【トリプル】ニャオドーバクーダトリル構築(準伝、600属、無し)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【トリプル】ニャオドーバクーダトリル構築(準伝、600属、無し)

2015-04-05 14:42
    皆さんはじめまして、ぽじゃです。

    シーズン9の初めに使ったドーブル構築を公開します。
    これを見て、トリプルを始めてみたり、ドーブルに苦しんでいる方の助けになったりすればいいなと思います。

    ○結果
     シーズン9の序盤で1768を達成し、最高順位17位まで無敗で行きました。その後レート上位の方々に負け続け、ドーブルの限界を感じました。




    ドーブルの威圧感
     「ドーブル対策は?」と聞くと「神秘の守り」「挑発」「猫だまし」とよく聞くが、これらはあまり対策になっていない。そう考える理由は以下の2つです。

    ・ 横取りで神秘の守りを奪いダークホールを決めたり、ニャオニクスの優先度+4のファストガードで猫だましを防ぎつつダークホールを決める試合が多々ありました。また、ダークホールが通らないとわかったときはダークホールは打たない。
    ・このptのドーブルの役割はブルンゲルがトリックルームを決め、次のターンからトリルアタッカーのニンフィアやメガバクーダに大暴れさせることです。したがって、相手が寝るのか寝ないのかは、このptにとってどうでもいい。
     ドーブルを真ん中に出して相手を悩ませている時点でこの子の仕事は完了しています。


    ○パーティ紹介


    ・ドーブル(拘りスカーフ) HSぶっぱ
      :ダークホール
      :猫だまし
      :この指とまれ
      :横取り
    ・ニャオニクス(脱出ボタン) 耐久振り
      :威張る
      :ファストガード
      :横取り
      :日本晴れ
    ・ブルンゲル(カシブの実) HC振り
      :しおふき
      :シャドーボール
      :自己再生
      :トリックルーム
    ・ニンフィア(拘り眼鏡) HC振り最遅
      :ハイパーボイス
      :ムーンフォース
      :シャドーボール
      :電光石火
    ・ハリテヤマ(突撃チョッキ) BDベース最遅
      :フェイント
      :猫だまし
      :インファイト
      :叩き落とす
    ・(メガ)バクーダ(メガ石) HC振り最遅
      :大地の力
      :火炎放射
      :原子の力
      :守る

    ○ドーブル このptの主役。(憎いやつ。嫌い。)トリルパなので味方がトリックルームを張れるように注目を集めるのがこの子の役割。

     スカーフをもって最速130属の上からダークホールをする。対面でスカドーの上を取ってくる奴が2匹以上いるかもしれない場合や味方のファストガードを横取りやフェイント等で邪魔されて猫だましや挑発が飛んできそうな場合、ダークホールは打たず、猫だましを打つ。この選択を迫れるのが強い。

    ○ニャオニクス
     このptでのニャオニクスはバトルの序盤と中盤で役割が異なる。
    ・バトル序盤
      ドーブルと一緒に選出し、ドーブルのダークホールを決めるサポートをする。
      (横取り)     相手の神秘の守り等を奪う。
      (ファストガード) 猫だましを防ぐ。
      (威張る)     相手のラムを消費させる。
     ・バトル中盤
       日本晴れやファストガードなどで、味方のサポートをしたり、ニンフィアのハイパーボ  イスをワイドガードで防がれないように横取りしたり、捨て駒としてクッションにした   り、特殊アタッカーに威張る。

    ○ブルンゲル
     pt唯一のトリックルーム持ち。この子がトリックルームを張れるかどうかが、勝敗を左右する。
     相手が叩きパの時はドーブルで叩きコンボを阻止しながらトリルを決め、次のターン下からしおふきでテラキを縛りたいので、ある程度のCは確保したい。だが、スカーフマニューラの叩き落とすをされてナモの実を持たせた後、珠ギルガルドのシャドボにやられたりと、トリルを決められずに負けた試合もあり、耐久に振りたい感は否めない。
     リスナーさんからは、「この枠ヤドランでもいいんじゃね?」と言われ、「あー、そうですね。」ってなりました。(雨ぱに強かったり、メガバクーダとの相性がいいが、個人的にブルンゲルが好きです。ヤドラン使ってみた方は感想をください。)

    ○ニンフィア
     トリプル最強ポケモン。どれだけ音痴をアピールできるかが勝敗のカギ。

    ○ハリテヤマ
     トリルアタッカー兼ニンフィアのお供。チョッキを持たせると眼鏡ニンフィアのハイパーボイスも耐える耐久力を持ち、デブセリア(相撲レスラーフォルム)とも呼ばれている。
     pt唯一の猫だまし持ち。フェイントでワイドガードを崩したり、メガガルーラに一撃加えたり、ハイパーボイスで削り切れなかったファイアローをフェイントで刈ったりと、いろいろ便利。雑に扱ってもやられない耐久力の高さや、特性根性のおかげで状態異常も怖くなかった点が強い。(キノコの胞子はやめてください。)

    ○(メガ)バクーダ
     猫と犬とクラゲの後押しを受けて降臨するメガ死火山。
     ニンフィアの苦手なモロバレルを下から刈ったり、メガリザードンやファイアローを襲う。
    ニャオニクスで日本晴れしてからの火炎放射の火力や、メガ前でもランドロスの地震を耐える耐久力は魅力的。ねっぷうや噴火を採用していない理由として2つあります。1つ目に、ニンフィアやブルンゲル等で高火力全体技があったということ。2つ目に、ニンフィアの障害となるギルガルドはワイドガードを持っており、ワイドガードに左右されないアタッカーがほしかったからです。バクーダが出る前に試合が終わったり、メガ前はモロバレルに下を取られていたり、バクーダが出ることにはトリルが切れていたりと、個人的にはとても使いにくかったポケモン。(自分の使い方が悪いのだろうが、、、)地面タイプということを生かし、残りHP4のこの子と体力満タンのサンダーの対面で相手降参した時が一番興奮しました。

    ○テンプレの動き
    ・1ターン目



    トリックルーム   横取り ファストガード

         ダークホール  威張る

    ・2ターン目
         ↓交代  ↓交代



     しおふき

    シャドーボール

    ・3ターン目


    ねこだまし
       ハイパーボイス フェイント
     しおふき     インファイト 
    シャドーボール  
     

    これがきれいに決まる試合は問題なく勝てます。

    ○相手にしたとき
     上のテンプレの動きを決められるとほぼ勝てません。最初のターンにどう動くかがカギであるため、選出の時で勝敗が決まります。
     ドーブルの上を取れる駒(ねこだまし持ち、スカーフ持ち、悪戯心挑発等)を2体以上連れていき、ブルンゲルを一撃で倒すか、挑発等でトリックルームを防ぐ必要があります。それを見てドーブルが素直にダークホールを打つか、ブルンゲルの支障となるポケモンに猫だましを打ってくるか、これも考慮しなくてはいけません。
     また、マジックコートもちをptに入れて、ダクホをブルンゲルに跳ね返すことも対策になるかなと思います。(当たるかどうかは運ですが)

    ○感想
     「トリプルやろうと思うんですけど、pt何がいいですか?」って時々聞かれますが、これからは「ドーブルでいいと思う」と答えます。(コミュ名詐欺)
     本当の意味でドーブルptを対策のは難しく、それができている人たちは本当の強者さんばかりでした。そういう試合から学ぶことは多く、「ドーブル構築も戦術の一つ」と言われ、それまでの自分を恥じました。
     ドーブルはずっと食わず嫌いでしたが、使ってみてわかったことは多かったです。また、使ってみる側の気持ちを知ることもできたので、使ってみてよかったです。(コミュ名のことでいろいろ突っ込まれましたが。)中にはドーブルでダクホを3体に当てたら降参いただいたり・・・これからはドーブル入りに負けないように頑張ります。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。