S9【最高2118】クチート+使用率TOP3採用欲張りスタン
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

S9【最高2118】クチート+使用率TOP3採用欲張りスタン

2018-05-14 12:00
    初めましての方は初めましてレノバスと申している者です
    今回、初めて構築記事を書くことになりましたのでミスとかあったらごめんなさい



    という訳で個別解説の前に簡単に構築経緯から紹介

    まず僕はクチートが好きなので5体を決めます(確定事項)
    レヒレ(水Z)も好きなのであと4体だけで完成です
    ここから真面目に書きますがこの2体だと上から電気でしばかれるだけで負けるので逆に上からしばくコマが欲しいと思いランドロス(スカーフ)を採用

    これでレヒレランドクチートという基本選出が完成
    しかしこのままだとランドロスで見るのが危険な電気タイプ、水ロトムや火ロトム入りの構築と当たってしまった場合苦しい立ち回りを要するのでそこを補うために
    霊獣ボルトロス(チョッキ)を採用した

    あとは空いた2枠に対面性能が高く一貫を作りやすいゲッコウガ(襷)と
    困ったらとりあえず入れとけ枠のミミッキュ(バンジ)を採用
    このミミッキュに関しては個別の時に詳しく解説します

    本当はラティアス入れてラティクチにしたかったし
    なんだったら2030ぐらいまでは入れ続けてたけどゲッコウガの方が強すぎたすまん






    クチート@メガストーン(選出率1位)当たり前だよなぁ?
    意地っ張り
    実数値 H153-A171-B146-X-D116-S75
    努力値 H220-A244-B4-D4-S36
    じゃれ、炎の牙、叩き落とす、不意打ち

    耐久は臆病アーゴヨンの大文字を丁度確定で耐え
    Sのラインは(麻痺した)準速ミミッキュを抜ける値

    お前がいなかったら2100達成できていないだろうし
    本当に頑張ってくれた ありがとう

    クチートは圧倒的な火力と引き換えに鋼タイプの癖にDがペラペラでしかもSが低いので
    丁寧な扱いを要求される上級者向けポケモンだと思う
    環境面では役割対象のミミッキュが2位に降格、障害となりやすいランドロスが1位に昇格
    更に水Zゲッコウガの増加とお世辞にも活躍しやすい環境とは言えないが
    その裏にぶん投げて受けきれない火力で崩壊させるスタイルは変わらないので
    いつも頑張ってくれた えらい だからってじゃれ外すなしばくぞ


    最近だとレヒレやゲッコウガの水Z耐えHADクチートもいるらしいが
    個人的に有利対面を築き、圧倒的な火力で裏ごと粉砕するという
    クチートならではの戦闘スタイルが大好きなのでAはほぼぶっぱにしている

    技に関してはテンプレ過ぎて語ること少ないが
    ゲンガー(重い)、ギルガルド(めちゃ重い)、ヒードラン(雑魚)だけでなく
    輝石や半分回復木の実を叩いて相手を絶望に落とすための叩き採用

    霊獣ボルトが出せない並び(ミミロップ+ランターン)のカグヤに刺せる打点や
    申し訳程度のナットレイ(雑魚)やハッサム(ちょい重い)対策
    また、クチートミラーでどちらが最強のクチート使いか証明させるための炎牙採用





    霊獣ランドロス@スカーフ(選出率2位)
    意地っ張り
    実数値 H165-A216-B110-X-D100-S143
    努力値 H4-A252-S252
    地震、ストーンエッジ、叩き落とす、蜻蛉返り

    極々普通過ぎて大して語る要素もないが
    採用技でかなり悩んだ個体だと言える

    岩技は岩封、岩雪崩、エッジの3種類が基本であり
    スカーフランドの場合はぶっちゃけどれを採用しても強いのだが
    中でもエッジを採用したのは霊獣ボルトロス(どちゃくそ重い)という存在に怯えて採用した

    岩封や岩雪崩では霊獣ボルトロスに対する打点が不足しており
    僕のPTにはゲッコウガがいるためスカーフ霊獣ボルトロスの選出を誘うので
    読めば一撃、当てればイージーウィンといった展開を作るために必須だった

    叩き落とすは単純にアイテムを落としつつ殴れる命中安定広範囲技なのだが
    大体はポリ2やランドミラーに打つ(ぶっちゃけ馬鹿力でもいい)
    後は蜻蛉やボルチェンのように殴りつつおいしい展開を1度で2度味わえる技が個人的に凄く好みだから採用しているのではないかと推測される






    ミミッキュ@バンジの実(選出率3位)
    †穏やか†
    実数値H131-A85-B121-X-D149-S148
    努力値H4-B164-D84-S252
    電磁波、呪い、身代わり、痛み分け
    A個体値0、努力値504振り

    多分一部の方には意味不明に見えると思うので簡易解説
    ミミッキュを見て誘う物理受けポケモン(カバルドン、ナットレイ等)を
    呪いによる固定ダメージで削り身代わり連打でじわじわと痛めつける型であり
    シャドクロ採用なら霊Z、じゃれ採用ならミミZを所持しているミミッキュのことを
    通称メンヘラミミッキュと呼ばれているのだが
    その中でも攻撃技を切って電磁波を採用、更に持ち物に半分回復木の実を持たせているので
    上記よりも非常に性格の悪い立ち回りが可能な事もあり
    ヤンデレミミッキュと僕が勝手に呼んでいる

    何故攻撃技を切ったのか?
    霊Zであれば本来不利なメガメタグロスに対抗できる策として変換する事が可能であり
    ミミZはコケコやゲッコウガといった低耐久を処理する事が可能という利点がある

    しかしそれは仮想敵にヒットした場合の話であり
    霊Zで使っていた時期もあったが30%で役割遂行ができない(要約グロス56すぞ)
    ミミZはそもそも打ちたい相手に打てず裏に引かれるという場面が多く有用性が乏しいと判断
    それなら攻撃技切って電磁波採用して木の実持たせた方が強いよね となった

    電磁波の採用意図だが
    このミミッキュは自分より遅い相手をハメる事が重要なので
    電磁波で強引にSを下げて身代わり連打(バンジ込み6回)で誤魔化せるという
    こっすいプレイングを作る事ができる ぶっちゃけめっちゃ運勝ちさせてもらったよね

    また上記記載のクチートが麻痺した準速ミミッキュまで抜けるので
    よく誘うヒードラン、テッカグヤ、エアームド、ポリゴン2といった相手を抜いて
    上から叩きで縛れる安心感も凄かった
    後述で記載するが単純にレヒレの瞑想起点作成に使えたりと用途がとにかく多く
    隙あらば電磁波に頼って†強者の翼†を根元から引きちぎるプレイングも大事だと感じました

    Sは準速テテフ(襷)抜き、ミラー意識
    DはC252ゲッコウガの冷凍ビーム確定3発(バンジ込み4発、皮込み5発)
    Bは余り

    身代わり(HP32)
    C4振りオニゴーリのフリドラ93.7%耐え←こいつだけのためにヤンデレ型を作った説もある
    C4振りトレースポリゴン2の放電を確定耐え
              同じく冷ビを43.7%耐え
    C4振りモロバレルのギガドレを18.7%耐え
    タイプ不一致のイカサマを確定耐え
    C252振りゲッコウガの水手裏剣(9~12ダメージ)を
    2発を確定耐え、3発が乱数耐え、4発で確定割れとなっている
    ダメ計ツール上は身代わりが急所率込み60.42%で耐えるらしい

    これらのダメ計結果から分かるだろうが
    攻撃技を採用していないためAの努力値を全て耐久に回せる
    というのが肝であり呪いを打ってHPが半分減ったターンに落とされることなく
    バンジを食べてハメ展開しやすいというのも耐久に回す利点かなと感じた

    余談かもしれないが持ち物はバンジ推奨
    穏やかであるならばウイの実1択なのでは?となっている賢い方がいると思うが
    HPが1/4以下になって木の実を食べた瞬間に
    あ、こいつウイの実食ったってことはシャドクロとかじゃれつく持ってなくね?
    と賢い相手に情報を与えてしまうため性格を誤魔化し電磁波採用を隠すためのバンジである



    ゲッコウガ@襷(選出率4位)
    せっかち 変幻自在
    実数値 H147-A116-B78-C155-D91-S191
    努力値 A4-C252-S252
    冷凍ビーム、悪の波動、ダストシュート、水手裏剣

    めっちゃ普通の語る事無さすぎる型になっている
    それだけ襷ゲッコウガはどの環境でも無難に強いってことだけどこいつマジで書くことねぇよ

    冷ビ採用、言わせんなよ恥ずかしい
    悪波採用、ゲンガーやグロスを手裏剣で縛るのに必須だから(あとS191による犯罪もできる)
    手裏剣採用、何かと汎用性が高い ミミッキュの皮を剥がしつつダメージを与えれるので
          上記ランドのスカーフ地震で一貫作って勝利といった場面もしばしば
    ダスト採用、フェアリーへの打点も重要なのだがミラーで最も刺しやすい技なので
          採用に至った ミラーは草結びで殴られることが多く、
          ダストは上から打てば草結び半減、下から打てば確実に襷ラインまで削れるので
          外しに臆する事無く真顔で打っていた あと追加効果の毒はめちゃくちゃ強い




    カプ・レヒレ@水Z(選出率5位)
    控えめ
    実数値 H163-X-B136-C157-D151-S123
    努力値 H140-B4-C220-D4-S140
    ハイドロポンプ、ムーンフォース、凍える風、瞑想

    Cは水ZでH4振りミミッキュ確定1発
    Sは準速ガッサ抜き

    相変わらず水+妖の攻撃範囲と耐性は優秀で無難に強かった 語る事無さすぎ
    前期はかなり活躍していたが今期は性格だけでなく出番も控えめになっている
    それだけ新入りのゲッコウガとミミッキュが強くて出すか迷う機会が増えて
    完成された並びになっている と言えば喜ばしい限りなのだが

    今期は挑発を切ってこご風採用となっているが理由が2つあり
    1つ目は準速ガッサが環境に大量繁殖しており こいつを抜けるのがとにかく重要だと感じた
        そのためSに努力値を多く割くのでついでにこご風を活かせるという点で採用
    2つ目は呪いミミッキュが新たに加入したので挑発採用に固執する理由がなくなった
        害悪戦術に対しての誤魔化し策が既にあるのでこご風の方が欲しいと判断



    霊獣ボルトロス@チョッキ(選出率6位)
    控えめ
    実数値 H159-X-B91-C200-D128-S136
    努力値 H36-B4-C132-D220-S116
    ボルトチェンジ、目覚めるパワー(氷)、ヘドロ爆弾、気合玉

    H16-1
    C ええ感じに火力ある
    D ええ感じに耐えてくれる
    S 最速メガバンギ抜いて上から気合ボール(当たるとは言ってない)

    ランドロスが出せないと感じた時に出すコマなので選出は控えめだが
    選出率が低いだけでこいつが不要だと感じた事は少ない
    むしろこいつを出すべきだと感じた試合は勝率が高く
    この並びで苦手なゲンガーカグヤレヒレヒトムのような中速サイクルキラーとして活躍した

    電気無効の特殊受けでもあるがチョッキ採用のため
    努力値をCに割く余裕があり高範囲の技を高火力で殴れるのは型は違えど流石だと感じた

    調整はグーグル先生に「ボルトロス チョッキ」と聞いて一番上に出たのを
    ほんの少しアレンジしただけなので詳しい中身はそちらをチェックだ!(媚び)
    簡単に書くと
    C252コケコのめざ氷は36~44ダメージ(乱数4発)
           眼鏡は52~63ダメージ(ほぼ確定3発)
    補正ありC252水ロトムのドロポンは57~67ダメージ(確定3発)
          火ロトムのオバヒは67~79ダメージ
               めざ氷は42~50ダメージ
    大体の電気には殴り合いで勝つことができゲンガーやゲッコウガの攻撃もしっかり耐えて
    ボルチェンで安全に引くプレイングも可能で使いどころを見極める事が特に大切だと感じた



    くぅ~疲れました!w
    これにて解説終了です!w
    完走した感想ですがこういう堅苦しいの書くの難しいですね
    こんな記事でも一部の人に1ミリでも記憶に残ってくれたらうれしいです

    次のシーズンも2100越えるために頑張るゾイ!

    ↓何か質問等ありましたらこちらにツイッターで連絡頂けると喜びます
    @renobasu_poke

    ではでは~
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。