ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【マイコレブロマガ】マイコレ大会 PS2 大人向けオススメ選 Pt.2 あとがき
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【マイコレブロマガ】マイコレ大会 PS2 大人向けオススメ選 Pt.2 あとがき

2016-03-27 21:50

    はろはろ~。ぷるぷるアヒルちゃんです。

    予定より投稿に一日遅れましたが、まぁ想定の範囲内という事で。
    この調子で次もいきたいもんですね。



    さて、今シリーズは「大人向け」と銘打って作成している訳ですが、
    視聴者の中には

    「これのどこが大人向けなんだ!」

    と疑問を感じた方も少なくないかもしれません。

    確かに対象年齢的にもジャンル的にも、そして内容的にも一貫性がないラインナップだと思います。

    正直これに関しては私も悩んだところでして、当初は年齢制限のあるものと知的ゲームで固めるつもりでしたが、 これではあまりにも華がなく、内容としても偏りが激しかったので、 懐古的要素女性向けという別アングルでの大人要素を追加した訳です。

    残りのマイナーゲームについては・・・私の趣味と大人の金銭的余裕?といった意味合いでしょうか。子供の限られた予算では冒険できないですからね。

    そんな訳で幅広いジャンルからのチョイスになりました。
    まぁとどのつまり、いつものマイコレ大会という事ですな。


    与太話はこれくらいにして、今回もラインナップから。
    (年:年齢制限,知:理解と忍耐,レ:懐古,♀:女性向け,マ:マイナー)


    028 A列車でいこう2001(知)
    029 エンドネシア(知・マ)
    030 オーディンスフィア (レ・マ)
    031 大神(♀)
    032 オズ(マ)
    033 オトスタツ (♀・マ)
    034 凱歌の号砲 エアランドフォース(知・マ)
    035 影牢Ⅱ(マ)
    036 風のクロノア2(♀)
    037 かまいたちの夜3
    038 神業(マ)
    039 ガラクタ名作劇場 ラクガキ王国(♀・マ)
    040 カルドセプトセカンド エキスパンション(知・レ)
    041 餓狼伝 Breakblow Fist or Twist(マ)
    042 ガングレイヴOD(マ)
    043 ガントレットダークレガシー(マ)
    044 GANTZ(年・マ)
    045 ギガンティックドライブ(マ)
    046 機甲装兵アーモダイン(知・マ)
    047 北方謙三三国志(マ)
    048 キラー7(年・マ)
    049 キングスフィールドⅣ(マ)
    050 九龍妖魔学園紀 re:charge(レ・マ)
    051 グラディウス5(レ)
    052 グラディエーターリミックス(年・マ)
    053 クラナド

    今回はマイナー良ゲーが多めかな?

    そうそう、私もつい最近気付いたのですが、オーディンスフィアってPS3とVITAに リメイクされてるんですね。正直まさかって感じですよ。当時は殆ど注目 されてない埋もれた作品でしたから。過去作がクローズアップされる のはファンからしても嬉しい限りです。あと、影牢シリーズの新もすこし 前に出てましたね。アトラスはリメイクや過去の新作に力を入れてるのでしょうか? 個人的にはプリンセスクラウン(サターン)やトラップガンナー(PS)もリメイク してほしいです。

    他では2本目のエンドネシアが独特の雰囲気を醸し出してました。 ゲームはエンドネシア島に飛ばされた主人公の少年がいろいろな謎を解きながら 神様を救出していくというRPG戦闘や経験値という概念がなく どちかというとAVGといった感じですが、全編通じてやわらかいまったりとした 内容なので年齢性別問わず楽しめる作品だと思います。ただ現在ではちょっとプレミア化していて入手が困難なのが難点ですけど。

    あと補足しておく点としては「北方謙三三国志」はゲームではなく ボイス有りの紙芝居であること。とはいえ、DVD2枚組で述べ数十時間の大ボリュームなので三国志ファンなら結構楽しめると思います。話も横山光輝の三国志に に代表される演義ものとは少し違いますしね。BGM代わりに聞き流すだけでも結構楽しめると思います。


    では最後にうp主的お勧めをば。

    今回のお勧めは「ギガンティックドライブ」です。

    ジャンルとしてはロボット操作アクションで、 さながら鉄人28号のようなゲーム
    今作のキモは、いかによいポジションでロボットを操作できるか であり、後に発売される地球防衛軍2のペイルウイングのような 飛行ユニットを装備してビルの上など視界の効く場所を確保しながら ロボットに操作を切り替えてロボット同士の戦いを行という 2段構えのアクションが特徴です。 主人公は3人、ロボットは3種から選択可能でストーリーは ほぼ同じ。TVアニメのような話単位で区切っているので テンポは良いです。 ただ、PS2初期のゲームであって街の3Dモデリングのチープ感は 否めません、それでも、それを補うだけの圧倒的迫力があるので 慣れてしまえば大した問題ではなくなると思います。
    今なら中古で3000円~4000円程度。一時期より高騰してますがそれだけの価値がある名作です。 ちなみに、系統の作品でリモートコントロールダンディもあります。 こちらは本作の元となった作品で、初代PSの隠れた名作です。 興味のある方はこちらも是非。
    尚、PS2版リモードコントロールダンディSFはコナミの別ゲーなので注意が必要です。

    今回はこんな感じかな?
    次回は大人向けらしい?ダークな作品が多めかも。

    それでは今回はこのへんで。

    おやっとさぁでした。またね!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。