一部、キャラ紹介しまーす!!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

一部、キャラ紹介しまーす!!

2020-12-01 22:14


    その後、ゆっくりと寝て夜中に目を覚ました。

    あまり昼寝はしたことが無くて、ちょっと悪い子になった気分だったけれど
    楽しいという感情を知ったことが何よりも嬉しくてそんな小さなことは気にしなかった。

    それ以降、彼らの動画ばかりを見るようになって勉強の合間に
    息抜きと称して必ず眺めていた。
    彼らは罪人集団、または『エートス』と呼ばれている
    良く笑い大胆な行動をする、エートスのリーダー的な存在の“ネルフォン”
    サブリーダー的な立ち位置で冷静な判断を下す“まひる”
    飄々とした佇まいを見せるが、恥ずかしがり屋でお茶目な部分を時折見せる“エリシア”
    元気で快活、その明るい言動故に励まされることも多いエートスの兄貴分“シーラン”
    根暗だが芯が強く、時折見せる笑顔に勇気をもらえる“フィルノ―”
    あまり表情は出さないが、紳士で子供好きな“スペード”
    華奢で儚いイメージが強いがよく食べ、よく遊ぶ末っ子“モル”

    この七人のグループが世に言う犯罪者と呼ばれているが実のところ
    個性がある以外、なんの犯罪も犯していないのだ。
    盗みを働いたわけでもない、人を殺めたわけでもないのに
    何故この世界は彼らを罪人とした定義したのだろうか。
    それこそ何故“個性を悪”だといったのだろう。
    見たところ個性は悪いものではないのに…

    考えれば考えるほど訳が分からなくなり、リトとの会話も段々とおざなりになってきた。
    そんなある日、ふと良いことを思いついた。
    そうだ、歴史を振り返れば良い。
    この国の起源から今迄の道を辿れば、きっと何かが見えてくるはずだと考え
    学校を終えて、家に帰り準備を終えて図書館へ自転車をこいだ。

    図書館について、勉強スペースの席を借りたら
    とりあえず席に鞄を置き、歴史の棚を目指して館内を歩く。
    この図書館に来るのは中学生3年生の受験以来だから
    ここ数年で少しだけ中の様子も窓から見える外の景色も変わっていた。
    ただ歴史のスペースは記憶にある場所と全く変わらない場所にあってくれたおかげで
    すぐに目当てのものも見つかる…かと思いきや中々古い文献だけが見つからない。
    誰かほかの人が読んでいるのか、2,3冊分だけ空白になっていて少しがっかりする。
    何故か感情を見つけてからというもの色んな思いが自分の中で形になって
    遊んでいるような感覚がして少しだけ疲れてしまう。
    (嫌な疲れじゃないから良いけれど。)
    ふっと息を吐いて上がりそうになる口角を下げようと右手で口元を覆った。
    さて本が帰ってくるまでの間、どの歴史を振り返ろう。

    そう本の背表紙を指先で触れると
    「珍しいね、アイドルか何かかな?」
    何処かで聞いたような、ハスキーな声色がすぐ近くで聞こえてきて
    パッと顔を向けると真紅の瞳と目が合った。




    ↓↓↓



    キャラ紹介〈第二弾〉

    ネルフォン
    最初に個性を素晴らしいと言い出した青年。国の法律に逆らい己が己らしく
    生きる道を歩むことを選んだ第一人者。親はもちろん数多の友人は彼を蔑み、
    罵って国の方の中で生きることを勧めた。
    孤独になっても自分らしく生きている間に今の『エートス』の仲間が集った。
    本人はリーダーになる気など更々なく仲間に頼まれて、渋々引き受けた。
    常に堂々としており、頭脳明晰で饒舌に語る様子が動画になったりしている。
    元の生まれは後に明かされる。


    まひる
    ネルフォンの幼馴染だった青年。突然個性の話が出てきた時は驚いたし、
    止めとけと注意をした。しばらくすると両親は彼に関わるなと言いだし、
    友人たちも罪人と罵るようになっていた。しかし孤独になっても
    自らの意思を貫くネルフォンに感化され自らもその道を歩むことを決めた。
    サブリーダーになったのはネルフォンがめんどくさがってやらないことを見越したからだとか。
    静かにエートスのメンバーを見守りながら、野良猫や野鳥などと戯れている
    様子などが動画にされている。
    元の生まれは後に明かされる。


    エリシア
    歴史や自身の生い立ちに疑問を感じた青年。誰にも聞けずただ決められた道を
    歩んでいたところをネルフォンと出会い、答えを導き出した。
    自身が持つ知識だけでは彼らにかなうことはないと知り、飽くなき探求心を見つけ
    ネルフォンと共に歩むことを決意した。
    あまり人前に出たことがなかったため、仲間からの無茶ぶりや急に褒められたりすると
    赤面する。その様子を動画にされている。
    元は小児科医の家系に生まれていた。





    すみません!!中途半端ですが、今日はこの辺で!
    次回も突然小説が始まり、残りのキャラ紹介をしていきます!!
    そのうちキャラ絵とかも出せたら嬉しいですね。

    では皆さん良い夢を~!チャオ!!





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。