• このエントリーをはてなブックマークに追加
会員無料70:17
怪奇蒐集者 贄ノ杜 若本衣織
  • 再生
    51
  • コメント
    0
  • マイリスト
    0

覆面の怪談師が封印された戦慄の扉を開く! 記憶の底に染みついて離れない… 境界を踏み越え〝向こう側〟から持ち帰った脳髄を侵蝕する禁猟区怪談! 雑誌「幽」怪談実話コンテスト入選や多数の出版社から著作を発表するなど実話怪談小説界で注目の作家、若本衣織が厳選した実話を語る! 覆面の内に隠された底知れぬ恐ろしさが垣間見えた時、後戻りできない戦慄の扉が開かれる! 【収録エピソード】 1.「空っぽなんだよ!あいつは」 修験道で有名な東京近郊の山で彼は何と出遭ってしまったのか… 「鳥じじ」 2.「この家、ほんとうに拙い!」 座布団の中から…、トイレの中に…、あるはずのない、あってはならないものが… 「訪問販売」 3.「知ってたくせに…」 あの日あの場所で、そして心の奥底に置き去りにした彼は… 「あかべ君」 4.「来ないで… 死にたくない…」 訴えかける口だけが獣のそれではなく、ぶっつりと切り落とされたように… 「禁忌の日」

この動画のデバイス別視聴環境
PC Windows・Mac
スマートフォン iPhone・iPad・iPod
Android・その他スマホ

ニコニコ動画の推奨環境