北米版FF7:水中呼吸マテリアの都市伝説 - 03. PETITION - Final Fantasy VII (US version), James Elkins, 1997
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

北米版FF7:水中呼吸マテリアの都市伝説 - 03. PETITION - Final Fantasy VII (US version), James Elkins, 1997

2020-01-29 01:25

    直近の研究成果

    ニコニコ動画版


    1. はじめに

    1.1. この記事の目的

     1997 年 1 月 31 日、Final Fantasy VII (FF7) 日本語版が発売。その約 2 週間後、没アイテム「すいちゅうこきゅう」のマテリアが関わる、掲示板に投稿されたデマ文章を起点とした、業界を巻き込む一大騒動が発生しました。その騒動の詳細は、マラリア氏 (@mararia_nico) との共同研究にて明らかにしましたので、冒頭に掲載している動画にてご確認ください。

     話は変わって、この騒動の中心である日本とは遠くはなれた地、アメリカ。FF7 北米版の発売まで、まだ半年もある状況ですが、日本の騒動と同じ時期、さらに同じ没アイテム「すいちゅうこきゅう」のマテリアが関わり、これまた掲示板に投稿されたデマ文章を起点とした、業界を巻き込む一大騒動が発生しました。

     シリーズ第 3 回。今回は、北米での騒動の原因を作った文章である、Ben Lansing 氏が投稿した文章、通称「Lansing Theory」にだまされ、強く共感したことで、騒動の拡大に大きく関わってしまった James Elkins 氏についてご紹介します。

    1.2. 嘆願運動が騒動を拡大

     1997 年 4 月上旬、James Elkins 氏は「Lansing Theory」を読んだばかりに、スクウェアに対し、『未完成で売り出した箇所を北米版発売までに修正しろ』『真の ED のロックを解除しろ』『エアリスの復活イベントを実装しろ』といった主張の嘆願書を作成します。その文章の大部分は、「Lansing Theory」の全文を引用する形で構成されており、彼が如何に Ben Lansing という人物に共感していたのかがわかります。

     個人で作成しただけならまだ良かったのですが、この嘆願書の末尾には、現在の Twitter でいうところの『拡散希望』を打ち出してしまったことが起爆剤となり、各種ゲーム情報を取り扱うウェブサイトや掲示板に対し、同じ文書が拡散します。文書が拡散した結果、FF7 北米版が発売していないにも関わらず、ウェブ上で大きな運動へと発展してしまうことになりました。

    1.3. 嘆願運動の収束とメディア影響

     この後、1997 年 4 月下旬、有名な Playstation 情報発信サイト、PlayStation Gamer の管理者 Joe Chan 氏より、『「Lansing Theory」はデマの可能性がある』として警告文書が掲載、事態は一旦の収束へと向かっていきます。ちなみに、FF7 北米版の発売 1 ヶ月前ごろから、再び「Lansing Theory」をめぐる騒動が激化してしまうのですが、それは別の機会にご紹介できればと考えています。

     また、有名なゲーム雑誌がスクウェアへインタビューを敢行してしまう、なんとも不思議な現象へとつながっていき、ディレクターの北瀬佳範氏、プロデューサーの坂口博信氏まで、回答を求められる事態へと発展していきましたが、こちらもいずれ。

    1.4. シリーズ記事リンク

    北米版FF7:水中呼吸マテリアの都市伝説 - 01. Aerith's resurrection scenario was deleted, Ben Lansing, 1997
     Ben Lansing 氏投稿「Lansing Theory」の原文翻訳です。

    北米版FF7:水中呼吸マテリアの都市伝説 - 02. I HAVE CONFESSION TO MAKE, Ben Lansing, 1997
     Ben Lansing 氏本人がデマだと自白した文書の原文翻訳です。

    1.5. 参考リンク

    (Playstation Gamer) Final Fantasy VII: Info and Facts
     Joe Chan 氏により発信された、嘆願運動への警告記事の原文リンクです。

    2. 日本語翻訳 (嘆願書 - ファイナルファンタジー7 (北米版))

     ネタバレ注意!

     私は、スクウェアが FF7 を焦って発売したことに関する嘆願運動を始めており、北米版で修正されることを願っています。こちらをご覧ください。

     スクウェアソフトは、FF7 日本語版を 1 月 31 日の発売日に間に合わせるために、ゲームが未完成のまま発売しました。Disc 3 に真の ED が見られない状態で入っており、物語の重要な箇所が未解決のままなのです。この情報の詳細は、FF7 を開発していたスクウェアソフトの元従業員である、Lansing 氏から提供されたものであり、Miranda's Cafe Final Fantasy VII というウェブサイトを通じてしりました。

     なんてこった。やりやがったよ。開発中の FF7 の全シナリオをみていたから、製品版が変わってるなんて知らなかったんだ。FF7 の翻訳の仕事の後、変更点がないか実際に確認すべきだったけど、ゲームに飽きちゃってやらなかったんだ。まだ試せるうちに確かめなかったことに、みんな激怒するだろうな。

     この数週間、みんながどうしてエアリス復活に難儀しているのか不思議だったんだ。というのも、僕が翻訳の仕事中にみたシナリオでは、かなり簡単にエアリスは復活できていたからなんだ。これがエアリス復活の手順、その全てだよ。

     まずは、セリフを選ぶシーンで、エアリスの好感度があがるようにゲームを進めていかなきゃいけない。つまり、好感度がさがるような選択は一度でもダメってことだ。シナリオ上で避けられないものは仕方ないけどね (例えば古代種の神殿で、クラウドがエアリスを殴るシーン)。

     あと、ミッドガル伍番街に住んでいる病人についても、エアリスの復活に関係があるんだ。Disc 1 の内に「伍番街ゲートの鍵」を使って病人を訪ねてみる。すると、薬ではなく、イファルナの形見のマテリアを使って、エアリスが病人の具合をよくする。すると、伍番街のみんなが「GENERAL」と呼ぶ人から信頼されて、今にも死にそうな友人である病人のため、買い物を頼まれる。単純なおつかいだね。それから買い物をしてから戻ってみると「GENERAL」にお礼を言われる。他に何か力になれるか聞いてみるけど、もう出来ることはないよと言われる。そして病人の死を目の当たりにすることになるよ。つらいシーンだ :(

     このイベントの後、エアリスが死んで Disc 2 まで普通に進めるんだ。ここで、Disc 1 で手に入れた「伍番街ゲートの鍵」を使ってミッドガル伍番街へ戻ってみると、「GENERAL」から『あのお嬢ちゃんはどうした?』と聞いてくる。セフィロスによって彼女が死んでしまい、もう生き返らないことを伝えるんだ。ただし、エアリスが死んだ祭壇の水底に行けたら、病人の治療に使ったマテリアが沈んでいるから、エアリスが生き返る可能性があるかもともね。すると、「GENERAL」は、力になれるかもしれない、後でまたきてくれと言うよ。この話し合いの後、伍番街の教会にいくと、エアリスの長い幻影を目にすることになる。もし、エアリスの好感度に関わるセリフの選択肢で全て正解していると、クラウドたちを助けるために生き返りたいと伝えてくるんだ。その後、「GENERAL」の元へ再びいってみると、みんなで水中移動ができる、黄色のマテリアをくれるよ。

     マテリアの入手後、行けなくなっている祭壇に再び行けるようになるから、祭壇の入り口にいる「Mr.Fish」にふれる。すると、祭壇の水底に転送されるので、水底にある洞窟の最深部まで進むと、エアリスが持っていた生命のマテリアが手に入る。ブーゲンハーゲンに手に入れたマテリアを渡すと、忘らるる都でエアリスを復活させてくれるから、これで本当の ED が見られるようになるよ。

     まぁ、ED ムービー自体は全部完成してたけど、ゲームのプログラムは全然終わってなかったんだ。だから発売日を 1 ヶ月遅らせることになった (12 月 から翌年の 1 月へ)。ところが、12月の下旬になってもまだプログラムが終わらなかったものだから、スクウェア経営陣は、早く完成させるように指示した。つまり、スクウェアは発売日を守るために、エアリスの復活と真の ED ルートという、奇跡的にゲームが良くなる可能性を犠牲にしたわけだ。具体的には、教会に出現するエアリスの幻影用の透過ポリゴンの制御プログラムが未完成だった。

     開発の締切日を守らざるを得なくなったから、エアリス復活に関するイベントは、未完成のまま開発を終えることになった。だから、エアリス復活につながるヒントがでないように、ある 1 つのアイテムを削除することにした。それが、Disc 1 で入手できる「伍番街ゲートの鍵」。このアイテムの削除によって、エアリスが復活することは完全になくなったわけだ。ただし、伍番街の教会でエアリスの幻影が見えてしまうシーンを取り残してしまったみたいだね。あいにく、馬鹿げたサイズの真の ED ムービーの存在だけが、エアリスの復活のストーリーがあったことが分かる唯一のヒントだ。先ほど述べた、本来の FF7 のエアリス復活に関する手順の情報を除いては、だけど。

     John H 氏と話しているときに、エアリスの復活イベントが削除されていることを知ったんだ。今、私と同じ期間労働者の他のスタッフが、北米版でもエアリスの復活のイベントが削除されるのか確認するため、シナリオを彼から手に入れられないか試しているところだ。きっと、エアリスが復活して真の ED へ到達できることを、セフィロスも望んでるよ。みんながエアリスを復活できずに困っている様子をみて、エアリスの復活のシナリオや手順を公開してもいいか、John H 氏に聞いてみたんだ。すると、発売日の都合でエアリス復活のイベントが削られた話をしてきたものだから、もう心臓が飛び出るかと思った。でも、イベントシーンがいくつか無くなっているけど、GameShark を使ってゲームを改造すれば、まだエアリスは復活できると言っていたよ。もっとも、真の ED ムービーを見るなら、複数ファイルで構成されている正しい ED 用の動画プレーヤを誰かが開発しないと、まだ見られないだろうね。

     あー、あと ED について。ヴィンセントやユフィみたいな隠しキャラクターは、ED で登場する予定だったシーンがカットされていたよ。ED の最後は「THE END」すら表示されない、ひどい仕上がりだったね。これをみて、僕はスクウェアを予定より早く辞めることにしたんだ。彼らにとって大事なのは、ゲームよりも締切や仕事なのだと知ってしまったからね。彼らの心配ごとは金ばっかりだ。

     悲しいことです。ゲーマー達は、何も未完成で発売されたことを知るために、何ヶ月も発売を待っていたわけではありません。スクウェアソフトのファン達は、未完成のゲームを発売したことを知って不満を持つでしょうし、長年の企業の信頼を失うことになるでしょう。でも、まだ希望は残されています!FF7 北米版の発売日は 9 月 7 日であり、スクウェアソフトと SONY が真の ED とエアリスの復活をゲームに組み込むには十分に猶予があります。望む形の FF7 を遊びたいのなら、LElkins131@aol.com までメールを送って、スクウェアが問題を修正するように促すよう、嘆願に参加しましょう。また、この嘆願について友達に署名を促すほか、できるだけ多くのゲーム系のウェブサイトへ、この嘆願のメッセージを拡散してください。

     敬具

     EMAIL: James Elkins LEIkins131@aol.com

    3. 原文 (Title: PETITION - Final Fantasy VII (US version))

    WARNING: POSSIBLE SPOILER!

    I'm starting a petition concerning the rushed release of Final Fantasy
    VII and the hope that this will be fixed in the US version. Here it is:

    Squaresoft, in an effort to get Final Fantasy VII out in Japan on the
    deadline of January 31st, released the game unfinished. The true ending,
    while on the games 3rd CD, has been locked out, and important story
    elements were left unresolved. Information on the details of this have
    been supplied by Lansing, a former employee of Squaresoft who worked on
    the game, which comes to us via Miranda's Cafe Final Fantasy VII.

    "Oh no. They did it. I wouldn't have known, because I had access to the
    full set of FF7 info... but they did. I guess this means that I should
    have actually played through things to see if anything had changed,
    instead of getting tired of the game after translation purposes. I think
    everyone is gonna kill me for my insolence, because I really should have
    played through the game more fully before I said anything to make sure
    it was still possible."

    "Throughout the past few weeks, I, myself, have been wondering why people
    were having such a hard time reviving Aeris, because according to
    everything I saw through the scenario translation process, it could be
    done fairly easily. Here's the Aeris revival process, in full."

    "First off, throughout the game, you must make the logical choice of
    things to say to Aeris to indicate that you like her. You must never
    hurt her in any way by choice. What happens in scenarios, however,
    cannot be avoided (Aeris' beating by Cloud, for instance). Also, with
    the sick man. There is no medicine, but you could have Aeris tend to him
    and make him feel better, by learning about her heritage and returning
    to Midgar in the first CD. By doing this, the "GENERAL" as people call
    him, would trust you, and request you go buy his dying friend something
    from the store. A simple quest. After doing so, the GENERAL would tell
    you thanks, and that if there was anything else you need ever, to ask
    him for help. You then see a scene with his friend dying. A sad scene.
    :( "

    "Now, continue through the game as normal, and after Aeris dies, go on to
    the second CD. Once here, return to Midgar with the key from CD1, and
    the GENERAL will ask you where the nice girl (Aeris) is. You explain
    that she has died, by Sephiros, and that there is no hope in reviving
    her. There would be a chance, but only if you could go deep under the
    waters of the floating castle (where Aeris died). The GENERAL would tell
    you that he thinks he may be able to help, and to come back later. After
    this meeting, you were to go on to Aeris' church, where there would be a
    long scene with her spirit. If you had been nice to her, she would
    express a desire to return to help you. After doing this, return to the
    GENERAL, who would provide you with a Yellow materia that allowed the
    entire group to travel through water. With this, you could return to the
    floating palace, go up to Mr.Fish, and once you touched him, you would
    be transported under water, to a cavern, where, at the end, lay Aeris'
    orb/life essence. With this orb, Bugen Hagen could complete the ress
    process, and you could move on to a happier life with a neater ending."

    "Well, the FMVs were all completed on time, but a lot of coding was not.
    They then delayed the games release by a month (Dec -> Jan). However, it
    seemed that even by late December, the coding STILL wasn't finished, so
    Square told production to wrap it up quickly. In order to get the game
    out on time, SqJP sacrificed what could have been a miraculously better
    game than FF7... The main coding that was not finished dealt with
    manipulating the transparent polygon of Aeris' spirit in the church.
    Since they were forced to wrap production up to meet the many-delayed
    deadline, they had to stop with the Aeris process unfinished. So, to
    keep things from ever happening, they simply removed the one item that
    allowed any hint of the process to take place... The Key to Midgar, from
    the first CD. This completely stopped the ability to ressurect Aeris.
    HOWEVER, they left out the removal of one thing, and that was the
    split-second of seeing the ghost of Aeris once you return to the church.
    Unforunately, this, along with the insanely big size of the ending MOV,
    are the only hints to Aeris' existence that we have. Other than the
    original FF7 scriptline, from which all the above information came."

    "I ran across this info while talking to John H. (another temp like me)
    trying to get some US script from him for our channel's page. Also, Seph
    wanted it. I asked him if it would be alright for me to release the
    script info in an altered form, and to release info on gameplay, such as
    Aeris' death/ress. Then he told me the deadline story, and I almost had
    a heartattack. He said that the process can still be done to its
    completion, sans a couple of scenes, with the Game Shark, but until
    someone develops a MOV player that handles multiple sector files, the
    true ending will not be seen."

    "Oh, and about the ending... There were supposed to be scenes with the
    hidden characters, but things got cut short, so they weren't added, and
    the end of the ending was terrible, without even the typical "THE END"
    in the stars. This makes me wish I had left Square earlier than I did,
    realizing that deadlines and business are more important to them than
    the games. All they care about is money."

    This is saddening. People have been waiting for months for this game,
    only to find it was released unfinished and not as it was intended to
    be. Many long time Square fans will surely be unhappy to know that
    Square released an unfinished game on them, and may lose faith in the
    company. But there is still hope! The US version of Final Fantasy VII
    does not come out until September 7th, which is plenty of time for
    Square and Sony to add the true ending and Aerith's resurrection back
    into the game. If you want to play Final Fantasy VII as it was intended,
    join the petition to urge Square to fix this problem by sending mail to
    LElkins131@aol.com. Also, tell your friends about the petition and urge
    them to sign, and contact as many gaming websites as you can to spread
    the word about this petition.

    Sincerely,

    EMAIL: James Elkins LEIkins131@aol.com

    4. 編集履歴

    ・2020.01.29 投稿


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。