ウィクロス 各能力のメモ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ウィクロス 各能力のメモ

2020-08-08 02:32
    トリガー持ち常時能力=自動能力になったのはいい変更だけどまぎらわしかったねぇ!

    ルール改訂で常時能力の優先順位が有ることが判明
    純粋な常時能力が相反した場合の結果を定義するために定められているルール
    として
    「同時に適用される、カードのパワー、テキスト、状態、等の変更する常時能力が相反する場合」
    「先に出ているカードの能力による効果を先に適用する。」
    さらに
    「~する」と「~しない」というテキストの純粋な常時能力の場合
    「~しない」が先に適用される
    「コードラビリンス ルーブル」が先に出ている状況で
    「先駆の大天使 アークゲイン」が後出しの場合
    ルーブル【常】:このシグニの正面のシグニは能力を失う。
    ゲイン【常】:あなたの場のすべての<天使>のシグニは対戦相手のルリグ以外からの効果を受けない。

    ルール改定により分かりやすくなったが、ルーブルの効果よりするしない問答によって
    ゲインが先に適用され結果後出しだろうが先出しだろうがゲインの効果を無効に出来ない

    ツリー構成だと
    1.トリガーなし常時能力
     1’「~しない」能力
     2’「~する」能力で先に場に出されているカード
     3’「~する」能力で後に出されたカード
     4’特定の値を修正する効果(お互い同時処理)
    2.ルール処理
    3.トリガー能力(自動能力、出現時能力)
    1~3の順番で処理を行う。処理は例にもれずターンプレイヤーから先に行われる。

    1ターンに1度の効果について
    遊戯王ではおなじみ「このカードの効果は1ターンに1度のみ」は発動させたカードであって新たに出したカードは別物という認識。今後カード名くくりの強力な効果とか実装されるんじゃないかな

    アーツとスペルの使用できない、コストが増える等に含まれない効果
    各トラッシュに置かれた状態から使用する効果は適用範囲外。ルールの死角を突いたのかな?
    アーツやスペルは使用する際チェックゾーンに置いて使用宣言するが、それが無いので適用されないとおぼえた方が良さそう?
    ちなみにスペルカットインも挟めないのでトラッシュで効果発動させる系カードには注意しようね!キーセレクションであるかしらないけど!

    2016年あたりまで常時能力の一部として分類されていた「~されたとき」などにトリガーしたトリガー能力が、Lostorageシリーズへの移行に伴い区別されるようになった。
    selectorシリーズの再録は【常】のトリガー能力は【自】に置き換えられている。

    これらの記事をまとめた時期は2017/12/09 19時48分頃なので色々とお察しください。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。