ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【誕生日企画】翼と僕とミリオンライブ【伊吹翼2015】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【誕生日企画】翼と僕とミリオンライブ【伊吹翼2015】

2015-07-30 20:05



    翼、誕生日おめでとう!

    というわけでこっちはなんか遅れ気味だけど当日に間に合えばいいんだよ!!(
    雑な感じですけどこっちもちまちま続けていこうかなーって思ってますよ。
    とにかく表に出すような何かを書き続けることはひとつの成長になると信じて。

    んで持って今回の翼の装備ですが、武器は太刀の「天上天下天地無双刀」
    そして防具はジンオウガの防具「ジンオウ一式」となっております。
    ジンオウガといえばMHP3のパッケージモンスターにもなり、
    最近なんとMHFにも登場したという経歴を持つモンスターですね。
    未だ唯一の「牙竜種」と言う特別な種族で、雷光虫を操る獣に近い感じの竜です。
    これがまた戦ってて楽しいし、加えて言うと装備も格好良いんだな!
    翼はやっぱり露出が大きく、かつかっこよさと機能性全てを兼ね備えたものが
    一番似合うかなとも思いました。
    加えてジンオウガはやっぱりパッケージモンスターとしての知名度もありますからね!
    旧世代モンスターに悠然と立ち向かう、そんな力強さを発揮して欲しい。
    そんな想いを込めてみました。
    どうでもいいんだけど天上天下天地無双刀は制作難度の割に弱いと思うのでそういう現状の残念さも加味した結果(



    ***



    ここから本題。

    伊吹翼ちゃんは、ミリオンライブ信号機の一人ではありますが
    他の二人に比べるとパーソナリティがよくわからないところにあります。
    何でしょうね、モチベーションがいまいちはっきりしないんですよね。
    言葉にしちゃえば「モテたいから」とかそういうことを言うんでしょうけど
    そのために何がしたいかとかそういうのが全然はっきりしてない感じがあります。

    伊吹翼にとって、今このアイドルというのは「大きな遊び場」なのかもしれない、という風に考えています。
    ある意味では星井美希以上の才能を保持しながらも、それを大きな花に開花させる気など無く蕾のままただ水を浴び続ける。
    それをもったいないと、思うのは多分周りなんでしょうけど。
    でも本当に勿体無いとは思うんですよね、そういうところ。

    最近は特に僕は「伊吹翼もったいないbot」みたいになってるところありまして。
    なんというか、あの子にとって「星井美希を目指すこと」って「枷」にしかなってないんですよね。
    星井美希のようになろうとするが余り、あの子自身が行きたい先が、目指すべき星が、何も見えなくなってるところが有るような気がします。
    アイドルは厳しい業界です。後追いだけでは務まりません。
    大事なのは、なりたいと思う心ではなく「超えたい」と思う覚悟なのだろうと思います。
    幸か不幸か、伊吹翼にはそれが出来るだけの才能があるのだと思っています。

    でも、あの子は今遊ぶことが一番誰よりも楽しくて。
    凄く大きな所で歓声を受けるよりも、小さな所でちやほやされるのが多分気持ちいいんだと思います。
    身近で、怖くなくて、力を込める必要もない。
    だってそれが一番楽で、そしてなにより彼女の中にある、「星井美希」の在り方だから。
    正直なところ、実は彼女は「星井美希」を見ながらにして「星井美希」を見ていないという最大の欠点を持っているのですね。
    彼女のバックボーンを一切考えず、アイドルとして楽してるようにみえる星井美希みたいになりたい、というのが彼女の本質なのです。
    つまり伊吹翼の今の目的が本当に果たされることは一生ありません。なぜなら星井美希は、天才であるという絶対の才能に胡座をかくこと無く走り続けた少女なのですから。彼女の本質は何よりも「Day of the Future」なのです。
    そうであるのならば、翼は何よりまず原点に帰らなければなりません。
    「自分はなぜアイドルになりたいと思ったのか」を、考えないといけないのだと思うのです。
    それが星井美希と同様に、彼女にとっての新たなスタート地点になるのです。



    伊吹翼は、紛れも無い天才です。
    ですが、才能は放っておいても成長するものではなく、ただ放置していては枯れ果てるだけです。
    「スタートラインがもう遥かに遠くにある」段階ではありますが、
    それはスタートラインが誰よりも優れているだけで、追い抜かれないということではないのですから。
    彼女にとって最大の目標、星井美希に憧れ傾倒すること自体は悪いことでは有りません。
    ただ、その目標とする先を明確にしない限り彼女は停滞したままです。
    走るべき道を、走り始める準備を、走る覚悟を。
    全てを兼ね備えた時、伊吹翼は「アイドル」として「始まる」のだと思っています。
    そうして初めて、彼女は星井美希を追う資格を得るのでしょう。
    いつかその日が来ることを心から願っております。



    ***



    次回の誕生日アイドルは!



    8/10 高坂海美の誕生日です!

    うみみなぁ。どうしようなあ。
    防具はある程度決まってるんだけど武器がなんかイメージつかん。
    徒手空拳な感じすらするんだよなこいつ(

    とりあえずTENGAみたいな衣装は辞めたほうがいいと思う(
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。