• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

ムラトミ小説
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ムラトミ小説

2016-08-30 19:52
  • 1
謎の少女「あなたもチャカ様の声が聞こえるの?」

ムラトミはその言葉に背筋を凍らせた、、、
やはりまだこの因果から抜け出していないと、、、
しかしムラトミの心の奥底ではこれから始まる普通では起こりえない冒険な様なものにワクワクを隠しきれない所もあった、、、
そして少女は続いてこう言った。

謎の少女「なんでよぉぉぉ、、、 マーライオンは口から水を出してんだよぉぉぉぉ、、、百歩譲ってカバやワニが口から水を出しているならわかるッ!!だって水辺の生物だからよおおおおおお!!でもなんでアフリカにいる陸上の生物が水を口から出してんだよおおおおおお!!そもそもシンガポールなのになんでライオンなんだよおおおおお!!教えてくれよぉぉ!!なぁ??
なぁ??でばぁぁぁ!!」


ドドドドドドドドドドドドドドッ

その瞬間だった!!
ムラトミのおでこがパックリと割れ血が噴き出した!!


ムラトミ「!?」

ぶしゅううううう

ムラトミ「て、テメェ、、、今、俺に何しやがった、、、っていうか、、、お前はなぜチャカの名を知っている?」

謎の少女「オッケー!!教えてやるぜぇ!!冥土の見上げになっ!!
この俺様はテメーを殺すために時給1300円で雇われた殺し屋さっ、、、」

ムラトミ「まさか、、、憂鬱な月曜日のて、、手先か、、、」
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
あー…www
あつきさん、また怒りそう( ̄▽ ̄)
59ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。