ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

メイキング・オブ・有安杏果19th生誕祭 その14
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

メイキング・オブ・有安杏果19th生誕祭 その14

2014-04-16 07:12
  • 4



前回の続き>

「ももクロ無印編」の制作が終盤に差し掛かった頃、

私はとんでも無いミスに気づき始める。

前に述べたとおり、この動画は大きな軌道修正を2回行っています。

それにより二部構成だったものが四部構成に増えた。

私はまだ二部構成と考えていた時、

第一部のBGM「君のママより」の対となるべき、第二部のBGMを決めていました。

それはももクロとは関係ない、とあるアーティストのバースデーソング。

この曲自体はとても良い曲で私も気に入っていたのですが、

第三部に「走れ!」を持ってきてしまった結果、

それがどうしても霞んでしまったのです。


言わずもがな、モノノフにとって「走れ!」は特別な曲。

ももクロの好きな曲ランキングをやれば常にトップ5には入るような存在。

過去のライブでも重要な局面で使われてきたキラーチューンです。

そのような曲をピッタリハマるからと言って、

まだ動画の中盤である「無印編」に使用してしまった。

ドラゴンボールで例えるなら、中ボス相手に元気玉を使ってしまったようなものです。

つまり、生半可な曲を第四部「Z編」に使ってしまうと、

酷く尻すぼみのあっけない動画になりかねない。

そのことに、無印編が完成する直前に気づいてしまったのでした。


これには私、完全に参ってしまいました。

新たにBGMを探さなければならないが、「走れ!」の後でも遜色のない曲。

しかもフィナーレを飾るのにふさわしい高揚感や感動、

キラキラとした輝き、Zからの快進撃を象徴するような疾走感、

そして未来へ続く希望を感じられなければならない。

ももクロには名曲は数あれど、それを兼ね揃えた曲があるのだろうか?

「あの空へ向かって」とも考えたけど、しっとりしすぎて全く合わない。

考えても全く出てこない、曲が決まらなければ動画の構成すら出来ない。

既に国立大会まで10日を切っている。

胃が痛い、動画編集で疲れて眠いはずなのに落ち着かず寝られない、

私はすっかりテンパってしまいました。


2時頃には寝床に付いたはずが、全く寝られず、

確か2時間以上横になったまま唸っていた気がします。

悩んでも何もアイデアが出てこなくて、自分の不甲斐なさに自己嫌悪。

いっその事、当初の曲使って誤魔化すか…。

ヒロシさんも適当で良いって言ってたんだし十分だよね…。

そんな風に逃げ道を用意する自分に、益々自己嫌悪に陥る。

しかし限界ギリギリまで追い込まれたその時、

私の脳裏にある映像が浮かび上がってきたのでした。


それは2011年10月30日、場所はShibuya O-EAST、

響き渡る「杏果がんばれ!」の声、女子ノフたちの大歓声、

声のでない杏果のパートを全員で歌ってフォローする仲間達、

倒れそうなその体を抱きとめながら歌う高さん、

それを見てマイクを持ったまま「ありがとう」と声をかける夏菜子、

会場に鳴り響くその曲の名は「コノウタ」

その時、電流が走る。

それまでの悩んでいた物が一気に消し飛ぶような爽快感、

一瞬にして、あらゆるパーツが連鎖して繋がっていくかのような感覚。

これだ、「コノウタ」だ!

「走れ!」を受け継ぎ、最高のフィナーレを飾る曲、

それは「コノウタ」以外にあり得ない!

しかもこのアイデアが生まれた瞬間。

曲に合わせてももクロがZになってからのあらゆるシーンが浮かび上がり、

ある程度の動画の構成が一瞬にして出来上がってしまったのだ。

あまりの出来事に私は興奮して朝方なのにこんなツイートをいている。


とにかくとんでも無い感動で眠気が吹っ飛んだ私は、

そのまま起きて動画編集作業をしてしまいましたw

「無印編」の完成が早まったのも、この出来事が大きく影響していたと思います。


いよいよ完成のビジョンが見えてきた生誕動画。

ここから動画制作は一気に加速。



ももクロの物語と共に快進撃が始まります!




<つづく>
広告
×
コノウタが選ばれるまでに、そんな経緯が有ったのですね。
僕は単純にコノウタはももクロちゃんの楽曲の中で一番好きな曲なので
あそこで使われていているのが、最高と思っていたのですが
今回の舞台裏をお伺いして、唸ってしまいました。
ふちやんさん、改めてグッジョブ!です。
87ヶ月前
×
>>雪斎さん
ありがとうございます♪
「コノウタ」が思い浮かんだのははかな~りの難産でしたね~。
後から思えば何でこんな簡単な事思いつかなかったんだろぅって感じですけど(;´∀`)
「走れ!→コノウタ」の流れはとても好評だったので本当に良かったです。
87ヶ月前
×
まさに天佑と神助によって作られたといってもいいのかな。
ふちやんさんの杏果愛に天が答えたのでしょう。
あとから送られてきたZの部分だけで泣いてしまいました。
by ヒロシ
87ヶ月前
×
>>ヒロシさん
デザイン会社で仕事してた頃でも、これほどの"降りてきた感"は味わった事なかったですね~。
仕事以上に思い入れがあった証拠かも(^_^;)
87ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。