君の名は。を二回ほど見てきた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

君の名は。を二回ほど見てきた

2016-10-23 23:09
    一応ネタバレ注意!!

    1回目は、先日のマチアソビ17にて。
    まあ、このときにムカつくオッサン(奇声を上げるタイプの変なオッサン)がいて
    かなり不愉快だったので・・・
    大阪にて再度見てきたわけだが。
    いくつか疑問点が残る。

    何故、市長は三葉の説得には従ったのか?
    普通に考えれば、異常な状態の娘(?)が避難指示を出すように言い出して聞き入れなかったのに、それが正常(?)に戻って説得をしたら、それに従うようには、ちょっと思えない。
    この辺りは、作中にいくつかヒントはあるように思う。
    一つが市長が
    「妄言は宮水の血筋か・・・」
    って呟いた事。
    これは、明らかに妻である宮水二葉が恐らくは高校生頃に他者との人格の入れ替わりがあり、それを市長が知っていたに他ならない。
    例の現象は、少女の時代に起こるとらしいから、どう考えても二葉と市長の結婚前だろう。
    しかも、妄言と解る事から直接的に関係してたのではなかろうか?
    もう一つが
    神職を捨て政治を志したこと
    普通に考えれば、神様では人(二葉)は守れない。
    だから政治を志した。
    さて、ここでもう一つ疑問が・・・神主と言う職業があり二児の子供がいる父親が、何もかも捨てて政治家を目指す?
    余程、何かに絶望したように見える。
    それほど二葉を愛していたと言うのもあるが(婿養子だし)、もっと別のものに絶望して見切りを付けたのではないだろうか?

    ココからは単なる妄想だけど。
    過去に人格の入れ替わりにより、妄言としか思えない事を話す二葉によって
    重大な事件が解決され、市長が救われたか何かして二葉に惚れる。
    んで、結婚して二児を設けるが二葉が病死。
    神通力か神の加護かは、知らないが二葉自身を救えない物なんか何の意味も無い!
    として、政治家を目指す。
    市長となり、彗星が見える夜にどう見ても異常な、別人としか思えない娘が避難指示を出すように詰め寄り「三葉でなければだめなのか」と言って出て行く。
    恐らくこの時点で、二葉が過去やった事を思い出して・・・
    宮水神社から一葉婆さんを呼ぶ(市長室に居たのはこのため)再度、妄言はどう言う現象なのかを聞く。
    この時に例の現象が高校生くらいの年齢のときに起きることを知る。
    其処に三葉が帰ってきて・・・再度避難指示を促す・・・
    二葉の姿を重ねて避難訓練を強引に行うことを決断すると同時に娘のためにも、人格の入れ替わり現象(?)については、秘密にする。
    と言うことかなぁ・・・と

    もう一つが
    なんで立花 瀧なの?岡部倫太郎じゃ駄目なの?
    突如、女子高生と化す中二病患者と中二病患者と化す女子高生・・・ヤバイ、その惨状を見てみたい。
    この件に関しては、多分・・・例の組み紐が絡んでると思う。
    言ってしまえばね・・・人格入れ替えって宮水家ゆかりの人物或いは直系の人物の間でしか起こらないんじゃないかと思う。
    つまり、受信側と送信側に同様の能力が無いと駄目なんじゃないか?と或いは目印になるようなものが必要だと。
    それが例の組紐であり、あれがアンテナになってるんじゃなかろうかと。
    あと三葉の場合は、子孫が居ないのでタキくんしか対象がいなかったと。

    んでそうなると・・・四葉の入れ替わり先(或いは元)は?二葉は誰と入れ替わっていた?
    なんか怪しいぞ?
    最後に出てきた四葉以外のツインテールの女の子誰?
    まさか・・・四葉と入れ替わった二葉だったりして?
    つまり妹がオカン!!
    三葉(姉)さんを下さいと女子高生に土下座するタキw


    と言うわけでこんなもん。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。