【エゴサをすることに定評のあるKP】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【エゴサをすることに定評のあるKP】

2020-02-15 13:48

    どうも、定評の多いKPです。

    最近、エゴサを何度かしています。
    だいたい『閑話卓』とか動画名とか、動画のハッシュタグで検索をかけています。

    まぁ、こうしてみると色々とリアクショがあるものですね。
    その中の一つで気になったのが、閑話卓は古きよきニコニコの感じがあるとのことでした。
    これ、同じコメントがニコニコ動画のコメント欄にも流れていました。
    (何かコメント返し回でも取り上げたことのあるような気がする)



    でも、僕って古き良きニコニコ動画を知らないんですよね。
    僕がニコニコ動画を本格的に触り始めたのは2010年あたりです。
    その頃はVOCALOIDの動画をちょくちょく閲覧していました。
    ちょうど、ワールズエンド・ダンスホール、モザイクロール、マトリョシカの時代ですね。
    TRPG動画にハマったのは2013年あたりのことだと思います。
    まぁ、色々と動画を見ました。

    で、問題なんですが、古き良きニコニコ動画って一体どのあたりのことなんでしょうかね?
    一般に言われるジャンルのサイクルって

    ① 一部の面白い人が新しいことを始める
     ↓
    ② それに大勢の人が便乗する
     ↓
    ③ 最初に始めた人が立ち去る
     ↓
    ④ あとから来た人だけが残る
     ↓
    ⑤ ジャンルが衰退する

    ってものだと思います。多分、古き良きニコニコって①のあたりのことを指すと思うんですが、僕は②~④の人たちなんですよね。

    ていうのも、VOCALOIDが登場しだしたのって2007年のことだと思いますが、そのあたりのニコニコ動画の雰囲気って僕は全く知りません。
    また、TRPG動画が流行り始めたのは2011年頃からだと思うんですが、そのあたりのことも僕はほとんど知りません。


    確かに動画は残っているからどんなものが流行っていたかとかは閲覧することができるのですが、どうしてもその当時居なかったものですから、どういう受け止められ方をしていたのかとかがさっぱりわからないですよね。
    いうなれば、どれも一つのジャンルが確立したあとに入ってきているので、ジャンル成立の過程に関しては無知もいいところなんですよね。


    じゃあ、なんでうちが古き良きニコニコっぽいって言われるのかって考えたのですが、強いて言うのならば凝っていないってことですかね。
    ていうのも、②~④に来た人は①の人とネタが重複しないようにする必要があります。
    まぁ、当然今までいた人たちを全く同じことをしただけでは、何も面白くありません。




    すると、奇抜な何かが必要となってきます。
    TRPGでいうならば舞台設定であったりハウスルール、あるいは突飛なキャラクター設定が必要だと思います。
    でもそういう動画って、見るの疲れるんですよね。
    作業用BGMにするにはちょっと向いていません。肩の力を抜きながら見ることが難しいんですよね。

    その点、うちのシナリオは馬鹿でも簡単にわかるようにできています。
    まずKPのシナリオを書く力の都合上、10人とか20人とかNPCを出して推理するってこともしません。
    あと僕が脚本を書いてやらない夫の中の人が動画化するってスタイルも割と大きいのではないのでしょうか。僕が脚本を書いた段階で脚本だけである程度状況が分かるように仕上げているので、動画の内容が簡単になりやすいんですね。


    て、いうわけでわかりすくて古き良きニコニコの雰囲気があるらしい(個人の感想です)、うちの動画をよろしくお願いします。
    (https://www.nicovideo.jp/watch/sm27439523)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。