ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

シーズン5を終えて… 
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

シーズン5を終えて… 

2014-09-10 21:20
    はじめに
     りうむです。まだ夏休み中なので書ける時に書きまくっておこうと思いますw
    今回はシーズン5を終えての僕なりの感想と自分の結果について述べたいと思います。
    またいつも通り長いので気になったとこだけ見て、後は斜め読みでオッケーです。
    1、PGLの結果を見ながらシーズン5の数字(レート)についてみてみる
    2、ポケモンの流行について
    3、僕がシーズン5で使ったメガ進化ポケモン
    4、シーズン5の結果(本ロム)
    5、シーズン5の結果(サブロム)

    6、終わりに


    1、PGLの結果を見ながらシーズン5の数字(レート)についてみてみる
     5では終盤(このゆびカメックス噴火ヒードランが出てきた頃)に闇堕ちを経験する人が多い中、1800を超える人がシーズン4よりも100人弱増え、数字だけ見るとレベルの高い争い(闇への引きずりあい)になったのかな?と思っています。全シーズンに比べて100位ラインも若干上がり1927が2ケタと3ケタの分かれ目になっています。
     またダブルでは大台と言われる2000を超えた人が、シーズン2以来の30人を超えました。
    (1~5までの推移を見ると18→31→28→24→31となっています)
    これも十分すごいことなのですが、一番僕が驚いているのは1ページ目に入るための条件が飛躍的に上がったことです。PGLでシーズン1からの10位の方のレートを調べてみたところ2007→2023→2025→2020→2034(!?!?!?)となっていました。仮にシーズン5での最終レートが2020だとすると16位になるヤバさです。

    みなさん納得のいく結果は残すことができたでしょうか?

    2、ポケモンの流行について
     いっつも人気ランキングに入っているポケモンについては、皆さんも強さは知ってると思うのであえて書きません。
     使われるPTの方ではシーズン4でガルーラスタンにまあまあ強い!という理由で、一時期人気になったニョロルンパ軸の雨パがほとんど見かけなくなったように感じます。(僕の対戦回数が少ないだけかもです)
     サルサナも環境にいっぱいいるガルニンフ軸にどうも相性がそこまでよくなさそうなので、使用者が減ったイメージがあります。もちろんきちんと結果出してる人もいますが、あまり知られていない異色のギミックをサルサナで使うか、相当読みが上手い人や択ゲーに強い人が使わないと今の環境で1900維持や2000超えは難しいのかなあ、とサルサナ軸使って苦戦している人の放送を見てて思いました。
    (サーナイトは結構好きなポケモンなので、全国ダブルでも上位に食い込んで欲しいとは思っています)

     ポケモン単体で見てみると、1900前後でのキリキザンがH4振り霊獣ランドロスを50%以上で1撃で倒すことのできる珠ではなく、行動回数が保障されやすいタスキを持ってる人が結構といるというのを感じました。(僕はもし使うなら珠で使いたいです)
     あとはシーズン4から凍える風をもったタスキゲンガーが増えましたね。事実シーズン5のPGLの12位にゲンガーが食い込んできています。
     8月中旬あたりからは、しんそくをもったクラウンエンテイが上の方で少し増えてきたように思います。調整や持ち物、技構成についてはよくわからないですが、ガルニンフバレルギルガルド(フレドラと違って反動ないし触らないから気軽に攻撃技打てる)あたりにそこそこ強く、聖なる炎の追加効果率は50%なのでダメージのそこそこ入る疑似鬼火撒きとして優秀なんでしょうか? エンテイを使ったことないため正直よくわからないので、エンテイの生態に詳しい事情通の方いたら教えてください。
     後一つは、いじっぱり(陽気もいる)霊獣スカーフランド絶対倒すマンとして、S91以上の氷技(ランド1撃で倒せる技)が打てるポケモンにスカーフを持たせる人が、かなり増えた印象があります。まあランドロスの使用率見たら対策しないわけありませんよねw
    シーズン6ではこれらのポケモンやPTがどうなるかにも注目してきたいです。


    3、僕がシーズン5で使ったメガ進化ポケモン
     ここまでレートや環境について思ったことをいろいろ書きましたが、自分が使ったPTの結果についても書いておこうと思います。
     本ロムでは僕が6月中旬から考え始めて、シーズン4の途中(7月4日)からずっと使い続けているメガバシャーモを軸としたPT、サブロムではシーズン4でバシャ軸を使っていた時に、自分が当たってものすごく辛いと感じ(3戦当たって1勝2敗)、じゃあ自分もそれに似たものを自分なりにアレンジして使ってみよう!という理由でメガカメックスを軸としたPTを使い両方とも100戦ちょいこなしました。
     バシャーモもカメックスも今の環境ではそこまで多く見るポケモンではないですが、僕はこの2匹なら、自分がメガガルーラを使うよりも、もっと上に行けるポテンシャルを持っていると真剣に思ってPTに採用しています(重要)。もしメガガルーラを使った構築で、今以上に行けると思ったら本ロムの方では間違いなく使うつもりです。(僕が作る構築はよくキ○ガイじみてる言われるのでスタンダードで比較的誰でも使いやすいガルーラは使いこなせないままかもしれません…;;)

    4、シーズン5の結果(本ロム)
     少し話が逸れましたが、本題に戻りたいと思います。
     まずはメガバシャーモ軸の方から…



    なんと初めての1ケタ順位になることができました!
     シーズン4では、今と全く同じメンツ(型は若干違いますが)で本ロムとサブロムの両方で潜り1927と1938だったので、正直自分が一番驚いています。実を言うと、シーズン4終了時の僕のシーズン5での目標は1度も超えたことない1950にのって50位以内に入りたい!というものでした。しかし予想以上に勝率がよく8月19日の時点で1951になったので、使っているメガバシャーモの宣伝も兼ねて頑張って2000まで目指そうと目標を新しく設定することにしました。
     何とか1998まできて1990くらいのまずいぼうさんと当たった時に、(あっ、この人動画に出てる強い人だ!)とかってに委縮して(完全に名前にビビりました…)初手でチキって盛大なプレミをやらかし16吸われた時は、放心してしまい4時間くらいヘコんで反省しました…。(今でも少し引きずっていますw)
     でもこの負けのおかげで、「上を目指すためににはどんなに強そうな人にみえても絶対相手に対して日和ったり、特に根拠のないとりあえずの様子見とかをせず、いつも通りのことをやらないといけない」という意識を改めて強く持つことができました。それと同時に、もしまずいぼうさんに勝っていればその時点で行けていたであろう2014(1998+16)よりも上も目指そう!という覚悟(目標)が決まったので、おかしな話ですが彼(彼女かもしれません?)に負けたことは大事なことだったと思っています。あの負けがなかったら、きっとどこかで闇堕ちして心が折れていたと思います。
     こちらの方の勝敗数はこのようになっています



    102戦潜って75-27(73.5%)となっています。
    100戦ぴったりで偶然2000超え(2012)になりました。
     バシャ軸を使っててすごかったのが、1850超えるまでに67戦やって46-21(68.6%)だったのですが、1850超えてからの勝率が途中での13連勝などもあり35戦中29-6(82.8%)(「ちょっと意味が分からない…」baocky.談)となっています。
     勝てたので笑い話にできますが、1948の時に1500台の海外の人と2連続であたり1戦目はレパルダスドーブル、2戦目は相手の一撃技が2ターン連続で当たるという明らかにヤバい奴と当たって精神がボロボロになりかけました。勝ってもらえたのが2と1だったので、そこでもし2連敗したら60弱吸われたことになります。あの2試合はホントきつかったです…。(たぶん2000いけるか?のプレッシャーよりもヤバかったかも) その試合終わってからレートの闇が怖くてこっちのロムは4日間潜れませんでしたw
     まだ全然完成系だとは思っていないので(まだ満足いってない部分が少なくとも5か所位あります)細かい調整は乗せないですが、メンツ固定で400戦近く回したのでこれでも弱くはないと思います。一回守ってから加速してメガガルーラを縛れるバシャーモは頼もしかったです。下に僕がずっと使用したPTを残しておきます。



     このPTを使って一番良かったことは、バシャーモが僕の好きなポケモンの1つになった事です!

     あ、そうだ。一番大事なこと書き忘れてました。この構築は、全部僕一人で作ったわけではありません。僕は構築力のなさには自信があります。自慢になってない
    今から下に挙げる3人と一緒にいろいろ意見を出し合って試行錯誤して自分なりのアレンジをして作ったものです。

    バシャーモ軸の構築案を6月中旬に僕に教えてくれて、2カ月以上調整についていろいろ相談にのってくれた人   
    baocky.さん (ダブルバトルなつまつり!の主催者さんです)

    霊獣ランドロスの新しい型のヒントをくれた人   
    すいれん@さん(自分と同じかなり独特な構築を使うのイメージのある生主さん。僕の中で、彼の使っていたガルーラスタンのランドロスは画期的に見えました。この調整が生きた試合が1950らへんで2試合あったのでホントよかったです)

    僕を追い抜こうと一気にレートを1日で1900→2002まで上げてきて、常に(闇堕ちへの)プレッシャーをかけてきた人 
    westさん(「ちょっとダブル極めてくる」の動画をあげてる方。なつまつりに参加していて、大会後一番化けた人だと僕は思ってます。)

     この3人がいなかったら、ここまでの結果を残すことはできませんでした。3人には本当に感謝しています。以上でメガバシャ軸についての話を終わります。


    5、シーズン5の結果(サブロム)
     サブロムではだいぶ前に使ったメガ進化の所で言いましたがメガカメックス軸を使っています。こっちに関してはちゃんと調整しているのはカメックス(この調整はかなりの自信作でXYで一番上手くできた調整だと思っています)ともう1匹だけで、1匹はASぶっぱ、後3匹はBWに使っていたよくわからない調整のを適当に持ってきただけ+相性補完がガバガバすきる(水草鋼弱点が3匹ずついる+誰もフェアリーに弱点つける技を持っていない)ので、とてもお見せできるものではないと感じ、結果だけにしておきます。



     こちらに関してはほとんど自分一人でいろいろカメックスの調整(笑)したんですが軸になる3匹をきちんと決めれば、後3匹適当でもそこそこ戦える超初心者向きのPTになりました。シーズン5には最終レート2000超えでメガカメックス使ってる人は、westさんを含め3~4人いるみたいなので、十分可能性のあるポケモンなのではないでしょうか?
    (僕のメガカメックス構築はサルサナの対策切ってるのでサルサナにまず勝てません、当たったら初手降参から考えるレベルです。10回やって3回勝てたら十分な成果です。)
     こっちの構築は完成度としては、まだ30%行ってないレベルなのでシーズン6で真剣に考えてみようと思います。

    実は、偶然ですがこのメガカメックスは僕が(構築面で勝手に一番尊敬している)パメラさんのメガカメックスと同じ調整になっています(僕はHを1削ってBDに4ずつ振ってます)。最近のパメラさんのダブル放送見てて、意図が全く一緒だということに気づいて、思わず「そのカメックス同じ調整です!」とコメントしてしまいましたw
    自分が必死に考えたカメックスの調整が、構築面で尊敬する人と全く同じになったのはとても嬉しかったです。


    6,終わりに
     ここまで真面目に全部読んでくれた方、読みたいとこだけ読んでくれた方、ありがとうございました。シーズン6はスペシャルとてもおもしろそうでやってみたいと思っています。
     しかしまったくPT案考えてない+ダークソウル2のDLC全くやれてないので、真面目にスペシャル潜り始めるのは早くても2週間後位になると思います。
     XY最後のシーズンもみなさん楽しくポケモンの育成や対戦しましょう!
    (スマブラに浮気してもいいですけどポケモンのことは忘れないであげてくださいねw)



    書きまくった結果、10時間かかり5000字近くになりましたw(完全に暇人)







    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。