記憶の仕組み
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

記憶の仕組み

2018-05-17 21:31
    なんども刺激を受けたことを人間は重要だと思って記憶していく

    短期記憶と長期記憶

    エビングハウスの忘却曲線

    あとは記憶するときに感情を乗せると、良くも悪くも記憶に強く残りますね
    楽しかったことや思い出、許せない経験や怒ったこと、などがそうです

    要は何か記憶したい事があれば、刺激を受けた3時間おきくらいに、再び刺激を受ける事です
    英単語を記憶したいという場合ですと
    まずは、英単語を10個を見たり、声に出して読んだりします
    次にエビングハウスの忘却曲線に基づいて、何時間後かに再び英単語10個を見たり読んだりします

    これを繰り返します
    言ってみれば、一回覚える段階が短期記憶でこのセットを何度か繰り返す事で得られる記憶が長期記憶です
    短期記憶を繰り返していけば、そのうちに長期記憶に移っていく感じでしょうか

    資格試験の時やテストの時にこれらのことを知っていると、役に立つかと思います

    何かの本に書いてあったとこですが、朝起きたらまず10分くらいの散歩に出かけて、帰ってきたらシャワーを浴びて、朝食を適度に摂り、その日にしたい一番重要なこと緊急度の高いことをする
    これが一番効率が良いと思います
    朝の作業効率は夜の時間にするのに比べて何倍何十倍もの差が出ます

    ありがとうございました




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。