【ニコ動統計】2018年1月~3月のpickupタグ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ニコ動統計】2018年1月~3月のpickupタグ

2018-04-23 01:00

    2017年12月の記事、2018年1月~3月の月間タグtop50にも記載しましたが、3ヶ月に1度、いくつかのタグをピックアップして、動画数などの推移を見ていきます。
    この記事は、2018年1月~3月分の第1回目です
    2018年1月~3月の月間タグtop50:ar1480051

    今回、pickupしたジャンルは【アニメ】【ゲーム】【バーチャルYouTuber】【VOICEROID実況プレイ】の4点です


    【備考】
    掲載しているグラフのうち2017年分は2018年1月時点の現存動画数、2018年1月~3月は翌月頭の現存動画数です。

    【アニメ】
    2018年冬アニメで話題を掻っ攫った「ポプテピピック」ですが、動画数の傾向では初動型の傾向でした。
    1月から1000動画の好スタートを切り、2月、3月にも「POP TEAM EPIC」や「ボブネミミッミ」など話題を展開したものの、動画数は減少に展じていました。
    1000動画というのは昨年の「けものフレンズ」のピーク時(2017年3月)の1/3にあたります。

    逆に2番手の「ゆるキャン△」は2月、3月と月が経つにつれ、動画数を増やしているのも特徴でした。

    【ゲーム】

    この3ヶ月間では、2018年1月リリースのMHW(モンスターハンターワールド)が一番の話題で、2月に2200動画となっています。
    この量は昨年のSplatoon2 のピーク時(2017年8月)の2/3です
    他には、「地球防衛軍5」や「星のカービィ スターアライズ」などが動画数が多かったです。

    【バーチャルYouTuber】

    ニコニコ動画では2017年12月に突如流行をしたバーチャルYouTuberですが、その勢いは留まることを知りません。
    2017年12月に300動画を超え、年明けの1月には1000動画、また3月には1800動画を超えています。3月には「にじさんじ」というアプリの動画数も月600本弱になってきました。

    バーチャルYouTuberの動画数は増えているのですが、その中は・・・




    2017年11月までは「キズナアイ」が数十本ペースであって、12月に350本、1月に400本近くまで増えるのですが、2018年2月以降200本ペースになっています。
    2018年1月では「ミライアカリ」、2018年2月は「電脳少女シロ」と、動画数上位順では毎月上位が入れ替わり、激しい状態になっています。
    また2018年3月は、他のバーチャルYouTuberの動画数が落ち着き、一方で前述の「にじさんじ」の「月ノ美兎」が350本と増やしてました。

    今後も動画量は入れ替わりが激しいのか? それとも「初音ミク」みたいな代表が登場するのかは注目すべき点です。

    【VOICEROID実況プレイ】


    2017年12月にリリースされたVOICEROIDの「紲星あかり」(きずなあかり)を使った実況プレイについて、注目してみました。

    昨今のVOICEROID実況プレイでの主役は「結月ゆかり」で、月1800本弱の動画数です。
    2番手は混戦で、最近は「琴葉茜・葵」と「東北きりたん」の2番手争いとなっています。
    「弦巻マキ」は2017年初頭は2番手だったのですが、最近は4番手に下がっています。

    その中で「紲星あかり」はリリース2ヶ月目の2018年1月には動画数が「弦巻マキ」の水準まで来ています。
    動画数が伸びて「琴葉茜・葵」と「東北きりたん」の2番手争いに割って入るのか、注目です。

    「紲星あかり」(きずなあかり)はVOICEROID。
    「キズナアイ」と「ミライアカリ」はバーチャルYouTuber。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。