【ブックレビュー】「なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白」東小雪
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ブックレビュー】「なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白」東小雪

2014-06-03 14:56

    さきほど読了。
    セクシャルマイノリティ当事者としてカミングアウトをすると、「強いね」と言われることがある。

    僕は自分のことを強いとはとても思っていないけれど、著者の東小雪さんに対しては、「強い人だな」と思っている自分がいた。

    レズビアンとしてカミングアウトし、様々なメディアを通じて活動されたり、国内で初めてのTDR(東京ディズニーリゾート)での同性挙式を挙げたりと、心から尊敬し、目標とし、カッコいいと思っていた。

    だが、この著作を読んで少し変わった。

    東さんの過去を知らずに、表面的な光の当たっている部分だけを見て、カッコいいと思っていたのだと知った。

    ただ、この本に書かれてる過去の未来に生きている東さんは、なんと僕の想像できないほどの苦しさの中を生き抜いてきたんだろう。

    自傷行為、心療内科への通院、セクシャルマイノリティであることなど、共通項を持つ自分が、少しでも光のあるほうへ進みたいと考えていながら日々をじわじわと這うように生きている中で、彼女が輝いて見えたのは、そこまでの深みまで潜った者だけがたどり着ける場所だからなのか?

    いや、これは比較するものではない、彼女がそうしてきたように、自分自身の問題に真摯に向き合って越えていかなくてはならないことで、その深さ浅さなどは関係ないのだろう。

    一歩一歩微々たる歩みをこれからも忍耐して進む勇気をもらうことが出来ました。

    いつか光をこの手に掴みたいです。


    なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白

    ======
    久しぶりの更新です。
    本当は「アナと雪の女王」関連動画特集レビュー記事なども書こうとしてたんだけども、すっかり筆不精ですみません。
    まったくの不定期更新になってしまいましたが、今後もよろしくお願いします。
    メール登録すると更新時に自動で配信されて読めますので、良かったらどうぞ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。