大会も動画制作もやったことないけどMUGEN大会やりたい人のための動画講座【第5回】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大会も動画制作もやったことないけどMUGEN大会やりたい人のための動画講座【第5回】

2019-12-21 16:02
    第5回 ~編集編その③~



    その③ 戦績表を作る


     戦績表とはその大会に出場している全キャラのこれまでの試合結果をまとめたもので、基本的に各パートの最後に表示します。

     「1勝0敗」みたいなアレですね。

     大事なのは、誰がどれだけ勝って敗けたかが一目でわかるように作ることです。
     それさえ押さえていれば作り方は自由なので、投稿者の個性が出やすい部分とも言えますね。

     最もオーソドックスな作り方は、キャラの大ポトレと戦績を等間隔に配置する方式です。

     有名な大会では「集え!凶者ランセレバトル」や「金ラオウ前後狂中位級ランセレバトル」などはこの方式です。

     誰が最初に始めたのかはちょっとわかりませんが、昔から多くの大会で採用されているフォーマットです。特にアイデアが思い浮かばなければ先達に倣うのもいいでしょう。

     作り方は見たまんまなので特に言うことはありません。
     大ポトレ並べて戦績つけてシーンチェンジするだけ。

     しかし、無難なテンプレもいいけどもうちょっと個性的な戦績表を作りたい!という人もいると思います。
     なので、参考までに自分の過去の大会からどういうふうに戦績表を作ったのか紹介していきます。





    「第2回神速VS鬼弾幕」の戦績表



     上の画像では、大ポトレではなくこちらで用意したポトレを使っていますね。

     大ポトレを使うメリットは、誰が誰だかわかりやすいことです。ランセレ画面で一度は目にしているため、「このポトレはあのキャラだな」と見ただけでわかるからです。

     上の画像は大ポトレを使ってないので、ディスプレイネームを表示して誰が誰かわかるように工夫しています。

     各キャラのポトレは長方形の図形オブジェクトにクリッピングして収めています。そのためレイヤーの数はかなり嵩張りました。

     気づいた人がいるかわかりませんが、なるべくキャラのポトレがよく見えるようにネームの色を半透明にしています。
     しかしこれをやったばっかりに、レイヤー数がさらにえげつないことになりました。





    戦績表の編集画面


     戦績表を編集画面みた画像です。

     毎回下までスクロールするのが大変でした(小並

     ふつうはここまでレイヤー数は増えないです。ただ今回はネームの色を透過する処理にネームのオブジェクトを二つ作る必要があったため、レイヤー数が余計に膨らみました。


     また、1ページ当たりの表示時間はきっちり均等にしています。
     これはBGMに使用する曲を参考にするといいですね。BGMの尺(秒)÷総ページ数で計算すると、1ページ当たりの表示時間が割り出せます。

     第2回神速VS鬼弾幕の戦績表では、BGMの尺が91秒・総ページ数が16だったので、1ページ5.6875秒で表示すれば尺ぴったりで収めることができる計算です。

     実際にはBGMのタイミングとかで微調整して5秒にしていました。この辺は違和感がなくなる程度に調整するとよくなります。
     

     作った戦績表は個別にEXOファイルで保存しておくとよいでしょう。

     EXOファイルは拡張編集にD&Dで読み込ませることができるため、動画ごとに使いまわせるので便利です。

     全キャラの戦績はメモ帳などで別に管理しておくとミスが減らせるのでオススメです。
     対戦履歴の管理もしたいのであればエクセルを使うのもいいですね。


     テンプレとは違った戦績表を作る場合にも気を付けたいのは見やすく作ることです。
     それを踏まえたうえで個性的な戦績表を作れば、ほかの大会と差別化を図ることができていいですね。



     第5回は以上です。
     次回はEDの作り方を説明していく予定です。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。