• 【ヒールを履くことに定評のあるKP】

    2020-03-24 19:53

    どうも、定評の多いKPです。

    ヒールって履いたことがないんですよね。
    いや、男だから履いたことがないのは当然なんですけれども。
    Twitterとかでヒールは非合理的だとかいう議論が度々上がっています。




    でもって気になったのがプリキュアのヒールなんですよね。
    よくプリキュアで突っ込まれるのが変身を敵が待ってくれているのかよと、ミラクルライト演出って結果変わらないじゃんと、戦闘中ヒールで足大丈夫なのかよです。

    まぁ、最初のは答えは自明です。敵側に変身中に攻撃するメリットがないんですよ。
    というのもプリキュアはいざとなれば変身バンクを省略することができます。
    映画なんかが顕著で、一回変身バンクを使って変身すると、二度目の変身はバンクを使わず光りに包まれて変身します。
    プリキュアも視聴者は変身バンクを二度もみたくないという大人の判断ができるんですね。
    きっとプリキュアは変身バンク中に敵が攻撃し始めたら変身バンクを省略した版の変身を使うのでしょう。

    二番目はまぁ、あれですよ。どこかで誰かがココロのミラクルライトを振っているんですよ。
    ていうわけでプリキュア最大の問題、プリキュアヒールで大丈夫なのかを考えましょう。
    最初の三作品、ふたりはプリキュアの作品群ではヒールを履いていません。
    せいぜいが底の厚いブーツと言ったところでしょうか。


    一体いつからヒールを履き始めたのでしょうか。
    四作品目のキュアドリームはこれ、ブーツなんでしょうかヒールなんでしょうか。
    う~ん……キュアルージュ~キュアアクアまでの画像を見るからにヒールっぽいですね。
    でもまだヒールがあんまり尖っていないです。
    フレッシュ以降は明確にヒールになって来ます。
    ヒールの先がめちゃくちゃに尖っています。
    フレッシュといえばダブルプリキュアキックとかトリプルプリキュアキックとかが印象的ですが、あんな尖ったヒールでキックされたら刺さりそうです、物理的に。


    そうですね。きっとプリキュアはこの効果を狙っているんでしょう。
    だから戦闘中がヒールでも大丈夫なわけです。
    大体、伝説の戦士なんだから脚の痛みくらい耐えているのでしょう。


    ちなみにプリキュアがヒールを履く傾向はプリンセスプリキュアあたりまで続きますね。
    全部を見たわけではありませんが、キュアミラクル、キュアマジカルのサファイアスタイル、キュアモフルン、キュアカスタード、キュアジェラートが靴底が尖っていない感じでしょうか。
    キュアエールはつま先から靴底までちゃんとつながっているタイプの靴のようですね。



    (この話を書くためにプリキュアの画像で検索して、脚を見まくっているんですが、今部屋に一人で本当に良かったと思っています。
    これ誰かに見られたら本当に変態じみているもん……)






  • 広告
  • 【エゴサをすることに定評のあるKP】

    2020-02-15 13:48

    どうも、定評の多いKPです。

    最近、エゴサを何度かしています。
    だいたい『閑話卓』とか動画名とか、動画のハッシュタグで検索をかけています。

    まぁ、こうしてみると色々とリアクショがあるものですね。
    その中の一つで気になったのが、閑話卓は古きよきニコニコの感じがあるとのことでした。
    これ、同じコメントがニコニコ動画のコメント欄にも流れていました。
    (何かコメント返し回でも取り上げたことのあるような気がする)



    でも、僕って古き良きニコニコ動画を知らないんですよね。
    僕がニコニコ動画を本格的に触り始めたのは2010年あたりです。
    その頃はVOCALOIDの動画をちょくちょく閲覧していました。
    ちょうど、ワールズエンド・ダンスホール、モザイクロール、マトリョシカの時代ですね。
    TRPG動画にハマったのは2013年あたりのことだと思います。
    まぁ、色々と動画を見ました。

    で、問題なんですが、古き良きニコニコ動画って一体どのあたりのことなんでしょうかね?
    一般に言われるジャンルのサイクルって

    ① 一部の面白い人が新しいことを始める
     ↓
    ② それに大勢の人が便乗する
     ↓
    ③ 最初に始めた人が立ち去る
     ↓
    ④ あとから来た人だけが残る
     ↓
    ⑤ ジャンルが衰退する

    ってものだと思います。多分、古き良きニコニコって①のあたりのことを指すと思うんですが、僕は②~④の人たちなんですよね。

    ていうのも、VOCALOIDが登場しだしたのって2007年のことだと思いますが、そのあたりのニコニコ動画の雰囲気って僕は全く知りません。
    また、TRPG動画が流行り始めたのは2011年頃からだと思うんですが、そのあたりのことも僕はほとんど知りません。


    確かに動画は残っているからどんなものが流行っていたかとかは閲覧することができるのですが、どうしてもその当時居なかったものですから、どういう受け止められ方をしていたのかとかがさっぱりわからないですよね。
    いうなれば、どれも一つのジャンルが確立したあとに入ってきているので、ジャンル成立の過程に関しては無知もいいところなんですよね。


    じゃあ、なんでうちが古き良きニコニコっぽいって言われるのかって考えたのですが、強いて言うのならば凝っていないってことですかね。
    ていうのも、②~④に来た人は①の人とネタが重複しないようにする必要があります。
    まぁ、当然今までいた人たちを全く同じことをしただけでは、何も面白くありません。




    すると、奇抜な何かが必要となってきます。
    TRPGでいうならば舞台設定であったりハウスルール、あるいは突飛なキャラクター設定が必要だと思います。
    でもそういう動画って、見るの疲れるんですよね。
    作業用BGMにするにはちょっと向いていません。肩の力を抜きながら見ることが難しいんですよね。

    その点、うちのシナリオは馬鹿でも簡単にわかるようにできています。
    まずKPのシナリオを書く力の都合上、10人とか20人とかNPCを出して推理するってこともしません。
    あと僕が脚本を書いてやらない夫の中の人が動画化するってスタイルも割と大きいのではないのでしょうか。僕が脚本を書いた段階で脚本だけである程度状況が分かるように仕上げているので、動画の内容が簡単になりやすいんですね。


    て、いうわけでわかりすくて古き良きニコニコの雰囲気があるらしい(個人の感想です)、うちの動画をよろしくお願いします。
    (https://www.nicovideo.jp/watch/sm27439523)


  • 「凛としてクトゥルフ神話TRPG」の一時凍結

    2020-01-05 14:28
    どうも、やらない夫の中の人です。

    表題の通り、「凛としてクトゥルフ神話TRPG」は一時凍結となります。
    このブロマガが投稿されている時点で関連する動画及びマイリストは全て非公開処理がされています。


    理由としては主に以下の通りです。

    ・立ち絵等を担当するメンバーが仕事などで忙しいため動画に使う素材が揃わない
    ・編集担当(自分)も仕事があるため十分な時間がなく、PCの老朽化によって処理能力も下がっている。それに加えて閑話卓の方も続編があるため、両方に時間を割くことが難しい。

    →ということで人気の高い閑話卓の方を優先する



    あと、当時の試行錯誤をしている段階の動画が多かったため批判コメが多く、特にその多くが「OP長い」と「OP要らない」というものであったということもあります。
    特に(既に非表示処理をしてあるものですが)最初の方の動画に

    「おいおい毎回OPあんのかよ、再生やーめた」

    というコメを付けられたことがありまして、えぇ。
    感想書くのは勝手だがそういう棘のあるコメを書いて受け手がどう感じるかとか考えてないのだろうか?

    とまぁ理由や動機が正しいか否かというのは別にして、自分が創ってみたかったものにそういうのが寄せられることでモチベが下がったわけです。
    「だったら手を抜いて作れる閑話卓でいいじゃん」となった。
    適当にやってもそれが伝統と受け取られるからこっちも楽だし。
    試行錯誤するだけ骨折り損であると。
    (別に批判コメしか投稿されていなかったというわけじゃないのですが、やはり悪いものが良いものより目立つし記憶に残るんですよ)



    そんなこんなで、しばらく投稿されるのは閑話卓だけです。
    視聴者の皆さんは閑話卓の方をよろしくお願いします。