ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

記事 11件
  • 人より1時間早く起きて3時間遅く寝る

    2013-02-25 01:07  
    これ、岡田斗司夫氏がプロデューサーになりたいという質問に対する回答。詳細はこちら↓【ブロマガ限定放送レポ】「プロデューサーになりたいんです」に岡田マジ回答この記事でも書いてあるんだけど、プロデュースって仕事は誰かに教えるの中々難しい。おれもバンドを10年運営してきて、レーベルも自主で立ち上げて色々やってきてるのだけど、じゃあ具体的にどうするのか?というのは言えない。で、タイトルの人より1時間早く起

    記事を読む»

  • 自分の能力を活かす

    2013-02-21 00:21  
    今日偶然に知り合いに会った。彼は両親ともにイギリス人で、見た目完全にイギリス人なのだ。幼い頃から日本語はペラペラだがもちろん家での会話は英語なのでネイティブスピーカーだ。そんな彼は高校生の頃にはバンドをしており、その後音楽系の学校に進学していた。高校生最後のライヴはおれも観に行ったのだけど、今日までほぼ連絡もなく。偶然今日会ったのである。学校で研究していた音楽の話等聞いていておもしろかった。もとも

    記事を読む»

  • ひろゆき氏が辞めるという話

    2013-02-19 00:58  
    あらら。って感じです。ちょっと前からひろゆきさんのブロマガは読んでましたが、明らかに身内(社内)に対しての発言が多かったように思ってましたけど。結局、質を維持出来なかったこと、質の意味を共有出来なかったこと、そして場の成長をコントロールしようとする流れがもうダメだったのかな、と。個人的にニコニコという場所はホントに希有な場所だと思っていて、こんなに雑多な人が、しかも沢山集まる場所ってもうないと思う

    記事を読む»

  • インフルエンザになりまして

    2013-02-17 18:23  
    またインフルエンザに罹ってしまった。もうほんと毎年のようにインフルエンザに罹っている。ここまでくるとインフルエンザ慣れしてしまい、検査なぞせずともあ、これはインフルエンザだな、インフルエンザ特有の症状だな、とわかるようになる。インフルエンザと言えば、急な発熱、それに伴う寒気、関節の痛みなのである。2日前、私は我らがPSYCHO kui METALLICSの新しいフライヤー(チラシね)をライヴハウス

    記事を読む»

  • 私の好きなヘヴィメタル

    2013-02-12 22:59  
    今から10~15年程前。メタルという単語はとにかくダサいものとして扱われていた。私が中高生の頃は特にその傾向が強かったように思う。グランジがメインストリームとなった90年代始め。一つ前のムーヴメントであったヘヴィメタルは当然ダサいものであった。しかし94年にカート・コバーンが自殺を果たした頃にはグランジムーヴメントも沈静化しつつあった。グランジの衰退と時期を同じくしてちゃんと新しいメタルはシーンに

    記事を読む»

  • 強さを知り、弱さを知る

    2013-02-09 23:40  
    人は成長する。日々、刻々と成長してゆく。しかし最近思う。成長とは、自分を知る過程であると。決して自分という根本的な部分が変化するわけではないと。思っていたよりも自分は強く、そして思っているよりも弱いことを知ってゆく。人は自分が一番見えないのではないかと思う。他人のことならわかるのに、自分のことになると見えない。前も後ろも横も上も下も見えているのに、自分の足下は見えない。どんなに客観性を持ち込んだっ

    記事を読む»

  • ギラギラした頭のおかしい人達

    2013-02-08 20:27  
    PSYCHO kui METALLICSを直訳するとこういう意味です。ただ、おれらはこの意味で使ってるわけじゃないですけど。何かしっくりきますよね。自分達以上にギラギラしてる人もいるし、アタマおかしい人もいるけど、自分達以上にギラギラしててアタマのおかしい人はいないと思うんで。名前の由来を聞かれることが多いです。そして意味を聞かれることも多いです。さらに名前で誤解されることも多いです。なんでPSY

    記事を読む»

  • いなくなるということ

    2013-02-07 22:50  
    京都から音楽を発信してるバンドは沢山いる。メジャーでもインディーでも。みんなが知ってるような有名なバンドも、自分にとってはそう遠くない先輩だったりするし、話を聞く機会も多い。でも、やっぱりライヴハウスで頑張ってる直の先輩が一番身近なわけで。我々サイコキはなんやかんや10年やっているので、バンドの終わりを看取る機会も多々あった。本気で音楽をやってきた人が音楽から離れていくというのは、とてつもない決断

    記事を読む»

  • 右脳的左脳的

    2013-02-05 23:41  
    アート、芸術的な分野はいわゆる右脳的な分野だと思われているのだけど、音楽に限らずアート、表現は右脳的な側面のみで発展してきたわけではない。殆どの分野に通じることだが、まず原始的なスタイルが出来上がる。新しい表現を、とアーティスト達が切磋琢磨していく中で新しいスタイルは生まれてくる。原初の姿はその前の形と違いが殆どないのだが、エポックメイキングな革新がそこにある。大事なのは、それ自体は右脳的に発生し

    記事を読む»

  • 可能性と完結

    2013-02-04 02:57  
    記事書いたに全部消えた。やる気が失せたぜベイビー。まぁガンダムの富野さんのインタビュー読んで思ったこと書いたのだけど。要は今の30前後の世代が消耗しきってしまって安易な選択をしてしまい、結果それが後進に夢をみせることができずに可能性より完成することを良しとしてしまってるのではないかってことを書きました。可能性に賭けるってことは、自分をギリギリまで絞るってことですよ。もっかい自分の可能性と向き合う必

    記事を読む»