお、管理が煩雑になるなどから、数年後には
    メモ帳一本での記録スタイルに変更しています。

    この時の案は後ほどになって大いに役に立つようになります。
    当初はニコ動のルカオリジナル曲だけ視聴していましたが、カヴァー曲、
    3D動画(MMDなど)、イラスト、曲単独(CD含む)と、ヴォカロを楽しむ方法が多彩となり、
    更にはY◯UTUBE、piapr◯、pi◯ivなど、閲覧するサイトも複数となる今日では、
    一括管理が可能なメモ帳での記録が大活躍となっています♪

    ルカ生などヴォカロの生放送においても、こちらの記録が生かされていますね。


    視聴記録一覧図。

    こちらの画像ではルカオンリーのしか写ってませんが、
    実際にはルカオンリー、ルカとデュエット、ルカ以外、と
    3種類に分けてメモを取ってます。

    余談ですが、ルカルカ★ナイトフィーバーなど2011年以前にも数曲視聴しており、
    覚えてる分だけですが後ほど確りメモっています笑