ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

メイキング・オブ・有安杏果19th生誕祭 その12
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

メイキング・オブ・有安杏果19th生誕祭 その12

2014-04-10 17:55
  • 2



前回の続き>

「未来へススメ!」以降、杏果は完全にももクロの一員として受け入れられ、

それによりももクロのパフォーマンスに大きな化学反応を起こしていきます。

その辺を杏ノフの私がキャプションで書いても説得力がないので、

ここで「ももクロを一番理解する、一番のファン」に語って頂きました。


元ももクロ祭りの音声のみを使っています。

この時のももクロの変革を、肌で感じていたあかりんの言葉には説得力がありますね。

映像は「3B juniorのたまらないビデオ~キラキラ編~」という、

現在では手に入らないDVDに収録されたライブの模様を使いました。

この先はモノノフなら知っている映像がメインになってくるので、

ヒロシさんから借りていたレア映像をどうしても使いたくてチョイス。

時期的にも「未来へススメ!」と「怪盗少女」の間なのでちょうど良かったです。

ちなみに本当は杏果のムーンウォークの後にえなりかずきのモノマネが入りますw



うん、杏果は何やらしてもかわいいなぁ~。


2サビからメジャーデビューシングル「行くぜっ!怪盗少女」発売の模様。

早見あかりの言葉通り、ここから大きく革新していくももクロの姿。

オリコン発表の部分は「PON!」で初めてももクロが取り上げられた映像から。

この動画でのヒロシさん提供お宝映像はここが最後となっています。
(この付近の映像はもっとあったのですが、紹介しきれず残念)

この怪盗少女がももクロのブレイクポイントとなり、物語は加速度を増していきます。

なのでこの先は楽曲の発売などについてはおざなりになります。

詳しくやってたら何時間あっても足りませんからねももクロは(;´∀`)

パフォーマンスの革新、TVや対バンでの躍進、アウェーでの打たれ強さ等、

この頃の印象的な出来事をギチギチに詰め込みました。

11.2.19国立川の映像も欲しかったのですが、

映像がなかったのでYoutubeにあった10.12.12フロム中武の映像を使いました。



最後の方で国立大会にふれるので、どうしても入れておきたかったのです。
(ちなみに今は封印されし「冷凍みかん」の振りの部分を使用)


しかしこの辺はギッチリ詰めてしまったため、

初のホールコンサートである日本青年館大会はちょっとあっさり流しすぎました。

本来ならばもっとしっかり触れたい所だったのですが、断腸の思いです。

しかしそれは全て、最後の1分間に想いを込める為。



夏菜子のソロから始まる、大サビのクライマックスへ…。




<つづく>
広告
×
ほんとに、素材を生かしてくれてありがとうございます。
無印編に「走れ」を使ったのは見事でした。しかもメンバーの動きに
しっかりと音声があっていて、ニコ動で「神編集」と言われてましたね。
しかし、当初送られてきたのがここまでだったので
ラストが一体どうなるのか、期待と不安でいっぱいでした。
by ヒロシ
87ヶ月前
×
>>1
先に送った未完成パイロットで既に動画は使いきってましたからね~。
あとはひたすら自分の持ってる素材や無いものは探してきて加工しました。
本当に良く間に合ったなぁ(;´∀`)
87ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。