ディアペイシェント,最終回,動画,ドラマ,10話最終話終回見逃し配信(再放送) 9月18日無料視聴
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ディアペイシェント,最終回,動画,ドラマ,10話最終話終回見逃し配信(再放送) 9月18日無料視聴

2020-09-18 13:40
    ディアペイシェント,最終回,動画,ドラマ,10話最終話終回見逃し配信(再放送) 9月18日無料視聴


    ディアペイシェント 第最終回あらすじ




    病院に現れた座間(田中哲司)はロビーで暴れたのちに去る。追いかける千晶(貫地谷しほり)だが、そこへ暴走自動車が突っ込んでくる。その瞬間、座間は千晶を突き飛ばす。番組内容佐々井院長(石黒賢)のもとで改革が進む病院だがそこへまた座間(田中哲司)が現れた。なぜか座間はロビーで歌っている。そして「やっと終わる」と呟(つぶや)いて去っていこうとした。追いかける千晶。そこへ認知症の患者・浅沼知恵子(鷲尾真知子)が運転する車が暴走して突っ込んできた。その瞬間、座間は千晶を突き飛ばす。千晶は難を逃れるが、座間は意識不明となる。一方病院内部に座間を操っている者がいる疑いが出てくる

    ディアペイシェント キャスト

    貫地谷しほり,内田有紀,田中哲司,浅香航大,高梨臨,浜野謙太,永井大,笠松将,小川紗良,鷲尾真知子,竜雷太,石黒賢,朝加真由美,平田満,伊武雅刀



    ディアペイシェント, 最終回,動画最終回(再放送)見逃し配信9月18日みんなの感想




    陽子先生(内田有紀)が他界して、金田先生(浅香航大)は入院していてさらなる医師不足。もともとがキツイ労働条件だったのに、他の先生には医師不在の負担がかかる上、ブログに加えて週刊誌にまであることないことを書かれてしまって評判も落とされている佐々井記念病院は、今が最大の踏ん張り時。事務長(升毅)が辞めて病院もこれから大きく変わっていかなければならないという中で、まだまだ解決していない問題まで沢山あります。最終回でそれらがどういう形に落ち着くのかとても気になりますよね。


    ディアペイシェント, 最終回,動画最終回(再放送)見逃し配信9月18日あらすじ




    浅沼さんが事故を

    認知症疑いのある浅沼さん(鷲尾真知子)は、病院に居合わせた他の患者さんでさえ認知症だと分かるくらい。しかし同居している息子(夙川アトム)は自分の仕事にしか興味がなく、母のことなんて気にしていられないという風でしたよね。その浅沼さん車の運転で暴走してしまい、事故を引き起こしてしまう出来事が。認知症で車を運転というのは本当に恐ろしいですね。しかも座間さん(田中哲司)をひいてしまうというのも驚きです。息子も母が人身事故を起こしてしまったとなれば、医者にも言われていたのだから少しは耳を傾ければ良かったのだと後悔することになりますよね。どうしてもっと強く言わなかったのかと医師に文句を言ってくるようなことがあったら最悪ですが。何にしても母の病気と向きあわなければならない時がきたわけですね。これまでドラマの中で親の介護とその家族が描かれてきましたが、浅沼さん親子はどう変わるのか。

    座間さんの心の内

    浅沼さんの暴走運転により、意識不明の重体になってしまうという座間さん。そしてその事故の前には病院で「やっと終わる」と意味深な言葉を残していたそうですね。どういう事なのでしょう。何か千晶に嫌がらせの最終段階でも用意するつもりだったのでしょうか。それとも今度こそ心中しようとしたのか。しかし思わぬ事故。座間さんが目が覚ますと、千晶(貫地谷しほり)への執拗な攻撃を繰り返していた理由も明らかにされるみたいですね。恐怖の存在だった座間さんが、9話では抱える闇や辛さなども見えました。しかし一体何がそこまで彼を千晶に執着させたのか。このドラマの中で1番気になるのが座間さんの存在でした。千晶は度重なる座間さんからの嫌がらせに耐えてきましたが、それでも手をさしのべて助けようとする姿勢をみせました。患者と向き合うことはこのドラマのテーマでもありますが、いくら理由があっても許していいとはならない行き過ぎた犯罪行為もありました。座間さんの真意とは?そして千晶はそれをどう受け止めようとするのでしょう。

    内通者は誰なのか

    これまでの座間さんの行動は、病院の内部の人間が関わっているとしか考えられない事も多々ありました。病院の内部の者しか知らない事情を週刊誌にまで。名誉毀損、営業妨害ですよね。犯人は誰なのか、目的は一体何なのでしょう。怪しく見えるのはやはり沼田さん(浜野謙太)。千晶に座間さんのことをもう少し我慢させようとしたのは怪し過ぎますよね。そして9話でも座間さんと3人きりで何か話していました。本当にただ行き過ぎた行為を注意していたにしては、あんな表情になるでしょうか。他の病院から来て、そこから院内トラブルが次々に起こってもいますもんね。しかし彼が犯人だとしたらそのまま過ぎるかもしれませんね。実は意外な人物、というパターンもありますし。意外だとしたら蓮見さんだけど、それは辛い。まさかの牧村先生でも驚きますよね。最後には明らかになるはずですが、明らかになった後の発言や処分なども気になります。警察沙汰ですし。

    家族か仕事か

    事務長も去って、これから病院をどう変えていけるのかは大きな課題ですよね。どのみちあのままでは、事務長の経営方針には無理があり過ぎて病院はもたないのではないかと思えますが。しかし信頼を落とされて、回復も苦しいですよね。本当に患者と向き合おうとする医院長(石黒賢)、彼を始めとする医師達がしっかりいる病院なのに悔しいしやるせないですね。しかも病院も大変な時だけど、千晶は母の介護の心配も。山梨の親の病院を継いで、母を家で介護しようという考えも出てきました。陽子先生の医師を継ぐと決めたけど、家庭の事情があって悩むところですね。家族としても母のそばにいたいから、本当は帰ってきて欲しい気持ちもあるはず。しかし千晶が今の自分の患者さんと向き合うことを考えてくれそうな気もします。千晶はどんな選択をするのでしょう。


    ディアペイシェント, 最終回,動画最終回(再放送)見逃し配信9月18日ユーザーレビュー




    これまで、さまざまな患者の苦情に挑んでいた女性医師のドラマ、あまりにも理不尽なクレームに悩まれていたり、さまざまな医療の実態に迫っていくというものなのですが、今回お届けされるのは便秘に悩まれている女性ということで、常にイライラをしていてそのイライラを病院にぶつけていくというこまった患者に接していくということなのですが、単にモンスターペイシェントというだけでも厄介なのに、そのイライラをもっと解消するためなのか他者を巻き込んでのクレームの嵐というなかなか嫌な患者を描かれているようなので、このモンスターペイシェントに対してどのように挑まれるのか期待しています。単なる便秘だとあまり真剣に周りが取り合わないということもあったりしますが、本人はとても悩んでおられると思います。そのような不安な気持ちからいらいらしてしまい、他者にあたってしまったり、意地悪をしてしまいたくなるような心の叫びまでしっかりと描かれているようなので、頑張っても報われなかったり、誰にも心の叫びを伝えることができなくてモンスターになってしまっている人などが見て、自分を見つめなおすことができたりするといいなと思っています。今回はどのように解決されるのか必見です。---まず、注目したいのが千晶のストーカーと化している座間が別の患者真弓と結託するという内容に衝撃を憶えました。この時点で、千晶はこの病院を止めて実家の父の病院の跡を継いだほうが良いのではないかと勧めたくなります。どんどん、座間のストーカー行為のグレードが上がっているので、いつまで千晶は無傷で済むのか心配です。病院側が守ってくれればいいのですが、事務長が医師よりも患者優先主義なので千晶が患者から怪我を負わされても守ろうとしないし警察への通報を恐れています。この対応に、ここで働いてはいけないという野生の勘が働いてしまいます。幸いにも警備員の蓮見が医師を守ってくれようとする姿勢に救われます。ただ、夜中に座間がよく病院に忍び込んで千晶と接触しているので、この病院の警備体制に疑問を感じてしまいます。予告動画で竜雷太さん演じる西園寺に顔を鷲掴みされていたので、どんな展開になるのか気になります。竜雷太さんは第3話でも登場していたので、しっかりと伏線が張られていて早々に回収されそうな感じが、このドラマの良さだと思います。


    まとめ




    『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』の面白そうな点などについて書きます。この話は、患者ファーストの病院に勤める医師たちが、モンスターペアレント化している患者に対してどんな対応をするのかが見ものです。診療に対して不満を持った患者が医師を襲うという事件が起きています。そういった意味でも、このドラマはリアルだと思います。貫地谷しほりさん演じる医師にも次々とモンスターペアレント化した患者やその家族がアレコレ厄介事を持ち込むのを見ていると、こんな患者を相手にする医師は大変だろうなと感じました。ストーカー化した患者の行動は怖さを感じました。医療物のドラマがいくつかありますが、このディア・ペイシェントはストーリーに深みのある点で見応えがあります。登場するのはクレーマーとクレーマーに対峙する医師がメインなので気楽には見られませんが、貫地谷しほりさん演じる医師がどんな風な行動を見せてくれるのか、この先も楽しみです。そしてストーカー患者が最終的にどうなるかが気になります。ドラマを見ていてグイグイ迫ってくる感じ、なかなか怖かったです。こういう時、現実だとどうかは分かりませんが病院の中には医師を助けてくれる警備員など心強い存在が登場するようなので、その点は安心してみられます。明確に味方してくれる役割の人が出てくるドラマは視聴者として安心できます。配役も素晴らしいドラマだと感じましたが、話的にもバランスが取れていると思うので、全10話楽しみたいと思います。(無料視聴できます)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。