ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

個性豊かな世界を!!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

個性豊かな世界を!!

2021-04-13 20:04
    チョリーッツ!!

    最近、自分でイラストを描き始めたレグルスです!


    いやぁ本当に絵師様とイラストレーターさん、
    イラストを描く全ての皆様、リスペクトですわ。

    今の描いているイラストの絵柄に到達するまでにどれだけの
    イラストを描いてきたのか…

    そう考えると自分のイラストを比べてしまうことにもなるんですが、
    努力というのはあんなにも素晴らしいものを世に残してくださるんですね。


    そしてオレはまだまだひよっこですのでね、
    トレスをメインでやってます。

    トレス許可をされている方を探したり、
    友人のをトレスさせてもらったりしていますが
    骨格とか服のシワとか光源の向きなどを意識して描くと
    普段使ってない脳みその運動になっているので疲れがハンパない…


    だからこそリスペクトですね。

    「息を吸うように変換して、息を吐くように描く」

    なんて、言いましたが勝手に思っているだけですので
    真実はどうなのかは知りません。



    とまぁ、何故イラストに手を出し始めたかというと、
    なんか似たような話をブロマガで話したような気もしますが、
    書いている小説や、サムネ、FAを描きたいなと
    常々思っていたからです。

    いつまでも「やりたいなぁ(遠い目)」
    思っているのならやり始めるしかねぇ!!


    そんな思いで始めたので、すごいトレスの時点で
    結構脳みそ使ってて、一日1時間が限界ですw

    毎日続けていけば成長は感じられると思うので
    たまにTwitterで上げましょうかね。



    さて、ということで!
    小説を書こうと思ったきっかけというか、
    感じてきたことを少しだけしていきましょう。

    今書いているのは個性のお話ですが、
    個性というのは実に人それぞれで豊かなものです。

    リーダー気質な方、おっとりしていてあまり怒らない方、
    運動も勉強も得意な方、人とは違った行動をとる方、

    なんとも言えない例を出しましたが、
    その中にもまだまだ沢山の性格や思想が混合して
    その人が形作られているのです。

    故に全員同じ方向を向いて、足並みをそろえる必要は無いと思うんです。

    何故このタイミングで裏話なのかというと、
    不登校問題や会社に行けない問題など出てきていますが、
    問題なのは果たして行けない側なんでしょうか。


    私が最近読んでいた漫画では、イジメなどがあった場合
    本当に更生されるべきなのは「イジメた側」なのだということで
    イジメた側に矯正プログラムを受けさせるんだそうです。

    弱い立場を守ることももちろん大切ですが
    それ以上に強さという鎧をかぶった子供たちも
    守ることも必要なのではないでしょうか。

    その鎧は後々、自身を苦しめる枷にしかならないと思うし、
    それがあるから自分は偉いのだというわけではないんです。

    まぁ世界の情勢によっては強さが必要になることもありますが
    常にさらけ出しておくということはその分寝首をかかれやすいので
    どうかお気を付けください。

    圧倒的悪であるという存在を作らなくても人間は
    誰かを容易に、安易に傷つけるでしょう。

    まるでそれが絶対の正義であるというように。
    全てが正しいのだというが如く。

    だから悪い大人にならない様に、集団行動をとりましょう。

    だから、みんな一緒に足並みをそろえて活動を共にしましょう。
    偏りが出ない様に。


    自分が持つ、してきた経験の正解を子供にも託すのです。
    押し付けられているように感じる方はそちらが正しいでしょう。

    実際オレも感じる時は多くあります。

    若手だから、きっとこの世を良くしてくれる、
    自分たちも頑張ってきたから、この子たちにも頑張ってほしい。

    色んな思いが重圧になったりもしますからね。
    実際期待に押しつぶされそうになった学生時代が懐かしいですw

    なので貴方の心が感じる言葉が、貴方にとっての正解ですから。
    叱る、怒る、バカにするといった親さん、先輩、
    先生(今は虐待と言われると思うので大半は居ないかもしれませんが…)

    それは貴方を支配したいだけの人間です。
    思い通りにならなければ心に傷をつけるような言動をしてきますが
    自分を好きでいてくれるような人を大切にしてくだされば良いと思うので
    是非早々に離れてくださいね。

    ※サタニズムという言葉を調べていただければ「自分は大切に」的な、
    似たようなことを言っているようなはずなので
    気になった方は調べてみてくださいw
    (るし―兄さんから教えていただいた面白い宗教のお話です。)


    まぁ親さんに至っては我が子を守るために過敏になっている部分や、
    守らなければいけないという正義感もありますので、
    大切にしてくれてるんだなぁ、という感謝と共に
    貴方と親も違う人間ですから、決して同じ道を歩まなくても
    良いということだけは知っておいてください。


    親が喜ぶから、心配かけるから、という理由で
    自分が行きたいと思った道や、なりたいと思ったものに対して
    消極的にならないでいただきたいなと思います。


    現在の日本の教育は幼い頃のアイデンティティ創立期において
    集団行動とか絆とかを重視しているところを見ると
    人と同じであることが一番の美徳、という捉え方をしているような
    気がしています。
    (いやルールやモラルを遵守しなければならないことも
    あるので必要っちゃ必要ですが)

    先進国でありながら、まだまだ教育面では足りていない部分が
    あるように感じます。

    その状態で社会に出てから個性を出せと言われても
    分からない人の方が多いのではないでしょうか。

    全員とは言わないですが共感してくださる人が
    少しでもいたら、ぜひ今からでもやりたいと思ったことを
    小さなことから初めて見ていただきたいです。


    けれど親の圧力というのは強いですよね。
    共感してくれたり応援してくれる親さんもいるんでしょうから、
    一概には言えませんが、今書いている話では
    かなり周りの人からの圧力が凄まじくなるように書いているつもりです。

    自分の意見を出すときでさえ勇気を必要とする、
    出したとしても馬鹿にされたり、一蹴されたりすることもある。
    色んな意見を取り入れるということは素晴らしいことだと思うんですが
    それは君には必要ないと押さえ込まれることもあったりするので
    また出しにくくなったりもしますかね?

    もしかしたら両親ではなく祖父母だったりとかもするので、
    正解なんてものも存在しませんがね。

    はい、今まで溜めに溜めてきたレグルスの
    思いと考えです。

    これも押し付けていると言われてしまえばそれまでなんですが、
    段々訳の分からないことになりそうなので
    今日はここまでにしておきましょう。
    (どこかの動画で話すかもしれないのでお聞き逃しなく。)

    というわけで、現在小説の方はアルファポリスというアプリで、
    他のブロマガはnoteというアプリを使おうかなと
    考えていることを報告して終わります!

    それでは皆様良き夢を!!ちゃお~!。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。