• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • booty 伊波ひふみがドSEXYな筋トレに挑戦

    2019-09-15 09:43

    64cf4b_89d65be3eb794ceb84c5e0b40433f8a4~

    桃尻で96cmの伊波ひふみさんが筋トレに参戦。ナントひふみさんは筋トレしている時の肉体の動きが細部までわかる姿で3種目に挑戦した。

     

    ショートヘアなひふみさんなのでポニーテールではなし。ほぼトップレスの二ップレスを着けて、細身の股浅なTバック。ニップレスは輝く四つ葉のクローバー。Tバックも緑で合わせて蛍光色。

     

    筋トレシーンはオールブラックなので、ひふみさんの筋トレ姿がよくわかる。最初の種目は『腹筋』。横から足元から上からと様々な角度でほぼ裸体の腹筋姿を撮影した。ひふみさんは胸もあるので、正にプロポーションが優れた女子の筋トレを透かしメガネで観ている感じだ。ひふみさんが上体を起す度に男子の夢が叶う。

     

     

    「限界筋トレ」では脚の筋力が露呈してしまった。上半身こそ、気力・体力はありそうだが、途中で足が床から浮いてしまった。腹筋は意外にも下半身、特に脚が重要なのだ。足の裏をしっかりと床に張りつけ続ける力と曲げた脚をブレさせない太腿の力。この2つがしっかりとしていないと、上体を起し続けるコトが難しい。

     

     

    トレンドの腹筋女子を狙うならば、脚に着目されたい。

    だが、ひふみさんの必死な腹筋姿は魅惑的なコトに変わらない。




  • Curvy 叶夢の真面目なのにEroい腕立て伏せ

    2019-09-12 20:25
    64cf4b_9ad2de0d99ea45b593ccd151e61f0c67~

    爆乳Jカップで100cmの巨桃尻。括れは上が32.5cmで下が35.5cmと日本人離れしているCurvy 叶夢さんの2種目目は『腕立て伏せB』。膝をつくタイプの方だ。

     

    ここまでプロポーションが良過ぎると何の種目でも絵になる。写真を眺めれば分かる通り、ただの筋トレでソソられてしまう程に美しい。確かにTバックではあるが、イマドキTバックは卑猥ではない。男のふんどしと同じように女の戦闘服なのだ。

     

    にも関わらず、筋トレ1つで観る者を魅了する。これが健康時代の良い女である点を主張したい。何も性的行為を見せるだけが能ではないのだ。その女がもっている努力の結晶に男は魅了される。

     


     64cf4b_5e2c853751c844999cc1a2e158f5a587~

    夢さんの腕立て伏せは膝つきといえども深い。脚の折り曲げもきちんとしていて性格が出ている。残念ながら「限界筋トレ」では回数を重ねるコトができなかったが、一般女子よりも胸も尻も大きいのに平均以上は叩いた。

     


     


     


     64cf4b_c4a33698cf5e49a4a1a5fd13b73fe44d~
    64cf4b_efe39f60a9204f148884e32d755e07ca~
    64cf4b_830cb0e646b34ac79924bc7975933e5c~

    観るべき点は複数。女の背中を美しくする棘下筋(きょっかきん)や広背筋、実るバストに綺麗にラウンドしたヒップ。女の逞しさを示す太腿に、可弱くも感じる脹脛と足首。カメラに向けて見せる笑顔と。ポニーテールにしているので、全てを視認できる。

     


     


     64cf4b_3dc5a040b0bf41a29aa39781454b3404~
    64cf4b_0febdcf10a75401588340a68e982dc3e~

    どんなに優れた衣裳も着る人の身体次第で効果は何倍にもなる。そんなコトを頷かせる一回いっかいの腕立て伏せなのだ。



  • Booty ユウの大胆不敵なTwerk

    2019-09-09 10:55
    64cf4b_6b5f5bd7d78841c781f3123ccba91af8~

    Booty専用企画『Twerk(トゥワーク)』。5人目は圧倒的な括れと96cmの巨桃尻を擁するユウさん。

     

    一言だと、他の4人と比べて大胆さが異なる。

    今回は難易度の高いダンスであるフルのスタンド、膝に手をつくスタンドと、これまた難易度の高いドギースタイルの3種類に挑戦してもらった。

     

    フルのスタンドとは、垂直に立ったままでTwerkに挑戦するというもの。ヒップの神経をそうとうに尖らせなければ支えなしのフルスタンドではできない。ユウさんは腰の前後を利用し、ヒップの弛緩と緊張を繰り返した。ユウさんの容量ならば、しっかりと緩急を視認できる。

     


     


     64cf4b_68b35c859a2549e7a168d08d7e274160~
    64cf4b_7c5d0bd2808b4189b1ed040f4c7b904c~

    スタンドでは全身の反動を利用した。ユウさんは緊張時に強く締め込む。その締め込む力が強いタメ、太腿までも揺らすコトができる。1ランク上だ。

     


     


     64cf4b_8f269084ca964b4a874781a44efbe73e~
    64cf4b_64237462c0984827bfb1b088c3c935a5~

    次がドギースタイル。四つん這いの状態からのTwerkダンス。YouTubeにもドギースタイルのTwerk動画は多い。ユウさんは飲み込みが早く、ヒップと太腿を誘惑的に揺らすコトができた。アジア人でここまでできるBootyは、そんなにいないだろう。

     


     64cf4b_f06f3bca01bf4f61b15b42187b44a597~

    そしてRotation。回転だ。ここでもユウさんの性格からだろうか。大胆に大きな円を描く。まずはスタンドから。左回り、右回りとウェストとの高低差を活かしたダンスを魅せる。慣れてきたらこっちのものと言わんばかりに独特のリズムを創り出した。注目はドギースタイルでのRotation。ランダムなリズムで惑わす。

     

    締まった括れと美しいヒップをもつ女子だけが創り出せるダンス。