• 動画の振り返り

    2021-01-19 21:51
    チョリーッツ!!

    いつも通り遅い投稿になってしまい申し訳ない…


    ということで気を取り直して
    今回はこの動画の振り返りをしていきましょう!




    コラボ動画はまぬやシオン以外と撮ったことがないのでとても新鮮でした。


    そして生配信をメインにやってる人との実況だったので
    生配信をそこまでしていない私はあまりにも緊張がひどかったです。

    いや正直迷惑じゃなかったかな?とか、言葉使い大丈夫だったかなど
    心配事は尽きませんけどね!

    それでも御二方とも、沢山喋ってくださいましたし、
    「楽しかった」と言ってくださったので嬉しい限りです。

    それより私の音声設定が悪かったので相手方の声が小さくなってしまいました。
    気をつけなきゃ。

    そしてこちらの動画が怒涛の追い上げを見せておりまして
    異世界の主役を投稿して以来の2日200回再生に到達しました!!

    コラボの力と、コラボ先の方の影響力の大きさに感銘を受けております。


    本当にありがとうございます!!


    まだもう一動画あるので、そちらもお楽しみお待ちください!!

    裏話なんですが、
    あの動画の時に全員ガッチガチに緊張してて最初の方全然話せなかったんですよ。

    それだけでなくりんごじゅうすさんが残しているアーカイブを見返せば
    分かると思うんですが私の事を完全に男性だと勘違いしてみえた
    方が居たり居なかったりw

    まぁオレなんて一人称使ってればそうなりますよ。


    直す気はないですがね!!!

    一種のアイデンティティみたいなものですから(`・∀・´)エッヘン!!





    それに加えて、BGMに使っている最後の曲ですがご安心ください。



    ライセンスの方の確認を10回以上行い、
    かつ安全に使えると判断し
    お借りしております!!


    それぐらいやらなきゃ使えないです。
    というより失礼かもしれないですけど最初は別の曲を使う予定だったんですが
    それが手に入りにくかったので、迷いに迷ってあの曲があの時の私からしたらベストだったんです。

    またそこらへんは動画の私自身の言葉でお話しさせてもらいます。




    そして小説の裏話を少しだけ。

    あの個性の小説なんですが、題名の案が二つあります。



    一つは【日常とは誰が決めるのか。】


    もう一つが【日常を疑い、己を見よ。】



    まああまり深い意味を考えずにつけたんですが、
    どちらも日常という言葉を入れています。


    これは今あるものが当たり前だと思って過ごしていてもそれが突然と消えてしまう。

    人の命にしても、昔馴染みのお店でも、
    きっと誰だって経験したことがあるんじゃないでしょうか。


    私が好きなアーティストさんの作った歌詞の中に

    「当たり前を失った世界が、“当たり前”になるだけだから。」


    常にあるものが、一生残るわけではない。

    ずっと積み重ねてきたものが一瞬にして崩れ去ることだってある。

    その当たり前が、今まで通りに迎えられなくなったとしても
    いつかそれを再び“当たり前”だと思うようになる。

    人間はそうして、躓いたり、転んだりしながら
    日々成長し、生きてきたのだと考えたら、今そこに当たり前の様に
    存在する言葉や、物に興味を行きたいですね。

    ということで読んでいる皆さんが、
    自分の日常の中でふとした疑問や、思ったことに少しでも
    目を向けてほしいな、という思いで書いております。


    なんて重たい話になりましたが、あくまで全て私の価値観ですので
    「こんな事考えてんだ、へー(゚∀゚)」くらいで流してください。



    それでは今回はこの辺で、皆さん良い夢を!

    明日も良き日になりますように!!
    おやすみなさいませ!!

  • 広告
  • 悪魔ってロマンあるよね。

    2021-01-14 21:13
    チョリーッツ!!リッツだよ~~!!

    ギャルっぽく始まったけど、いつも通りのリッツですw

    今日は前回言ったように魔入間くんについて語りたいと思います。


    いや本当は少佐とインテグラ嬢についても語りたいんだ。
    けど何回も見直しちゃうからもっと知ってから語りたい


    さて魔入間くんだったら、オレはソイくんとピケロくんが特に好きです。

    ただし入間軍も、アブノーマルクラスも、先生方も、生徒会も、
    オペラさんとサリバンおじいちゃんも、六指衆も、
    入間くんに関わってるすべての悪魔が好きです。

    もうね皆魅力的なんですよ!

    その中で特に好きな2人。


    ソイくんの、何も喋らないと見せかけて本当は沢山喋るあのギャップ。
    家系能力的に静かに影として生きなければならない故に、極力接触を避けてきたのに
    先生により強制的に輪に入れられた時なんかは面白かったです。
    そして何と言ってもあの気の抜けるような顔が好きです。
    あれから奏でられるトランペットの音を早く聞いてみたいし、
    持ってるトランペットカッコいいな。デザインも重視してるのか?
    お洒落好きか?そういう所も好きっす。
    それに加えて19巻にて出たソイくんの本音に心が掴まれました。
    あの状況での話は好感度の上がり方が半端じゃなかった…



    ピケロくんは収穫祭で惚れましたね。
    特訓の時とか、その試練を乗り越えるときとかなんか色々語るところはありますが
    収穫祭のお城の中での登場シーンが惚れました。
    いや服装。めちゃくちゃ好みなんですが???
    これはいわゆる一目惚れと相違ない。
    というかガープくんとの絡みとか、普段からししょーの上に乗ってますが
    乗ってない音楽祭の感じも好き。
    いや和服も洋服も似合う男、しかもアイマスクで隠してたけど
    本当はめちゃくちゃ美形とかさ、ギャップが激しい。




    いや語りすぎじゃね??
    ガチ勢というほどのガチ勢でもないのにここまで語るのは流石に引かれそう。


    というより好きなものに
    対して熱量が半端ないだけだと
    自負しております。

    まぁそれは置いといて
    ほんとに良く良く考えたんですが、オレが悪魔になったら
    ガープくんみたいな性格になるんだろうなって思いました。

    容姿は背が小さくてショートカットで、オペラさんみたいな角に憧れたり
    片方だけの角とかも良いですね!
    尻尾もなぁ、なんか2本生えてる少し長めのとか
    家系能力は水に関わるものか、動物の使役系がいいなぁ。
    あと歌とか楽器とかも良いね。
    女の子だけど男子の制服着たいし、師団は何処に入りたいかな…

    よし、得意な小説を書いて自己満で楽しもう。

    仲のいい友人位には見せようかな。

    さて語るのは以上にしよう。

    いやぁいいですね、空想に思いを巡らせるのは楽しいですし
    色んな物語が生まれます。

    普段出せない心の内も、小説の中なら出せる。
    だからこそ私は小説に私の化身を出すようにしています。


    まぁそれ故、出さない小説はあまり得意ではないのです…w

    といっても書いているものを途中で投げ出したりはしないので
    今までも書いては新しい物語を生み出し、ペンが進まなくなったら
    過去の物語に手を付けたりしてます。

    それゆえ個性の小説は来週に持ち越しますね!!!


    というわけで今回はここまで!!
    それでは皆様良い夢を~!明日も良き一日になりますように!
    チャオ~!

  • やばいどうしよう深い深い沼にはまった

    2021-01-12 21:401
    チョリーッツ、リッツです。

    いつもご覧いただきありがとうございます。
    重ねてこの私に出会ってくれてありがとうございます!










    ヘルシングにはまりましたとさ。


    アーカードがカッコいい。

    アンデルセンがカッコいい。

    少佐がカッコよく、美しい。

    ヘルシング卿がカッコいい。

    あかんて・・・こんなんハマるって。


    すごい、読んでてゾクゾクしたわ。

    いやもう少佐に使われたい。なんなら直轄の執事になりたい。
    ヘルシング卿付きの執事になりたい。むしろ使ってください。


    しかも何か聞いたことあるような言葉とか、見たことのあるようなシーンが
    沢山あって、嗚呼これも定めなのか…とか悟りました。




    決してそんなことは無いんですけどね??

    ただ純粋に歌うように話が進み、息を吸って吐くように闘争本能が溢れる
    そんな情景が描かれていて、たまらん。

    あの描かれている笑顔の感じがすごい好き。



    友人に勧められても何にも興味を示すことがなかった幼い頃と打って変わり、
    かなり幅広いものに視野を広げるようになりました。

    それも友人のおかげなのですが( ´∀` )

    だからと言ってすべてを賛辞するわけではありませんが、
    歴史とファンタジーの組み合わせに心が躍るのは紛れもない事実なので
    皆さんも良ければ見てみてください。


    ちなみに私はAma〇onで全巻、新刊で購入しました。


    そして布教であって布教ではないので気になったら読んでね。



    さて雑に語っったので今回は終わりましょう。
    次回は入間くんについて語りましょう。

    それでは良き夢を!チャオ~~!