ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

Hellsingの沼へようこそ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Hellsingの沼へようこそ

2021-02-25 20:44
    チョリーッツ!
    皆さんどうもキャスで生放送を始めたリッツです!!


    この間、初めてキャスをやりましたが
    見に来てくださった方が少しの時間しかないにも
    関わらず声もかけてくださって人の温かさを改めて実感します。


    これからも週に2回はやっていこうと思いますので
    応援よろしくお願いします。


    そして今回はHellsingについて語りましょう!!

    どの場面を語りましょうかね…
    私としては少佐の話をしたいとことなんですが、
    如何せん語るところが多すぎて焦点を絞れないです。


    とりあえずリッツ的激熱な少佐のかっこよさを、語っていこう。



    まずですね、少佐のフロイラインの言い方が好きです。
    いや声優さん本当にすごいですよ。
    あの少佐の狂気さを余すことなく伝えているかつ
    大人の色気と言いますか、少佐らしさと言いますか
    それらを話し方、吐息、強弱の付け方のみで表現するなんて
    本当に素晴らしいの極みですよ。


    上から目線のような気もしますが、どうかお許しを…


    そしてその流れで言ったら、演説は外せません。
    実際、戦争だったり争いに関しては知識はほとんどないですが
    あの演説は何故か心から惹き付けられるので不思議です。

    まさにヒ〇ラー的存在で、生粋の戦闘狂。

    なんだ、部下を一つの楽器に見立てて飛行機の上で
    指揮をするんだ。

    次の戦争のために、次の次の戦争のために、なんて
    先見の明が強すぎる。

    イスに座る時ですら美しい。
    足を組んで膝の所で指を組む姿であったり、
    背もたれに持たれながらニヤリと笑う所。


    そして、人であるという定義…
    「人間が人間たらしめているのはただ一つ、己の意思だ。」
    今を生きている人たちにも届いてほしいです。

    自分の大切な人に幸せになってほしい、
    大切な友人の助けになりたい、
    他人のことを気にかけることは素晴らしいですが
    たまに位、自分を、己の意思を表明し
    わがままを言っても許されるでしょう。

    そう思わせてくれるような人格です。

    本当に語り切れないし、熱量が収まらない。


    ただ、人によって好き嫌いはあるかもしれませんが
    作者である平野さんは一体どういう心情で描かれたのか
    気になりますね。

    あとは少佐以外にもインテグラさんも好きだし
    アンデルセン神父も好きです。

    というか普段は相棒が悪役側にハマって、
    オレが正義側みたいな流れだったんですが
    この漫画に関しては逆になってるので本当に面白いです。

    ついでに言えば相棒からの勧めで見始めたものだったので
    2人で何時間も語って、好きなシーンやキャラのセリフを
    実際に演じてなんてこともして遊んでいるので
    とても楽しいです。

    それでは皆様今宵はこのくらいでお暇します。

    皆さま良い夢を。ちゃお~~!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。