スノーボード試乗会 2019
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

スノーボード試乗会 2019

2019-03-13 17:45
    ども、Reddyです。

    初のブログはスノボの試乗会です。
    どこまで需要があるかはわかりませんが、ずっとやってきたことなので残しておこうと思います。
    スノーボードに興味がある人がいらっしゃればご覧くださいませ~

    さて、スノーボードを選ぶときってどういう風に選びます?
    大体はカタログの文句を読んで、「こんな板か~これがいいかな~?」ってな感じで選ぶと思います。
    他には好きなプロボーダーのシグネチャーモデルに乗るとか、あとは店頭でグラフィックのデザインで決めるかなw
    まぁそんな感じで結構想像だけで購入することが多いんですよね。
    これって実際に板に乗ってみると、想像とまったく違うことも多々あるんですよ。

    ここでReddyからの提案です。
    本気でスノーボードが楽しくなってきて、あらたに板を買おうとしているあなた!
    ぜひ試乗会に参加してみてください。
    店頭で見るだけや、カタログで読むだけ、ビデオで見るだけとは違って、きっちりと自分に合った板をチョイスすることができますよ!

    そんなわけで3/3に参加してきた試乗会のレポートにまいりま~す

    さて、早速一本目の紹介に・・・と、その前に
    こんなブーツを紹介されました。



    DEELUXEのRINというブーツです。
    これがなかなかクラシカルな構造のブーツでして、
    全体的に絞まるBOAがあんまり好きでないReddyとしてはなかなか理にかなったシステムを採用しております。
    BOAでは足首だけを絞める感じで、あとは手絞めの紐で対応という感じ。
    元々クイックレースのブーツを愛用しているReddyとしてはこれはうれしいアナログ感なのです。
    もうひとつの大きな特徴としては足首はBOAでがっちり固定されるのですがそれ以外は結構やわらかく、自由が利くこと。
    これも昔のブーツを思い出すルーズ感ですね~
    結果としてひざを思いっきり落とせたり、思いっきり横に体を傾けたりできるんですね。
    ダブルBOAなんかもありますけど、やっぱり手絞めでしかできない感覚ってのはあるみたいで、少し懐かしさも感じるこのブーツ、好評価でした!



    さて、ではボードの紹介に入ってまいりましょう!
    まず一本目



    GREEN.LAB RootsMountain157.5

    今回注目していた一枚。
    中山二郎のシグネチャーです。
    初めて乗ったブランドでしたが、非常にいい!
    テールのハンマーヘッド形状のおかげか、カービングがしっかり切りあがってくれる。
    ノーズはロッカー形状なのでパウダーでしっかり浮いてくれるでしょう。
    テールを硬く作っているそうで、それも一役買いそうなイメージ。
    オーリーもしっかり浮くし、これはいいボードですわ!
    さすが、いい板作るなぁ・・・
    かなりいい印象の一枚目となりました。



    さて、二枚目



    DEATH LABEL DeathMachine153

    かっるい!!!
    153って事もあるんでしょうけどね~w
    さっきのRootsMountainも結構軽い板でしたけど、この板の軽さは比べ物になりませんね。
    リフト上で足がらくです(^▽^)
    こうなると滑りのほうが少し不安になってくるんですけど、
    滑ってみるとカービングは結構切れます。
    全体的にやわらかめの板みたいなので、自由自在に操れる感じ。
    反発もかなりよく、軽さも手伝ってオーリーも浮けるイメージです。
    ただ、これだけやわらかくて短い板だと高速安定度はやはり落ちるなぁ・・・(;^ω^)
    これはしょうがないんだろうけどねw
    思っていたより好感触!
    いい板でした。



    はい、三枚目。



    RIDE SUPERPIG151

    これはReddyも今シーズン購入したWARPIGのキャンバーバージョン!
    それ以外にも色々強化されているらしく、今回乗ってみたかった板です。
    WARPIGの特徴はやはりそのワイドシェイプ。
    148でウエスト26cmオーバーはなかなかないでしょうw
    ノーズとテールは30cm超えてますからね~
    WARPIGはフラットロッカー形状だったと思うんですが、これを普通のキャンバーにしたのがこのSUPERPIG。
    キャンバー好きのReddyとしては期待でわくわくです。
    乗ってみるとめっちゃ安定してます!
    151の板でこれか!
    カービングもかなりいい感じで切れるし、オーリーも浮くし、これやいい板だわ!!
    ただ、トーションがすごく硬く感じました。
    トーションというと板のねじれみたいな意味なんだけど、ねじれやすいとターンのきっかけが作りやすく、楽に板を操作できるんです。
    この板はそれがとても労力を使う。
    全体的にやっぱフレックスが硬いのかな~?
    Reddyの筋力ではちょっと気を抜くと板に負けてしまいそうで、めっちゃ体力をつかいそうな板と感じました。
    151と148で違うのかもしれませんけどねw



    どんどん行きます、四枚目。



    NOVEMBER KJ 152

    一目見たとき「なんじゃこりゃ?」って思いました(^ ^;
    ぱっと見、長方形じゃんw
    この板は笠原啓二郎のシグネチャー。
    こんな奇抜な形をしているので、とんでもない変態ボードだとおもってわくわくしながら乗ってみました。
    乗ってみたらこれが真面目に作ったいいボードなんだなぁ・・・
    中山さんにしろ、ウムラウトのうえ君にしろ、あの年代の人たちがいいボード作ってるよねぇ!
    乗り味はというと、とりあえず新しいコアのおかげですかね、めっちゃ軽いです!
    まぁ152という短さも手伝ってるとは思いますけど。
    で、このボード、よく切れていい具合にオーリーも浮きますね~
    当然ツインチップなのでまわすのも問題ないと思います。
    ハンマーヘッド形状なのでエッジ有効長も高いく、よーくみると156ぐらいの板のノーズとテールをエッジ有効長からバツンとカットしたかのような形状になっています。
    ノーズやテールが短くなった分パウダーでの浮力なんかは減ってると思いますが、152の板とは思えないカービングの切れは出てきてるんですよ。
    ちょっと固めなのである程度安定してくれますが、やはり短い板なので若干ばたつくかなぁ・・・
    意外と理にかなったつくりをしてますよね~
    いい意味で期待を裏切る好感触な板でした!



    さて、だいぶ疲れてきました5枚目



    SALOMON ASSASSIN PRO 153

    今度は定番ボードを一枚。
    まだ乗ったこと無かったのでためしに乗ってみます。
    アサシンプロはいわゆる何でもできるボード。
    パウダーもキッカーもこなせるフリーライド系ボードです。
    乗ってみると、まず感じたのは意外に重い。
    実のところ重い板ではないんですが、前の二枚が軽すぎたw
    153としては平均的な重さのボードみたいです。
    で、滑ってみて感じたのは安定してる!
    これも前の二枚が多少バタつくのと対照的なのかも。
    カービングも切れるし、オーリーもまずまず。
    これでパウダーで浮いてくれるなら、とりあえず一本だけいる!ってときに間違いなくいいと思います。
    フレックスは乗った感じは普通ぐらいに思えるんですが、カタログスペック的には結構硬めみたいです。
    全然そんな感じしないんですが


    さすがにベストセラー、文句無くいい板でした。



    さぁ、だいぶ限界に近くなってきました・・・
    六枚目です。



    SALOMON HPS 155

    さて、まいりました大人気ボード。
    今期はフレックスが少し硬くなって、安定性が増しています。
    でも、それでもソフトフレックスですね~
    これはおそらく浮力を確保したいのかな?
    と思いはしますけど、まぁ作ってる人たちが間違いないですから問題ないでしょうw
    あいかわらず太目のウエストにもかかわらず操作性よく、動かしやすい板ですわw
    バックシートキャンバーという形状はまだよくわかってないところも多いんですが、後ろ重心にして後ろ足でコントロールする感じで調子いいです。
    独特ではあるけれど、乗りこなせればやはりこれも一本で何でもこなせる板となりますね。
    興味深い板ではあるよな~・・・
    もう一個これの限定モデルもあって、そっちはかっとび系ということを聞いています。
    それもめっちゃ気になるんですけどね。
    限定だけに今回の試乗会には来ていませんでした。
    残念。



    もう、正直疲れてまともな評価できてないかもw
    7本目です

    <写真はとり損ねました>

    NOVEMBER ART FREEDOM 156かな?

    まぁこの板も間違いの無い板。
    ここ数年評価の高い板ですね。
    フレックスは普通かな~
    切れるし跳ねるし、体験は出来てないけど浮くみたいです。
    なんでもこなせるフリーライド系の板ですね。
    ディレクショナルの板で控えめなフィッシュテールがいいポイントです。
    やっぱ安定していい板ですね~
    ただ新鮮さや面白みは少ないかも。



    はい、以上7本が試乗会で試せた板です。
    本当のところSALOMONのWHITE LIVEやNovemberのBACK CITYを履いてみたかったんだけど、人気でどちらもタイミングが合いませんでした。
    評価はかなりどっちも高かったですよ!

    あとはRIDEのブーツも評価が高かったので履いてみたかったかな~
    UNIONのバイン、ストラーダ?だったかな?これもはいてみたかったし、ず~っと試せてないSALOMONのALIBIも試してみたかったです。
    後は移植のところでGRAYのDESPERADOかな~
    が、自分の体力がとうてい続きませんでしたわ(^ ^;

    もうちょっと体力つけないとですねぇ・・・

    そんなわけで、いろんなタイプの板に乗ったのでこういうのは意味が無いのかもしれませんが、毎年やってるので一応ベスト3の発表です。



    まず第三位!

    SALOMON KJ152!!!
    DEATH LABELのDeathMachineとずいぶん悩みましたが、これにしました!
    ほぼ同点という感じでしたが、こっちのほうが見た目の変態さで見事三位獲得ですw


    続いて第二位!

    GREEN.LAB RootsMountain!!!
    これは一位にするか結構悩みました。
    やっぱりいいもの作ってますね~
    ただちょっと高いんだよなw


    そして最後に第一位!!!

    SALOMON ASSASSIN PRO!!!
    いや~面白みはないのかも知れません(^ ^;
    でもやっぱいい板はいい板ですよw
    しっかり切れて何でもできるいい板です。
    初めて一本買うならこいつやRootsMountainを買うんだろうな~w
    KJやDeathMachineは二本目に買うのがベストかも。

    てなわけで朝一からPM1:00まで。
    ぶっ通しの休憩無しで楽しませていただきました。
    いや~おもしろかったですけど疲れた~w

    普段ダラダラ滑ってるのでフルにがんばるときは体がこたえます(^ ^;

    だけど今年も楽しい試乗会でした!
    来期は板を購入するかどうかはわかりませんが、雪はもっと降りますように!!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。